続・続・流木で 


b0238306_19265569.jpg今年もやってきました
ぞろ目の日。

おだいどこ・らぼ
を始めて丸6年。

毎年お菓子で11を
作ってきましたが・・・



b0238306_19271252.jpg

海へ行くことがあると、
何かを作りたいと思って
ついつい探してしまう流木。




b0238306_19273099.jpg
リビングのエアプランツ。

実はフェイクですが、
流木のお蔭でそれなりに(^艸^)


b0238306_1930923.jpg組み合わせて飾り棚。

結構以前に作ったもの。



b0238306_19283677.jpg
作ってはみたものの、
このジャンキーなものを
壁に釘で打ち付けるのも・・・

で、落ち着いたのがこの場所。
差し込むだけで、がっちり安定。




b0238306_19303881.jpgいっぱい趣味があって、
作りたいものも
いっぱいあって・・・

でも現実は、毎日出勤し、
仕事柄帰宅後も自宅でも仕事の
職業婦人(ーー;)

何かを作りたい間は
細々とでも続けようと思う
「おだいどこ・らぼ」


今後も細々とよろしくお願いします。  with LOVE







おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2017-11-11 20:13 | 雑貨 | Comments(0)

モデラーズフェスティバル

b0238306_4192956.jpg昨日の大阪南港の夕日。

昼間はぽかぽかでしたが、
夕方から風が強くなり、
冬の始まりを感じました。



サンフラワー号に乗ったのは・・・
かれこれ40年近く前になるのかな??

ここから出てるとは知りませんでした。


b0238306_4195352.jpg初めて行った家族旅行が和歌山の海で、
その時見た海に沈む夕日が今も脳裏に。

以来ずっと、海に沈む夕日が大好きです。



夕日を見に行ったわけではなく、
昨年に続き、南港ATCで開催されている
ドールハウス&ミニチュア展示会in
モデラーズフェスティバルのため。


b0238306_4544889.jpg

この一年で新たな作品を
完成させていませんので、
昨年仕上げた子供部屋を出しました。

展示は本日5日4時までですが、
私のスケジュールのため、私の作品は
昨日の朝に搬入して夕方に撤収。

素晴らしい作家さんたちの作品が
多数並んでいますので、
ご興味のある方は是非足をお運びください!









おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2017-11-05 05:04 | 徒然 | Comments(0)

くりっ栗

b0238306_2025653.jpg今年も友人のお庭で採れた栗が届きました。

とにかく大きい!

去年は虫食い、傷みが多くて、
全てペーストになってしまいましたが、
今年は渋皮煮が作れました。

b0238306_2033182.jpgb0238306_2034546.jpg

それでも渋皮煮にできないものもあったので、ペーストにして
ラム酒の効いた洋風栗きんとんに。

中身も栗で上げ底なしです(ーvー)v

先日金沢でゲットした金箔を早速使用。

b0238306_204034.jpgb0238306_2041995.jpg

冷凍庫の卵白消費のためにダコワーズを焼き、
マロンクリームをはさんで一口おやつ。

さらに栗を買ってまで作る時間はないので、
今年の栗仕事はこれにて終了、かな?








おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2017-10-09 20:20 | お菓子 | Comments(2)

秋の旅2017

従姉との秋の旅行は北の大地へ~!!
のはずだったのが、台風直撃。

洪水警報が出ていても日焼けして帰ってくる晴れ女のアタクシが
人生初の旅行全行程キャンセル。

出発予定日だった日は、空港へ旅行社へと奔走し、一日が終わりました。

せっかくのバケーションを家でボ~っと過ごすわけにいかないので、
翌日から金沢へ~!!

b0238306_2543220.jpg

30数年前は確か特急「雷鳥」に乗って行ったけど、
時代は変わって、今は「サンダーバード」。

北陸新幹線の開通と同時に、サンダーバードも30分に1本に増え、
しかも朝夕は私の地元駅にも止まるように。

ホテルに荷物を預けて、まずは近江町市場で腹ごしらえ。

b0238306_254479.jpg

b0238306_255343.jpg


ぶらぶら歩いて東茶屋街へ。

b0238306_2553411.jpg

b0238306_2555525.jpg

道を渡って主計茶屋街へ。

b0238306_256922.jpg


兼六園

b0238306_2562525.jpg

一日はレンタカーを借りて和倉温泉へ。
途中で偶然見つけた昭和博物館でタイムトリップ。

b0238306_2564254.jpg
b0238306_257272.jpg

2泊3日で帰ってきた翌日は、
従姉のリクエストで、見返り阿弥陀仏を見に永観堂へ。

b0238306_2572161.jpg

紅葉のお寺なので、観光へ行くならこれからがおすすめ。

雨の降る哲学の道をぶらぶら歩いて銀閣寺へ。

b0238306_2574062.jpg

北海道でグルメ三昧(?)の予定が、
思わぬ古都めぐりとなった1週間でした。









おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2017-10-04 03:34 | おでかけ・イベント | Comments(0)

夏の終わりのロゼ色ピーチ

先日、同世代の同僚たちとランチをしながら・・・
コンタクトが合わなくて、遠近両用メガネにしたとか、
遠近両用コンタクトをお試し中だとか、
話題は「老眼」。

その数日後、退職した方を含めて勤務歴の長い人たちとの夕食時、
出てきた話題は「白内障手術」でした。

同じ「目」でも世代が違えば話題も違う。
と思ったと同時に、老化って、まだまだ先があるのね~
と改めて思ったのでした。


さて、もう今シーズン最後と思って買った桃。
皮も赤くて大きくて、とてもおいしそうなものを選びました。

b0238306_2532996.jpgが、
なんだかゴリゴリで、甘みもありません。

速攻でコンポートに。

皮の赤色を移すためと、
皮の湯剥きも兼ねて
皮ごと火を通したのですが、
それでも剥けないほどゴリゴリでした。


b0238306_2535437.jpg色と味は狙い通りになったようなので、
ロゼ色のアントルメに。


b0238306_2541450.jpg久しぶりに自宅教室をしたので、
お土産に持って帰っていただきました。


夏は終わったけれど、
小さい方の2瓶がまだあるので、
もう一度夏の味覚が楽しめそうです。








おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2017-10-02 03:45 | お菓子 | Comments(0)

表札~秋~

すっかりご無沙汰しておりました。
「生きてるのか?」的なメッセージを頂いたりしましたが、
それなりに生きておりました。

昨日、年賀状のやり取りだけでご無沙汰している
大学時代の同期から電話がありました。

ホント突然だったので、誰かの訃報じゃないかとビビりましが
大学のホームカミングにいっしょに行きましょうという誘いでした。

その数時間後、年賀状のやり取りだけでご無沙汰している
大学時代の後輩から電話がありました。

ホント突然だったので、今度こそ誰かの訃報じゃないかとビビりましたが、
ドイツにいる後輩が帰って来るので集まりましょうという誘いでした。

それにしてもこんな偶然ってあるんですね。

しかも、この二人は学生時代付き合っていた二人。
しかも、この二人は(別の人と結婚したけど)現在同じ姓。

いやはやいやはや、神様のなさることは面白い(^艸^)

b0238306_332552.jpgさて、
季節はすっかり秋??

でもなさそうだけど、
色々秋仕様にしなくては。

というわけで、
表札も秋バージョン。

秋バージョンの表札は
まだ作っておらず・・・

b0238306_3322416.jpgフレームは秋に使えるよう
以前に作ってあったもの。

取り敢えず10月31日までは
かぼちゃを仮止めして、
なんとなく秋バージョン。

来年の秋までには
ちゃんと作らなきゃ。








おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2017-09-26 03:50 | 手作り雑貨 | Comments(0)

結婚の祝いに

アマチュアスポーツマンでもないし、ましてやアスリートでもないのに、
最近スポーツクラブのパーソナルレッスンを受けてます。

長引く股関節・腰の異常は、何か所かで治療を試みてみましたが、
いつも「そうじゃないんだけどな~」という残念な気持ちが残りました。

パーソナルレッスンでは、どうしてこうなってるのか、話の一つ一つが納得できるし、
今後繰り返しても「自分で治せる」方法を時間をかけて教わることにしました。

いや、時間はかけたくないというのが本音です。
費用が結構掛かるので(ーー;)


b0238306_16434556.jpgさて、
今日もポーセラーツです。

以前仕事でご一緒したことがある方が
去年秋に結婚。

というのを今年春になって知りました。

ささやかなお祝いの品を渡そうと思い、
作ってみました。

台湾の鶯歌で見つけた
これ(→☆)と同じ蓮華置きに
和風な柄を付けてみました。


b0238306_1644973.jpg焼成してもらったり、
私がもたもたしていたりで、
やっと最近になって送れました。

b0238306_1645323.jpg同じシリーズの和風転写紙で。

ぐい呑み&小皿をセットにして、
デザートカップにできるように。


b0238306_16452099.jpgこれ(→☆)の仲間入り。

同じデザインで6個10個作ると飽きるので、
2つずつ作って楽しんでいます。

大人数の来客のとき、食器は統一できません。

ならばいっそのこと、バラバラのほうが楽しい、
という考えのもとに。

先日の来客では使えるメニューがなかったので、
未だ出番なしですが。










おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2017-08-27 17:24 | 手作り雑貨 | Comments(0)

19年目のガラクタ

蜩(ヒグラシ)の鳴き声が好きです。

自然の多いところでしか聞こえないその声を
幼いころは、鳥の鳴き声だと思っていました。

「日暮」とも書くことがあるので、夕方になくセミかと思いきや
早朝の日が登る前にも鳴くんですね。

今年は近所にクマゼミの声はほとんどなく、
逆に蜩の声が毎日聞こえて、少々驚いています。


b0238306_1446441.jpgさて、

お盆も過ぎて、
蜩もそろそろ終わりかな?
・・・ていう今ごろになってやっと、

夏恒例、ガラクタのご挨拶です。

わて、毛糸巻きですねん。
実を言うと、ちょうど60年前の水害で
流されてきてきましてん。
もう時効やんな、な?
今年もあちこちで水害が起きてますけど、
同じ被災者として
心よりお見舞い申し上げます。
台風の季節もこれから。
皆さんもくれぐれもご用心を。

ガラクタのつぶやき シリーズ其の十九


b0238306_14462551.jpg今年は「毛糸巻き」です。

子どもの頃、お母さんに
「ちょっと手貸して」と言われた
経験のある方も多いはず。

その「手」の役割をする物です。

母がよく編み物をしていたので、
いつも目に付くところにありました。

祖母が使っていた物だ思っていたら、
1957年の諫早豪雨の時に
母が拾った物だそうです。

編み物をするのは祖母でなく
祖父のほうでした。

今でいう編み物男子?!



諫早豪雨は一日の降水量が1109.2mm、最大1時間降水量144mm
死者856名,行方不明136名で、記録に残る日本最悪の水害だそうです。









おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2017-08-19 15:18 | 徒然 | Comments(0)

夏恒例の石鹸

「やらなきゃ」という脳の命令と体の動きが
年々、かみ合わなくなっているのがわかります。

「やりたい」という脳の命令でさえも・・・です。

b0238306_1593230.jpg夏恒例、
竹炭とメンソールの石鹸」です。

暑くなる前にと思いながら、ずるずる。
結局、解禁は8月に入ってから。

夏はやっぱりこの冷たさがいいわ!

でも、暑い間に使い切れないかな。

寒くなってからは使えないし、
一年経つとメントールは揮発するし。

もっと早く作らなきゃね。


中に入れた丸い石鹸、
何だったっけ。

b0238306_15101852.jpg一緒に作った「豆乳蜂蜜石鹸

少しずつ残った油を全部使い切りって
すっきり。

メントール石鹸で顔は洗えないので、
洗顔はこれでしっとり。

中に入れた星形石鹸、
何だったっけ??



使用した材料はMoreへ










おだいどこ☆らぼ

More
[PR]
# by odaidoco-labo | 2017-08-17 15:34 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(2)

ぐんぐん醗酵中

流し台の三角コーナーは邪魔だし清潔じゃないので使いません。
調理中に出る野菜くずなどは、不要紙で折った箱を使っています。

大量に出るときはフードプロセッサーに次々突っ込み
微塵にして、玄関先の土のある場所にまんべんなくばらまきます。

でも、夏の間は玄関先にはにはいろいろ生えていて、
ばらまいても土まで到達しません。

夏は特に、生ごみが家の中にあるのが気になるので、
ベランダの空いているプランターのカラカラに乾いた土に混ぜています。

微塵にしてあるので、乾いた土に入れて混ぜると、
あっという間に見えなくなります。

先日、賞味期限切れのオートミールを混ぜ込みました。
ヒヨドリがつつきに来なければいいけど、と思っていたら、
数日後には麦粒の形が全く見えない状態になっていて、びっくり。

そのころから土が熱を持ち始めたのに気が付きました。
オートミールが米ぬかの様な働きをして、醗酵が始まった様子。

同時に、そのころから土の中にコガネムシの成虫と幼虫が・・・
調べてみると、有機物の多い土が狙われやすいと。

小石も多い土だったので、芋虫退治もかねて
ふるいながら大きなビニール袋に移してみると、
醗酵の熱で蒸し殺された幼虫が5匹も(◎◎!)

ビニール袋に入れた土を翌日確めてみると、
中の方まで冷たくなってしまっていました。

これはきっと、酸素が遮断されたからだ・・・

ただごみ処理のためにやってきたことですが、
それを機に、堆肥について調べてみることに。

好気性の醗酵をさせるのに使われているものは、
プランター、木製の箱、段ボール箱、目の細かい洗濯ネット、土嚢袋、等々。

虫を寄せ付けないためには、洗濯ネットか土嚢袋がよさそう。
早速買いに行こう!

ん? まてよ。
要は「ゴミ処理」
それにお金を使う???

b0238306_23531512.jpg友人にもらった丈夫な布が山ほどあるので、
それを利用して、ドデカイ巾着を作製。

ひもは荷造りひもで充分。
ここでひもを買いに行っては元も子もない。


b0238306_23535379.jpg早速土を入れてみました。

この布に入れてすぐに、
また土が熱くなり始めました。

b0238306_235452.jpg若干の糠床っぽい醗酵臭はありますが、今までもコバエが来たことはありません。

でも万一のため、虫よけ線香の定位置はここにしようっと。

この線香はなかなか優秀で、バジルの虫も、あっという間に逃げ出します。


これでコガネムシ対策と好気性醗酵対策はバッチリ

・・・であってほしい。






おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2017-08-14 00:43 | 花・植物 | Comments(5)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。