ホクホク…じゃない

おいもさん。
b0238306_1619221.jpg









写真の色が悪くてすみません。

ずいぶん以前に作ったものですが、季節モノなのでご紹介します。
蒸かし芋が余っていたら、作ってみて下さい。

<最低限必要な材料>
 サツマ芋、水、砂糖、さらしあん

<見た目をよくするために使う材料>
 卵、黒ゴマ

<美味しくするために使う材料>
 蜂蜜、水あめ、バターなど


1 蒸かした芋をつぶす。裏ごしたほうが口当たりはよくなります。

2 水、シロップ、砂糖など、好みの甘さになるようにテキトーに加え、
  手でまとめられる程度の固さに、焦がさないように混ぜながら煮詰める。
  ☆冷めると固くなるので、固さは見極めてね。
  ☆水飴か蜂蜜(またはは転化糖)を少量入れておくと、しっとり仕上がります。
  ☆煮上がりにバターを入れると、洋風になります。
  ☆水をオレンジ果汁にすると(色だけ)安納芋気分が味わえ、
   また、胸焼け抑制効果も期待できます(期待だけね)。

3 2を小さいサツマイモ形に成型する。

4 3をさらし餡の中で転がし「皮」を作る。
  ☆リアルさにこだわる人は、竹串であばたを作ってみて下さい。
  ☆ひげ根までつけると、ちょっと怖いです。

5 4を半分に切って、切り口に溶き卵を塗り、黒ゴマをくっつける。

6 150~160度のオーブンで、卵の照りが出る程度に焼成。

これはホクホクで食べるものではありません。
ちょ~簡単にできる、似非和菓子です。

「似非」の多い人生です、はい。


余って賞味期限の切れたさらし餡は、もちろん石鹸になりました。
ザラザラ感が、スクラブ効果になるんですよ(^^)/
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-12-02 16:45 | お菓子 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。