バレンタインチョコ

ベトナムの男子学生が、授業が終わるなり私のところに来て、
「年寄り電車乗ったことありますか」と。

ん?

こういう突拍子もない質問に対し、
咄嗟に頭がフル回転する習性。

使用ボキャブラリーを間違っているのか、
それとも彼なりの「詩的」表現なのか、等々…

「天下茶屋から出てる路面電車です」

「あ~、阪堺電車ね。」

話を聞くうちに、どうやら「年寄り」には2つの意味があった様子。
一つは、昼間に乗ったから、年寄りばかり乗っていたこと、
もう一つは、日本の都会に、こんな古い電車が…とびっくりしたこと。

その昔、地下鉄で行ける取引先に、わざわざ阪堺電車に乗って行った時、
私もその車両のレトロさに驚いたことがあります。
私が降りた駅のホームが、民家の入り口につながっていたのにも驚きました。

そのレトロな車両は、大正時代のもので、未だ現役とか。
なかなかその車両には当たらないけど。

私もこの路線には惹かれるものがあり、
一度全駅降りながら巡ってみたいと思っています。


さて、

バレンタインですね。

バレンタインだからといって、チョコレートなんぞ人生で一度も作った事のない私。
今年はやってみるか。
b0238306_3522478.jpgと、まず前日にボンボン・ムーレ
(型取りボンボン・ショコラ)の準備。

安物の型ですが、とりあえずこれでもできます。













出来上がったのが日没寸前。
何とか西日で撮ったけど、ぼんやり~。
b0238306_354377.jpg
右端の丸いのは、
最後に残りのチョコに
スライスアーモンドと、
ファイユティーヌ
を入れて固めたもの。

ボンボンムーレの中は
カラメルとグランマニエのガナッシュ
&オレンジピール。
私がコルドンの修了試験で使ったレシピ。

アントルメの構成を考えていた時、入れたい要素が全てバラバラで一つにまとまらず、
悩んでいたときに、クラスメートの一言のヒントでできたもの。
これのおかげで入れたい要素を全て諦めずに入れられた、私には思い出のガナッシュ。


型入れ作業をしている時、男友達から
「別に用はないけど、何してるの?」とご機嫌ういかがいの電話。

「チョコレート作ってるから、取りに来る?」
と訊くと、その時間はないとのことなので、
「んじゃ、送っとくよ」

えぇ、ちゃんと送りますわよ、

2月14日に忘れず


写メを。


オ~ホッホ。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-02-13 04:39 | お菓子 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。