病み上がりのスイーツ

「あの人なんですか?」
髷に着物姿の大男。
さすがに学生もサムライとは思っていないようですが…。

お相撲さんの姿を見かけるようになると、春を感じます。
食事に入った店で見かけると、横目でこっそり確認したくなります。
…食べる量を。

10年ほど前、升席で観戦したことがあります。
升席が一人9000円!!!でした。

もちろんこれは御茶屋を通さない額。
だから私たちの席にはおみやげ物の大きな袋もお弁当もなし。

同僚が、ある部屋の呼び出しさんとお友達で、
直接入手することができたのです。
実際には「若い衆のたばこ代」の色をつけて1万円。

チケットを受け取る時に呼び出しさんと食事をご一緒させて頂き、
後からその店に、親方と人気幕内力士(親方の義理の息子)も入って来て、
少しおごって頂いたという、ラッキーなエピソード付きでした。

そうそう、
先日お内裏様は南を向いて東側(向かって右)という事を書きましたが、
相撲の番付もやはり東が上位なんですよね。

さて、
病み上がりのスイーツって?

別にたいしたものじゃないです。
金柑生姜タピオカ。

b0238306_19122158.jpg


















先日風邪を引いたあと、甘いものが食べたくて、
咳止めの金柑と、体を温める生姜でホットに作ってみました。

金柑のシロップと生姜を煮詰め、
さらに、金柑のシロップ煮のペーストを加えています。

タピオカを少々ふやかしすぎてしまったので、
昔、風邪を引いたときに母親が作ってくれた
甘い片栗粉の流動食に近い食感に…。

でも、その片栗粉の流動食は、子供の私にとって
風邪を引いた時にだけ食べられる「ハレの日」のおやつでした。
今思ったら…??ですが。

ちょっと懐かしい気分で食べたスイーツ(?)でした。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-03-07 04:11 | お菓子 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。