高槻ジャズストリート

お伊勢さんからの帰り、一晩寄り道をして、
2時ごろに地元駅に戻りましたが、そのままもうちょっと寄り道。

昼間からビールを片手に歩く人、
大きな楽器をゴロゴロと運ぶ人、
あちこちに立つ警備員、
いつもの駅前とは、明らかに雰囲気が違います。

b0238306_22535956.jpg日野皓正、宇崎竜童などのプロから、
中学生のブラスパンドまで、
600以上のグループ、
3000人以上のプレーヤーが
全国から集まり、
50以上の会場で演奏される、
街中が音楽にあふれる二日間です。

全ての会場が入場無料。

b0238306_3244923.jpg駅周辺にも野外ステージがあちこちに。

市民ホールやグランドはもちろん、
周辺の小学校、中学校、高校、大学も会場。

もともとジャズバーなどが多い地域なので、
バーやレストラン、カフェは勿論・・・
b0238306_3312958.jpg

市バスの中までもが演奏会場(ラッパちっくな字で「パラダイス号」と)。

b0238306_333673.jpgb0238306_4252195.jpg

b0238306_3361731.jpg教会や・・・
(教会入口にある高槻城主
キリシタン大名の高山右近像)

そして、なんとなんと、
神社の能舞台までもが
ステージなのです。

しめ縄と黒人が演奏するジャズ・・・
渋いですね~(>v<)/


この横のお社で小さな男の子が、音楽は気にせず
一人で鈴を鳴らして拝んでるのがかわいかった。

来場者は15万人を超えるそうです。

イベントタイトルの「ジャズ」だけでなく、
ボサノバ、フュージョン、ブルース、
中にはポップス、ラテンも。

年齢層も幅広く、白髪のお兄様、お姉さま方が
体を揺らしながら楽しんでおられる姿も各会場で見られました。

手づくり作家さん中心のフリマもたくさん出ていました。

すべて市民ボランティアで行われているとは思えない
大規模なイベントです。

このイベントは今年で15回目ですが、
私は仕事帰りに駅前のステージをちらっと見たことがあるぐらいでした。

今年も、一人でお店の中まで入る勇気はなかったので、
(それに、お伊勢さんのお土産とか抱えてたし・・・)
来年は、バーや大ホールにも挑戦です。

ほとんどの会場がJR、阪急両駅からの徒歩圏内で、
毎年大体5月3.4日に開催されています。

近隣都市の方はもちろん、
遠方の方もGWの京都旅行のついでに、
ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-05-06 00:10 | おでかけ・イベント | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。