甘夏のガレット

「100%薄力粉で発酵生地を作ったら、どんな食感になるんだろう」

そんな生地のレシピを見つけたので、作ってみることにしました。
分類すると「パイ生地」に入るようです。

パンのように捏ねてグルテンを生成させるのではなく、
作り方はサブレやブリゼと同じ。

バターと粉をサブラージュする際一緒に
インスタントドライイーストを加えるというもの。

室温で半日発酵。

見た目はブリゼ生地と変わらないものの、
麺棒を置くと、明らかに発酵生地とわかる弾力です。

b0238306_1375320.jpg

b0238306_13251176.jpg〇アーモンドクリーム
〇自家製甘夏ピールのグランマニエ漬け
〇クランベリーのキルシュ漬け
〇スライスアーモンド
を散らして、巻き込みます。

かなりの重量・・・・
自分の重みでつぶれてます(◎◎!)

ビュッシュ型に入れて丸みを整えて、一時冷凍。

輪切りにして、室温で二次発酵。

もっと小さく作るつもりだったのに、
イングリッシュマフィン型サイズですーー;

b0238306_13295820.jpgデニッシュのように外はサクサク、中はフワッ
という食感になるようです。




が、




焼き菓子としてパッケージしたかったので、
焼成後、1時間ほど低温で乾燥焼きをしました。


b0238306_1332336.jpgガスでできた層がたくさんあり、
確かに「パイ生地」の類です。

ブリゼ生地は「練りパイ」という言い方もありますが、
これは、発酵練パイ??

発酵させる分時間はかかりますが
折込パイよりお手軽です。

b0238306_13485426.jpg夕べの雨と今日の強風で、桜はもう終わりですね。

今年も通勤途中に見るだけで
わざわざ桜を見に行くことなく終わりました。

桜開花前だったので、こんな感じで撮ってしまいましたが・・・・
[PR]
by odaidoco-labo | 2014-04-04 14:04 | お菓子 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。