クリスマスを待つお菓子

ここ数日、大阪も冷え込んでいます。

先日は、教室のエアコンを最強にしているのに暖かくならず、
寒い、寒いと学生たちはガタガタ。

ベトナム、フィリピン人の多いクラスの中で一番寒がっていたのが
去年まで仙台にいたというネパール人。

おいおい。

一人の学生が手を挙げてくるくる回しながら、
「上のほうは温かいんですけど」と。

最上階で天井が高い上に、角部屋。

そこで私の目に留まったのが、机に立てかけられた一本の傘。

ガバっと開いて「ととろ~」と言って
通路を歩きながら傘を上下に・・・・

「うわ~、あったか~い!」

あっという間に空気が混ざり、足元が暖かくなりました。
我ながらなんてすばらしいアイデア(^艸^)



さて、

先日神戸にいたのは、コルドンのサブリナレッスンのためでした。

b0238306_23333146.jpg実は、サブリナは初体験。

一度ちゃんとやってみたかったバゲットと
シュトレンがセットになってる。

以前もらった案内ではすでに満席だったのに
座席が追加されてる。

おまけにその日私は仕事が休み。

というわけで、数日前に滑り込みました。

シュトレンはフルーツ、ナッツがぎっしり。
クグロフにはレーズンでなく、グリオット。
バゲットはトラディショナルフランセーズ。


b0238306_2334165.jpgb0238306_23341786.jpg

シュトレンのフルーツを漬けるのは9月15日。
マリア様の誕生日だそうです。

毎年焼こうと思いながら気づけば12月で、
漬かったフルーツもありません。

来年こそ・・・・(鬼が笑う)。
[PR]
by odaidoco-labo | 2014-12-19 00:27 | 教室・講座 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。