オドロキ、桃の木。

先日、駅から自宅に向かって歩いていた時のこと、
私の背後でカサっと何かが落ちる音が。

振り返ってみてみると、お惣菜のパックでした。

うちの近所にもマンションの窓から物を放り投げる
不届きな若者がいるのか、と見上げると・・・

アホ~
    アホ~


と、人を小ばかにするように
カラスが鳴いているではありませんか(゜△゜)艸

おいおい、君は私に向かって落としたのか???




さて、

先日奈良のお料理教室Contentsの帰り、
京都のコストコに寄り道。

そこでお連れの同級生Eちゃんを
お迎えの娘ちゃんに引き渡す(?)ことになっていました。

隣にあるダイソーをうろつきながら、
「100均って、次買おうと思った時には
廃盤になってて、ないこと多いよね」と。

「そうそう、数年前、桃の木の櫛を探したけど、
もうどこにもなかったもん」と私。

b0238306_615456.jpgその直後、目に飛び込んだ桃の櫛。

え~! あった~!
迷わずげっと~!

所詮100均。
されど桃の天然木。

以前旅行中に買った桃の若木の櫛
ほどの良さはないと思うので・・・

b0238306_616852.jpg早速椿オイル漬けに。

最初は袋がオイルでベタベタですが、
だんだんそのオイルが減ってきます。

木がゴクゴク吸い込んだ・・・はず。

b0238306_6162211.jpg1週間ほどオイルパックすると、
こんなに艶やかな濃い色に。

母に「桃の木の櫛使う?」と聞くと
「あんたにもらったつげの櫛まだ使ってるよ」

ん? あんたにもらった???

としたら、私が小学生のころ、
母の日かなんかにプレゼントしたもの。

椿オイルを含ませた半紙にくるんで
今も使ってると。

天然木は一生モノですね。

とはいうものの、
数年前100均で買ったつげの櫛、歯が一本欠けました。

・・・ということもあるので、今回の桃の櫛も、
他のダイソーで見つけたもう一つを買っておきましたヾ(ーvー)
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-12-17 03:51 | 雑貨 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。