直し魔

b0238306_2316181.jpg壊れたキッチングッズがたまってきたました。

小鍋は自分でも何度か直したけどもう限界。
果物ナイフの折れ方はちょっと再起不能かな。

だめもとで、まとめて修理に持って行きましょう。

さすがに
「このナイフは無理やな。もう諦め」
と言われたけど・・・

b0238306_23165513.jpgはい、
見事に直って戻ってきました。

修理費=¥0

だって、修理屋さんは父ですから。

「こないだあの子に頼んだお遣いの分、お金払ったの?ってお父さんに聞いたら、鍋修理してやったからそれが代金やって言ってたわ」と母。

そうか・・・・
知らないうちに修理費払わされてたのか。

b0238306_23171255.jpgこの包丁、最初に修理したのは
昭和56年11月3日。

かまぼこ板を2枚合わせて作った柄は
結局今回もこのまま使用となりました。



b0238306_23233492.jpg最近直してもらったというか、
作ってもらったものはこれ、

ルンバの電池です。
(下の黒い方)

以前取り出した電池を見て
「作れそうやな」
と父が言った一言。

それを忘れず覚えていた私。

んじゃ~作ってもらいやしょう。

b0238306_23234814.jpg純正なら1万円はするところを、
100均の充電池12個をつなげて
見事に動きました。

快調、快調!!

あ、でもメーカー保証ないので
真似しないでくださいね。


この話を聞いてライバル心を燃やした
(ノーベル賞で今を時めく)東工大出身の友人、

「中を見れば俺にもできると思う。」

「うん、できると思うよ。私が見てもわかったもん。
でも、やろうと思うか、実際にやるかの問題でしょ?」

「そ、結局そこだよな。金もらっても俺やらないもん。」

それをやるお父ちゃんの子でよかった。

今回も頼まれたお遣い(トイレットペーパー)と引き換えに
ルンバの電池をもらってきたのでしたヾ(>v<)ゞ







odaidoco☆labo

[PR]
by odaidoco-labo | 2016-10-10 00:25 | 徒然 | Comments(2)
Commented by 熊猫 at 2016-10-10 13:45 x
とーちゃん素敵ーー!
惚れてまうやろー(笑)
そのDNAはちゃっかり?子孫に受け継がれているのですね。
わかります。
うん。
Commented by odaidoco-labo at 2016-10-10 14:08
> 熊猫さん
ってよくいわれるけど(母さえも言う)、私は父ほどチャレンジャーじゃないかな。
ちなみに、父に子はいるけど、孫はいませんので、悪しからず~😁
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。