カテゴリ:花・植物( 56 )

ぐんぐん醗酵中

流し台の三角コーナーは邪魔だし清潔じゃないので使いません。
調理中に出る野菜くずなどは、不要紙で折った箱を使っています。

大量に出るときはフードプロセッサーに次々突っ込み
微塵にして、玄関先の土のある場所にまんべんなくばらまきます。

でも、夏の間は玄関先にはにはいろいろ生えていて、
ばらまいても土まで到達しません。

夏は特に、生ごみが家の中にあるのが気になるので、
ベランダの空いているプランターのカラカラに乾いた土に混ぜています。

微塵にしてあるので、乾いた土に入れて混ぜると、
あっという間に見えなくなります。

先日、賞味期限切れのオートミールを混ぜ込みました。
ヒヨドリがつつきに来なければいいけど、と思っていたら、
数日後には麦粒の形が全く見えない状態になっていて、びっくり。

そのころから土が熱を持ち始めたのに気が付きました。
オートミールが米ぬかの様な働きをして、醗酵が始まった様子。

同時に、そのころから土の中にコガネムシの成虫と幼虫が・・・
調べてみると、有機物の多い土が狙われやすいと。

小石も多い土だったので、芋虫退治もかねて
ふるいながら大きなビニール袋に移してみると、
醗酵の熱で蒸し殺された幼虫が5匹も(◎◎!)

ビニール袋に入れた土を翌日確めてみると、
中の方まで冷たくなってしまっていました。

これはきっと、酸素が遮断されたからだ・・・

ただごみ処理のためにやってきたことですが、
それを機に、堆肥について調べてみることに。

好気性の醗酵をさせるのに使われているものは、
プランター、木製の箱、段ボール箱、目の細かい洗濯ネット、土嚢袋、等々。

虫を寄せ付けないためには、洗濯ネットか土嚢袋がよさそう。
早速買いに行こう!

ん? まてよ。
要は「ゴミ処理」
それにお金を使う???

b0238306_23531512.jpg友人にもらった丈夫な布が山ほどあるので、
それを利用して、ドデカイ巾着を作製。

ひもは荷造りひもで充分。
ここでひもを買いに行っては元も子もない。


b0238306_23535379.jpg早速土を入れてみました。

この布に入れてすぐに、
また土が熱くなり始めました。

b0238306_235452.jpg若干の糠床っぽい醗酵臭はありますが、今までもコバエが来たことはありません。

でも万一のため、虫よけ線香の定位置はここにしようっと。

この線香はなかなか優秀で、バジルの虫も、あっという間に逃げ出します。


これでコガネムシ対策と好気性醗酵対策はバッチリ

・・・であってほしい。






おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-08-14 00:43 | 花・植物 | Comments(5)

今年も青々と・・・?

今年は5月から早々と暑くなってしまって、
「8月の夏本番になったら50度超えるんちゃうか~」
なんて冗談を言っておりましたが・・・

実はまだ大阪では真夏日を一度も記録してなかったんですね。

奈良県の生駒や神戸の三田などに住む職場の人たちは
「朝晩寒いですよね、昨日はヒーター入れましたよ」
って、これ、つい最近の話(ºДº)艸

しかも、梅雨のこの時期に乾燥注意報が出ていたりして。
道理でベランダのプランターがあっという間にカラカラになるわけです。


b0238306_23293736.jpgベランダでは、去年採った種で
今年も4種のバジルを栽培。

食べるのは主にスイートバジルと
ダークオパールバジル。

・・・なんですが、
食欲をそそる紫が、今年も着々と
グリーンに変化中(――;)

これからますます青々と成長し、
再び紫に戻るのは、また秋口??


ベランダは主にハーブ系を育てていますが、
一昨年の秋に、シソの芽程の小さな紫陽花を移植しました。

すぐ冬になって葉が落ちたので、育つとは思いませんでしたが、
半年後に花を付けました。

でもね・・・

b0238306_23541789.jpg一輪だけ。

しかも不細工な形。

多分「額紫陽花」
なんでしょうが・・・


b0238306_2355322.jpgクリスマスローズもそうですが、
紫陽花の花弁と思われているものは、
実は萼(ガク)。

そのガクもちゃんと形を成さず不細工。

でもちょっと、蝶々みたい?





そして今年は、5輪花を付けました。

が・・・・

b0238306_082769.jpgやっぱり不細工。

何故に四角??

b0238306_084825.jpgやっぱり四角。

そして、ガクも開かない。



街なかで見かける色とりどり、種類も様々なかわいい紫陽花を見るにつけ、
どよ~んとなってしまう梅雨生まれのアタクシです。






おだいどこ☆らぼ

[PR]
by odaidoco-labo | 2017-06-18 00:23 | 花・植物 | Comments(2)

幸せのカタチ?

ご無沙汰の間に梅雨入りし、
6月も半ばに差し掛かっています。

そしてまたひとつ歳を食いました(><;)

b0238306_2252958.jpg冬の間も青かった四つ葉のクローバー

予想に反して、玄関先の鉢植えと
同じ時期に芽吹きました。



でも・・・


ひょろひょろ。


幸せは上向きではありません!
とでも言いたげ(・。・?)

ま、また新たな一年
何とか生き抜こう。


b0238306_22524588.jpgひな祭りや結婚式のお祝いに欠かせない
ハマグリ。


・・・と思ったんですが、

b0238306_22525714.jpgアサリの佃煮が入っていたので、
やっぱりアサリなのかな。

お土産に頂いたもの。




b0238306_22531180.jpgラベンダーで洋風にイメチェン。

中に入れる佃煮も
洋風にしなきゃねヾ(ーvー)

因みに・・・
ハマグリは結婚式で新婦は食べちゃいけないんだって??
知らなかった。







[PR]
by odaidoco-labo | 2016-06-09 23:04 | 花・植物 | Comments(0)

きゃべ次郎

b0238306_22454161.jpgきゃべ次郎はどうなったのか」
という問い合わせが・・・・







一件もありませんが・・・

b0238306_22462279.jpg

無事(?)花が咲きました。

菜花として食べる間もなく、
ニョッキニョキ。

b0238306_22464187.jpg現在はこれよりもっとニョッキニョキと
背が高くなっています。

こうなったら採種して、種から育てよう。



・・・と思ったところで、場所はなし。

花だけ楽しんだら、
あとはムイムイの餌食かしら???





お天気は不安定そうですが、
良い連休をお過ごしください(^v^)/









[PR]
by odaidoco-labo | 2016-04-28 22:56 | 花・植物 | Comments(4)

コダカラベンケイソウ

ここ一か月ほどの間、立て続けに新聞、テレビの取材が入り、
昨日、とうとう私もテレビに映りました。

あ、横姿2秒ほどね。

うちのクラス撮るんですか(--)?? と一瞬拒否。
だって、うるさいし決してお行儀よくないし。

実際カメラが入っても
「ちょっと静かにして、大声出さないで」の連呼。

でも、長時間撮っていた他のクラスより、
ちょっとしか撮らなかったうちのクラスのほうが長く映ってました。

私にしたらただ「うるさい」だけど、
映像になるとなんだか楽しそうに化けてました。

「マスコミの露出度が高くなると、色々リスクも高くなりますよ。」
と、上の方にこそっと耳打ち。

それは以前勤めていた企業で経験済みですから。

さて、
このブログに度々登場のコダカラベンケイソウ

b0238306_1427356.jpg運が良ければ春先に花をつけますが、
熱帯の植物なので、日本の冬を越して
花をつけることは珍しいのです。

ところが暖冬の影響で12月ごろに
花芽がニョキニョキと伸びてきました。

さすがに玄関先で冬は越せないだろうと
切って室内で水栽培。

枯れずに何とかここまで来ましたが・・・

お手手は「うらめしや~」
眉は情けなく「すんませ~ん」


b0238306_14362560.jpgちょっと前までは眉ももうちょっと
キリリとしてましてんで~

本来は淡いピンクの花の色も
なかなか色づきません。

b0238306_14401498.jpgそしてその後の
きゃべ次郎

水をこまめに変えて、
ここまで大きくなりました。

でも、いったいどうしたらいいの??

葉っぱをむしった後から出てきた芽は花芽になるから
「はばな」として食べればいいのよ。

って、職場の人が教えてくれたけど、
花芽になる気配も、玉になる気配もなし。

土に植えたら、一瞬にして虫の餌食でしょうね。

虫もだけど・・・

今年もまたベランダのヤシのハンギングプランターを
雀やらヒヨドリやらが次々抜き取ってやがる(`ㇸ´#)








[PR]
by odaidoco-labo | 2016-03-03 14:59 | 花・植物 | Comments(2)

この後どうする??

外反母趾用足底板ゲットしてきました。

医療用装具はまず10割を負担して、
自分で保険適用の申請をするということで、
病院から帰って、その足で役所へ。

最近のお役所の方は応対が丁寧ですね。
「振り込みが4月末日になってしまうんですが・・・」
って、申し訳なさそう。

私はそんなに早く戻ってくると思ってませんでしたし。
・・・お役所仕事ですから。

さて、
今日ご紹介するのは、我が家の・・・

b0238306_1352245.jpgきゃべ次郎

少しずつ葉をはがしながら食べていたキャベツ。

新聞にくるんで常温保存で2か月ほど、
ちょうど環境が良かったのか
最後まで傷まず食べられました。

その間、根っこが出て、
めくった葉の後から新芽も出て・・・

ならば可愛がってやろうぞ!

と、ここまで元気に大きくなりましたが、
この後、どうしましょ??

b0238306_1411677.jpgこちらは命絶え絶えの
四つ葉のクローバー。

毎年春に芽吹いて、秋に枯れるのですが、
今年は暖冬のせいで12月になっても新芽が。

さすがに冬は越せないだろうと
芽吹いた球根だけ室内に避難。

それから2か月。
夏の間より長持ちしたみたい。

でも、エネルギー使い過ぎて
この球根からは春に芽吹かないでしょうね。












[PR]
by odaidoco-labo | 2016-02-11 14:12 | 花・植物 | Comments(0)

ベランダのリベンジ収穫物

そろそろお正月気分から抜けないとね。

あ、でも昨日また黒豆煮てしまいました。
だって、ざぶざぶ残ってる煮汁がもったいなかったから。

伊達巻も一本残ってるけど、どうしましょ?


b0238306_234985.jpgさて、

お正月前にベランダで収穫したのは
菊芋

この時→ 食べそこなって
ベランダで栽培していたもの。

花は咲かなかったものの、
その年、倍増計画は倍どころか、
見事30倍ぐらい!

・・・の個数になったけど
食べられる大きさのもは全く採れず。

そしてそのまま放置し、花は咲かなかったものの
頂いた分ぐらいの収穫はできました。


b0238306_234414.jpg生のままサラダで。

その後、酢の物にして
お正月のなます代わりに。

b0238306_23581.jpgそして、夏にグリーンになっちゃった
ダークオパールバジル⇒

秋になってちゃんと赤くなったので・・・

b0238306_2352774.jpgルビー色のお酢ができました。


だけど、暖冬のせいで
未だに花がちらほら。

いつになったら種が採れるのやら・・・











[PR]
by odaidoco-labo | 2016-01-08 03:05 | 花・植物 | Comments(0)

秋の味覚 第一弾

b0238306_1551182.jpg夏の間、窓辺を涼しく彩っていた
可愛いグリーン。

・・・ではなくて、
よーく見て下さい。

ほらほら

b0238306_1553493.jpg今年も猫の額で生りました。

零余子(むかご)。

いつもはお隣に入ってしまわないよう
伸びた先をどんどん切っていたのですが・・・



b0238306_1555375.jpg今年はのびのび育つようにしました。

b0238306_1561498.jpg取り敢えず第一弾の
ムカゴンです(^0^)/

b0238306_1563595.jpg早速むかごゴロゴロ炊き込みご飯に。

う~ん、秋です。


残りの小さいのが育てば、
もう一回ぐらい食べられるかな。

b0238306_1565772.jpgお茶碗はこの時→
最後の最後に残った
屑転写紙を集めて
100均のお茶碗に。

屑で作ったけど、
意外と気に入ってます。
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-09-19 02:12 | 花・植物 | Comments(0)

ダークオパールバジル

b0238306_114730.jpgルビー色のお酢を作ろうと

丹精込めて(?)育てた

ダークオパールバジル。



すくすく、すくすく育って・・・





わっさわっさと茂って・・・





立派な・・・


b0238306_12127.jpgグリーン

になりました(˚Д˚)艸



撃沈(TT)
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-08-07 01:08 | 花・植物 | Comments(2)

ベランダのバジルたち

b0238306_332227.jpg毎年わっさわっさと出てくる
スイートバジル

ところが、
今年はこの一本しか出てきませんでした。

茎が太くてしっかりしていて、
沢山葉をつけてくれてます。

そして、ただ今もう一つ双葉が成長中。


でも、それだけでは寂しいので、
3種の仲間を増やしました。

b0238306_335240.jpgレモンバジル

名前の通り、かすかなレモンの香り。
お肉料理向きなのかな?

b0238306_341521.jpgホーリーバジル

スイートバジルよりやや控え目な香り。

効能はスイートバジル以上で、
アーユルベーダでは「不老不死の薬」
と言われれているそう。



b0238306_343082.jpgところが!
あっという間に花が咲いてしまい、
咲かせてなるものかと摘み取ったものの・・・

わきから出てきた小さな芽に、
すでにつぼみが(>_<;)



スイート、レモン、ホーリーたちが
わっさわっさと茂ってきたので・・・・

摘み取ってバジルオイルにしました。
(これらの写真は既に摘み取った後)

キノコ炒めや、素麺のカッペリーニ風に
大活躍の便利なオイル。


b0238306_345696.jpgそしてもう一種は
ダークオパールバジル


スイートバジルの改良種らしく、
香りはスイートバジルとほとんど同じ。

ルビー色のお酢&オイルになる予定。





みんな元気に育ってね。
待ってるよ~
 

     ・・・・・・・胃袋が。
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-07-10 03:44 | 花・植物 | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。