<   2012年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

飛鳥散策

珍しく、日本全国晴れの一日。

朝から「飯バーガー」弁当をこさえました。
中身は豚のしょうが焼き。

b0238306_330259.jpg















(多分)タッパーウエア製(と思われる)
ハンバーガー用のハンバーグを成型する器具が
子供の頃からウチにあります。

それでハンバーグを成型する事はないのですが、
たま~に、こうやって、ご飯を成型します(^^)

先日仕込んだピクルス、鶏の粒マスタード焼き、
生春巻きに巻いた大根サラダも連れて行きます。

お弁当箱の中に、ラップやアルミカップを使うのが好きではありません。
なぜかというと、昔から母が全く使わなかったから。

兄が幼稚園で初めてのお弁当の日、帰るなり、
「先生が残さず食べなさいって言ったのに、食べられないものが入ってた」
と怒ったからだそうです。

バランもカップもサラダ菜やレタス。
だから年中切らさず冷蔵庫にあります。


葛城の友人に橿原神宮前駅でピックアップしてもらい、飛鳥散策。

飛鳥といえば、まずここですね。
             …石舞台。

b0238306_3355411.jpg










来た事あるの?と聞かれても…
昔、遠足で来たような、来てないような…(ーー)ゞ
ん~、間近で見るとやっぱり迫力ですね~。

お寺や資料館など、半日飛鳥散策をしました。
「観光」を目的にどこかをぶらぶらするなんて、何年ぶりでしょう…。

葛城の友人の家の敷地にも古墳が3つあるそうです(◎◎!)
研究家には「たいしたことない古墳」といわれたそうですが。

「リタイアしたら、ボチボチ自分で掘ってみよう」と思っていたそうですが、
自分の土地といえども、無許可に掘ってはいけないとか。

このあたりは掘れば何かが出てくるので、
家を建てるにもヒヤヒヤ…だそうです。

もし何かが出てきたら、即ストップ。
自己資金で調査して、それが終わって埋め戻してからでないと
建築を続けてはいけない、という条例があるそうです。

ちなみに…
友人は家を建てるとき、3つのうち2つは知らずに壊してしまったとか。
知らずに壊したのは仕方がないそうです。

元田んぼの新興住宅に住む小市民には、
何やらとっても壮大なお話でした。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-03-30 04:10 | おでかけ・イベント | Comments(0)

私のコレクション②

以前コーヒーカップのコレクションを紹介しましたが、
私にはもう一つコレクションがあります。

コーヒーカップと同じ理由で、一つずつ(一組ずつ)集めているのが、
スプーンとフォーク。
これも積極的に集めているわけではありません。

先日奈良町を歩いているときに、久々に目に止まったものがあり、2組購入。
一組ずつという自らのルールに違反するほど、気に入ったのです。

b0238306_19222022.jpg



















スプーン&フォークを集めるきっかけになったのが、このセット。

b0238306_19231076.jpg











とてもシンプルなフォルムが気に入ってます。
先日食事に入った店で、偶然同じものが出てきました。

広告会社に勤めていた頃、撮影用の演出小物として東急ハンズで購入したものです。
ケーキ屋さんの仕事だったかな…?
もう△△年も前のことで、何に使ったやら記憶が…(ーー)ゞ

ちょうど、コーヒーカップを集め始めた頃で、
そうだ、スプーンとフォークも揃えなくてもいいんだ、と。

b0238306_19243818.jpg

















現在30組ほどあります。
ウチに来られたら、コーヒーカップと合わせてお選び下さい(^^)/
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-03-29 03:25 | 雑貨 | Comments(0)

「エスパス・キンゾー」へ

今年はなかなか暖かくならないですね~。

やたら「桜はまだか」という声を聞きますが、
桜は入学式とセットだから、4月まで咲いてはいけないの!!

と、昭和なお姐さんは思うのですが…。

でも最近の歌って、卒業と桜が一緒になってますね。
                    …解せぬ。

さて、

こちらも月一ペースで通う、京都グルニエ・ドールのお菓子講座
「エスパス・キンゾー」。
今回は異色の「サレ(塩)」のメニューです。

b0238306_050997.jpg



















ケーク・サレとブリゼ生地のプティ・フール・サレ。

ピクルスやパテ、ベシャメルソースやドレッシングの作り方も紹介され、
お料理講座のようでした。


b0238306_111883.jpg










今日はランチプレートのようなお皿で、
白ワインも振舞われました。

意外でおいしかったのが、ピクルスのタルトレット。

ランチのあとは、やはりデザートよね。
というわけで、お隣のグルニエ・ドールに。
店内で食べるのは初めてです。

肝心のケーキの写真はありません。
フツーのチーズタルトだったんで。

元々は私たちが講座を受けている教室がサロンだったのですが、
お隣の町屋をリノベーションして、現在はこういう雰囲気。

b0238306_171671.jpg










坪庭のある、絵に描いたようなうなぎの寝床。
教室のあるビルも、見事なうなぎの寝床。
持ち帰りのお店は、教室の向かいのうなぎの寝床。

私は町屋が大好きなんですが、この写真を見ても分かるように…
寒いんです、隙間風が。
…これさえなければな~。

帰宅してから、ピクルスを数種類仕込みました。
以前は、お弁当の彩り&隙間埋め用に、時々作ってたんですが、
今日改めて、作ってみようと。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-03-27 04:32 | お菓子 | Comments(0)

ずぼらタピオカ

エキサイトブログ画面の上に「似ているブログ」というのがあります。

これを押し続けると、自分のブログに戻ってくる?
と、しょうもないことを考えてみた。

クリックしてみる。
プロの料理家のブログが出てきた。
          …どこが似てるんだ?

もう一度自分のブログに戻って、クリックしてみる。
可愛い子育てブログが出てきた。
          …どこが似てるんだ?

わずか2クリックで、絶対自分のブログには戻らないと悟る。
          ……そんなの、やる前から分かってるって。

さて、

愛用の年季物のサーモマグにお茶を入れて、出勤準備~。

b0238306_114661.jpg



















ではありません。

熱湯を入れたボトルに、タピオカを入れます。

b0238306_14812.jpg










最近ちょこっとおやつによく食べるタピオカ。
大抵袋の説明は、弱火で1~1.5時間茹でると書いてあります。

この説明を読んだだけで、ウチで食べるのは諦める人も多いかも。
鍋から長時間離れられないのは面倒です。

2時間以上水に浸してから茹でると2分で茹で上がる。
と、ベトナム料理教室の先生に教わりました。

でもずぼらな私は、戻しも茹でもせず、こうするだけ。
3時間ほど放置して…

b0238306_1155674.jpg










お湯を切って水にさらします。

そしてあとはお好みで。

b0238306_1185749.jpg



















今日は、ミルクとココナッツミルクを合わせたホットタイプ。

この方法だと、食べたい分だけ気軽に作れます。

放置時間は、使う保温器の保温力や
固さの好みにもよると思いますので、
いい具合のところを見極めてくださいね。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-03-26 09:10 | お菓子 | Comments(0)

春を感じるもの

ベトナム料理教室の帰り、お天気も良く、暖かかったので、
一人でならまちまでぶらぶら歩きました。

夜に会う友達に渡す石鹸用油類合計2キロ以上
(+もちろんカメラ)を背負ってです。

「鉢植え」の春。
b0238306_1615025.jpg









折角ぶらぶらしに行ったのに、お店は休みだらけ。
ま、それでもうろうろ、ボチボチお買い物。

b0238306_16173536.jpg































ぽかぽか陽気で、看板犬も大あくび~。

観光客はみんな地図を持ってぶらぶらしています。

「あれ?さっきと同じ所!?」
方向音痴(気味)なのに、地図も持たずに気まぐれでぶらぶらすると、
ドツボにはまって、とっぴんしゃん、です。

日本橋で待ち合わせだったので、帰りは天王寺周り。
まだ時間があったので、キューズモール内をぶらぶら。

そこで、お菓子の本3冊と手芸材料あれこれ。
奈良でも買物したし、そりゃもう荷物はすごいことに。

日本橋の中華料理店に入って、やっと荷物を降ろして、ふぅ~。

b0238306_1625237.jpg春の風物詩「いかなごの釘煮」頂きました。

阪南に住む彼女のいかなごは、大阪湾産。

プランクトンが多いので、神戸産より太っていて、
お腹がやや赤みがかっているのが特徴で、
味が濃いと聞いたことがあります。

内陸の我が家の方でも、足のはやい生のいかなごが、
当たり前に売られるようになりました。
鮮魚コーナーなどにも、入荷予定時間の札が出ます。

でも、私にとっていかなごの釘煮は
頂いて春を感じるもの。
                …のようです。

これがあるとしばらく、お弁当の一品分助かります。
大切に頂きますね~(^^)/


後ろに写っている大きな葉っぱは「月桃」。
沖縄ではお餅を包んだりする、おなじみのハーブです。
石鹸用にと頂きました。

繊維がしっかりしているので、
バナナの葉っぱのように、籠でも編もうかと思いましたが、
今回は、石鹸用に処理しました。

4月は「月桃」石鹸で決まりです(^^)/
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-03-24 16:54 | おでかけ・イベント | Comments(0)

ベトナム料理教室「Contents」へ

Contentsさんのレッスンは、
順調に月一ペースで、今回3回目のレッスンです。
b0238306_111031.jpg











(1回目⇒ 2回目⇒

わずか1分で乗り遅れたこの日の教訓を生かし、
昨日はよゆ~の鼻歌で京都駅に到着。

うそや~ん。
3月17日のダイヤ改正で、奈良線大幅変更されてるし…。

毎年のダイヤ改正って言っても、
ウチの方の京都線は、ウォーリーを探せよりも難しいぐらい、
どこが変わったかわからないのに…
                    たとえが古い?

またまた京都駅で30分近く待つ羽目にーー;
教室には10分ほど遅刻しました。

奈良線、まだまだ乗り慣れません。


さて、本日のメニューは
☆揚げ春巻き
☆蒸し鶏の香味醤油
☆鶏とキャベツの和え物
☆山芋のスープ

b0238306_11134916.jpg



















鶏肉を結構食べる私には、うれしいメニュー(^^)
たれを一つ覚えると、いろいろ応用も利きます。

山芋の(すり流し)スープも、すぐに応用できそう。

この緑の山、サラダじゃないんですよ。
レタスや貝割れ、香菜、紫蘇、ミントなどのハーブ類。

b0238306_11151753.jpg




















ベトナムの揚げ春巻きは、こうやって沢山のハーブと一緒に食べるんです。

b0238306_11165377.jpg










中華の揚げ春巻きは、進んで手を出しませんが、
これなら食も進みます。

そしてデザートは…

b0238306_11175771.jpg



















カキ氷じゃないよ、ベトナム風プリン。

コンデンスミルクで作る、とってもしっかりしたプリンです。
常温のプリンに、クラッシュアイスとコーヒーシロップで。
どこかなつかしいプリンです。

この後私は第二弾、夜の中華料理に続くのです。
2食分、まだ消化しきってないぞ~。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-03-23 11:26 | 料理 | Comments(0)

3月の石鹸 其の弐

最近の機械はよくしゃべるーー;

お風呂場で給湯器の温度設定を変えると、
「給湯温度を○○度に変更しました」と言い、
おだいどこ側では、「給湯温度が○○度に変更されました」と。

…確かに正しい日本語です。

お風呂の「自動」ボタンを押すと、「お湯はりをします」と言い、
10分ほど経つと、音楽とともに「お風呂が沸きました」と。

え”~?? 沸かしてないよ!!
そこは、「お湯がたまりました」とか
「お湯はりが完了しました」でしょ~

と、気になるのは私だけでしょうか?

さて、

3月の石鹸二つ目は…
         う~ん、ばっちい色ーー;
b0238306_349565.jpg「クールデオドラント石鹸」

消臭効果のある竹炭と、
清涼感満載のメントール入りです。

汗をかく季節になったらすぐ使えるように、
今のうちに仕込んでおきました。











b0238306_3524453.jpg型はもちろん、100均の。

二個一のハート型も、
単独のハート型も、
どちらも100円。









b0238306_3581297.jpg去年の夏も同じような
配合で作ったのですが、
こんな灰色にはなりませんでした。

左の丸いのは、
ハートに入り切らなかった残りを、
いつものようにポテトチップスの筒で
固めたもの。

全く同じものなのに、
固める型で全然色が違うんです。


空気に触れる面積や、温度が下がっていく時間の差でしょう。

石鹸作りは化学です。

クールデオドラント石鹸の成分はMoreへ

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-03-22 04:19 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

3月の石鹸 其の壱

チケットショップでの事。
行き先は同じだけど、2種の違う切符が店頭ポップにあったので、
「これとこれは、お値段違うんですか」ときいてみた。

「はい、違います。」

え?それだけ?
ここはダイレクトに安さだけを求める客が来る店、
客のそういう質問には値段を答えるでしょ、普通。

最近、質問の意図するところを考えない
こういう店員の応対にたまに遭遇します。

きっとこういう人がレストランの店員なら、
こう応対するんでしょうね。

「一体、客をどれだけ待たせるんだ。」
「はい、32分です。」


さて、

3月に仕込んだ石鹸第一弾は、くまちゃん石鹸。

b0238306_3453165.jpgといっても、子供用ではありません。

「ヘナ入りシャンプーバー」

染髪用ヘナを使いました。
インド由来の髪に良い10種のハーブと
赤みを押さえる木藍入りというものです。

ハーブはもちろん、藍も石鹸にするから、
このまま使っちゃおう~、と実験。

そのままシャンプーとしてもヘアパックとしても使える
「ガスール」」というクレイも入れました。







b0238306_3455145.jpg使った型は100均の製菓用シリコンモールド。

100均のシリコンモールドは色々集めましたが、
それでお菓子を作ったことは、一度もありません。

この大きさで、この深さなら…
と、最初から石鹸用としてしか見てない(^^)

シリコンは臭いが残るので、
一度石鹸に使ったら、二度とお菓子には使えないしね。


ヘナ入りシャンプーバーの成分はMoreへ

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-03-20 04:05 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

アジアンスイーツ

ワールドチョコレートマスターズ2009で優勝された
平井茂雄シェフの特別講座があったので、
17日(土)は、久しぶりにコルドンに向かいました。

講座は18時から。
気候もよくなってきたし、三宮から買い物しながら歩いて、
海の方まで散歩しようか…
なんて、数日前までは思ってたんですが、
…雨。

天気に合わせるかのように、ウダウダと家を出るのが遅くなり…
結局中華街で、欲しいものだけをダッシュで物色して、計画終了。

欲しかったもののひとつが、蓮の実。

食材店でぐるぐる探し回って、やっと…
冷蔵庫で見つけました。

これって、冷蔵庫に入れる必要あるの?
乾物なんですけど。

何かの剥き殻みたいですが(写真右)、
一晩水に戻すと、食べ物らしくなります(写真左)。

b0238306_10145034.jpg













圧力鍋で沸騰してから1~2分。
その後、温めたシロップに漬けて、
冷ましながら甘みを含ませて出来上がり。

シロップはバニラ(の鞘)と
メープルシロップで香り付けしてあります。

b0238306_10151764.jpg


















とっても地味ですが、栗のような、豆のような、
とっても日本人向きのアジアンスイーツです。
お試しあれ~

でも、500gが1330円と、結構お高い。


平井シェフの講座の写真はここに載せられませんが、
2月に神戸北野にオープンされた
L'AVENUE Shigeo Hirai(ラヴニュー・シゲオ・ヒライ)」
は、とっても盛況のようです。

私は上記のウダウダの理由により、
今回、店は覗けずじまいでしたがーー;
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-03-19 11:49 | お菓子 | Comments(0)

ぼちぼちちまちま

一昨日は歩いて家を出たので、駅に自転車がなく、
さらに歩いて帰宅。11:30pm。

じわっと汗をかいたので、お風呂を先にしてからご飯。
さて食べましょ、と時計を見ると1:00am

たくさん歩いて、健康的な生活。
                     よ…ね?

さて、
ちまちままだ続いてます。

b0238306_232511.jpg













ばっちいマガジンラックは作り直して、
旅行雑誌と地図、写真立てを作りました。

旅行と歴史好きの部屋にするつもり。

ちなみに私は…
とっても歴史オンチです。

サイズはこんぐらい。
b0238306_2392912.jpg










定番のピースの箱がないので、コインで。
え?今時ピース使う人いない?

あとは、グリーンを作る準備中。
椅子も欲しいけど、結構狭い部屋なもので…。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-03-16 04:22 | ミニチュア | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。