<   2012年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

真田の故郷へ

週末訪れたのは、信州上田(長野県上田市)。
真田三代の故郷です。

b0238306_22372186.jpg












ここを訪れるのは4年ぶり二度目です。
毎年7月の最終日曜日にご先祖様のお墓掃除があるのです。
私じゃなくて、武田信玄の子孫に当たる友人が。

運転交代要員として連れて行かれましたが、
私は部外者なので、ホテルは別にとって、単なる観光客です(^^)

前回は別所温泉まで行って観光をする時間もあったのですが、
今回は途中渋滞にあい、予定より遅れて到着。
「じゃ、明日朝」と早々に別行動。

ホテルに荷物を置いて、一人ぶらぶら。

どこに行っても真田十勇士と六文銭(六連銭)。
お店の看板も、地名表示看板も六文銭。

六文銭は真田家の戦場での紋。
三途の川の渡し賃である六文を紋にし、決死の覚悟を表したものです。

その決死の覚悟の形相は見られないゆるキャラ(?)真田幸丸。

b0238306_2342660.jpg


























この日は「上田わっしょい」というお祭り。
夜は賑やかだったのかな? 明るいうちにちょっと見ただけです。

b0238306_23192224.jpg














そういえば4年前初めて見たとき、
な、な、な、何???と思ったのが、これ。

b0238306_23443860.jpg














まぁ、フランスにフレンチトーストはないし、
ロシアにロシアンティーはないわけだから・・・。

長野県の他の市から来てた葡萄のゆるキャラ
「巨ん太」と「ぷるる」。

b0238306_2355391.jpg

















この手、このリボン、このスカート・・・
これ、あり??

信州といえど、盆地の上田はとっても暑い。
この日も35度あったそうです。

[PR]
by odaidoco-labo | 2012-07-31 00:06 | おでかけ・イベント | Comments(0)

かぼちゃグラタン

b0238306_20401967.jpg先月もらった野菜、まだあります。
かぼちゃと玉葱と人参。

採れたて新鮮なかぼちゃは
水気が多くておいしくありません。

しっかり寝かせたし(?)そろそろ食べてみよう!















b0238306_20432182.jpgで、この暑い季節に「グラタン」

作りながら、「あづ~い、失敗した~」って思ったけど、
かぼちゃがおいしいのはやっぱり今だし、
ちょうどいいサイズだったし。

せめて背景は夏色で。















b0238306_204641100.jpgベーコン、人参、玉葱、枝豆、バジルと
豆乳で固めに作ったホワイトソース。

ソースは出来上がった時は滑らかだったんだけど・・・

上にチーズがあまりのらないので、
その分ソースに粉チーズ入れたら、
なんだか舌触りが悪くなっちゃったわーー;

何年か振りで作ったグラタン、
大成功!




      ・・とはなりませんでした(><;)
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-07-30 04:38 | 料理 | Comments(0)

2000年の試し撮り

お友達とお出かけしたら、
後日お互い撮った写真のデータの交換、
って皆さんもしますよね。

でも最近、そのもらうデータのサイズのでかいこと、でかいことーー;
駅貼りのポスターでも作るんですか???ってぐらい。

これはデジカメの宣伝で画素数ばかり強調するからでしょうね。

カメラ自体はできるだけコンパクトなのを、と選んでるので、
結果的にレンズも小さいのを選んでるんです。

結局その高画素数、メディアやPCの容量を食うばかりで
と~~っても勿体無い。

b0238306_19501074.jpgb0238306_195026100.jpg

















これは初めて買ったデジカメで、いろいろ試し撮りをしたときのもの。
2000年、つまり12年前のデータです。

最高画素数たった350万画素ですが、ここにのせるために、さらに圧縮してます。

でも、ちゃんとシャープに写ってるでしょ?

当時売られていたデジカメの中で、一番レンズの明るいものを選びました。

カメラを選ぶ時は画素数だけじゃなくて、
是非レンズの明るさも気にしてね☆
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-07-29 04:33 | カメラ・写真 | Comments(0)

太陽の恵み

b0238306_1921326.jpg沖縄産マンゴー

「沖縄産のマンゴーが世界一おいしいと思う。
一度食べたら、他のは食べられへんよ。」

舌の肥えたM子さんの言ったとおり、
今まで食べたマンゴーで、群を抜いて一番でした。

え??種無し??
と思うほど、薄っぺらい種しかなくて。

先日のバウムクーヘンの講座でご一緒した、
沖縄でケーキショップを経営する方に頂きました。

彼女は毎週沖縄から一泊二日で神戸コルドンに通い、
(実家は神戸だそうですが)
修了後あっという間に開業されたのです。




コルドンの週2日コースって、何で2日続けてやるんだろう?
って入学する前は思ってたんですが、
この方のように、遠方から通う方たちのためなのです。

かたや、途中までは通勤定期があり、
往復ワンコイン弱の交通費で通っていた私。

・・・・・気合が違いすぎます。

沖縄に行ったら、お店覗きますね(^^)/
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-07-28 02:57 | 徒然 | Comments(0)

なれの果て

やっぱりこうなってしまいました(ーー;)

b0238306_311735.jpgルッコラはどんどん花を咲かせては
散らすようになったので、
部屋には置いておけず早々にベランダに。

どんどん、どんどん花をつけるのに、
種は2鞘しかできず・・・

トマトは花芽をつけた頃から、
木の方がどんどん駄目になっていき、
これもとうとうベランダに追放。

水もマメに替えて、週に一度は肥料もやって、
脇芽かきもちゃんとやってたよ(ーー)

苔がつくけど、成長には影響ないって書いてあったけど、
結局苔に負けたような・・・。

う~ん、どんな方法でやっても、
アタシって食べ物育てられないんだわ。

食べ物だけじゃなく、
とにかく植物が育てられないようで・・・。

「出ても出なくてもどうでもいいや」
ってばら撒いた去年採れた朝顔の種は
ばかほど大きな双葉を出して、
ばかほど大きな本葉を出して、
ふっとい蔓は60センチぐらい伸びてもぴーんと自立。

なのに、グリーンカーテンにしようと思っていたフウセンカヅラは
蔓が出る前に花芽をつけちゃってなかなか伸びないし・・・。

肥料やってたはずなのに、
パセリは花を咲かせて枯れちゃうし・・・。

花が咲いちゃ困るものには花が咲いて、
花が咲いて欲しいものには花が咲かない・・・。

b0238306_319485.jpg




















木で完熟できず、落ちて追熟したこの子達は、
とりあえず私の胃袋で成仏させます。

ぽくぽく、ち~ん。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-07-27 03:26 | 花・植物 | Comments(2)

重ねた年輪・・・?

身体を縦にするのがやっとの暑さですーー;
そんな中でも、関西の節電は進んでいるそうですよ。

駅からの帰り道々、エアコンの室外機に耳をやっても、
動いていないもののほうが多いようです。

ご近所さんもエアコンを控えてくれているので、
元々エアコンを使わない私にはありがたいのです。
窓を開けた風上に室外機があったりするので。

裏の家なんて、他に置く場所がないわけじゃないのに、
ウチの窓に向かって室外機置いてたんですよ。
これ見よがしに防御策を講じたら、気づいた頃には移動してましたが。

さて、

先月マカロンを作った講座で、
今月はバウムクーヘンを作ってきました。

オーブンで焼くので真ん中に穴はありません。
18㎝の普通の丸ケーキ型に、生地を少しずつのばしながら焼くのです。

b0238306_23322273.jpg上から白人、黄色人種、黒人
    ・・・みたいなことになってます。

これはオーブンのちがい。
上の二つは電気オーブン。メーカーの違いで仕上がりも違う。
そして一番手前の私のは、ガスオーブン。

フォンダンで仕上げます。
b0238306_23403224.jpg











外から見ただけじゃ、バウムクーヘンって分かりませんので、切ってみましょう。

b0238306_23444343.jpgよかった、よかった。
ちゃんと層ができてた。

持って帰る途中、箱がつぶれて
お化粧崩れしちゃったので、
全貌はお見せできませんが。















b0238306_23462532.jpgラム酒とスパイスの香る、
年輪を重ねた(?)オトナのバウムクーヘンです。

ウチのオーブンも同じタイプのガスオーブン。
生地の乾燥と周りの焼け過ぎをふせぐためには、
カステラ用の木枠を使うなど、
少々工夫が必要のようです。

バウムクーヘンは日持ちするので、
夏にもいいかもしれませんが・・・

焼き始めるとオーブンから離れられないので、
作るのは寒い冬の方がいい、と思います。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-07-26 04:45 | お菓子 | Comments(0)

ヤンキーなガレット

イチローがニューヨーク・ヤンキースに移籍ですと??
しかも移籍発表後すぐにマリナーズ戦に出場ですと??

いや~
スポーツに疎いさすがの私でも、今朝のニュースには驚かされました。

さて、昨日の続きです。

b0238306_18114227.jpgベトナムのナッツ砕き器を
どうすればうまく使えるかと、
ガリガリとやり続けて、
気がつけば結構な量の砕けたアーモンド。

見てのとおり、かなりの割合で
「アーモンド・プードル」に。
油が浮く前に早速使わなくては。














b0238306_18182996.jpgというわけで「ガレット」にしました。

これはガレット・ブルトンヌ(ブルターニュ地方のガレット)とは
お化粧も衣装もかなり違います。

エアコンもショックフリーザーもないおだいどこで、
バターの多い生地を伸ばして抜いて、
さらに残り生地を集めてのばして・・・・
なんてことはやってられません。

天板に並べたセルクルに生地をちぎり入れ、
上からグイっと押さえて成型終わり。
ドリュール(照り卵)も模様もなし。

粗めのアーモンドプードルとカソナードで
ザックザクのガレット。

アメリカンクッキーのような無骨さで
さしずめ「ガレット・ニューヨーク」??
   ・・・アーモンドはカリフォルニア産だけど(^艸^)
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-07-25 02:11 | お菓子 | Comments(0)

ベトナムな雑貨たち

先日のベトナム料理教室の帰りに、
近鉄奈良駅近くにあるベトナム雑貨のお店に寄り道。

この店の方が現地仕入れに行かれる時に
先生のお勧め品をいくつか紹介しておいたそうです。

その中で私も欲しかったものが2つ。
左上のナッツグラインダー(?)と、波刃野菜切り。

b0238306_1253925.jpgステンレスの小皿は味見用や
少量の計量用によろしいかと購入。

後ろの扇子はお店のおまけ。
ちゃんと閉じないーー;









b0238306_145529.jpgこちらのボウルは、
以前別のアジアンショップで購入した
インドのカレー用の器で、
計量ボウルとして使っているもの。

重ねてみたら1mmとたがわず同じサイズ(◎◎!)
ベトナムとインドの夢のコラボで、
ステンレスの重ね鉢ができちゃったわ(^艸^)














そして早速、ナッツ砕き器の性能チェック。

b0238306_1523873.jpg

















う~ん、
ピーナツはきれいに砕けてたんだけど、
一番使いたかったアーモンドにはちょっと無理みたい。
やっぱりピーナツ用なのかな。



b0238306_25694.jpgあまり知られていませんが、
ベトナムは漆器も有名です。
ベトナムの漆器はとにかく鮮やか。












b0238306_22286.jpgでも私がベトナムで買ってきたのは、外が黒、中が赤。
そう、一番日本人が親しんでいるツートンです。
        ・・・って、白黒で分かりませんね。

このときは一眼レフには白黒フィルムを入れ、
カラー写真はデジカメで撮り分けてました。


お箸の刺さる部分が気に入って2つ購入。
一つ800円ぐらいだったかな。
値切ったけどこれだけは負けてくれなかったーー;

b0238306_294145.jpgミニチュア好きなので、
ミニチュアのバッチャン焼きセットも。




そして、そして・・・




b0238306_216469.jpg今や日本の100均で山積みで売ってる
バッチャン焼きのコーヒーカップ。
現地で買っても数百円は出したぞ~!

でも、もう来客用には使えませんから~(ーー;)







ン十年前、現地の古道具屋でただ同然で購入したモノが
驚くような値段だった~!!!

なんて鑑定団的な話、私には起こり得ませんね、一生。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-07-24 02:48 | 雑貨 | Comments(2)

実山椒

野菜庫を開けるたび気になっていた、
この日買った山椒の実。
あれから一月半、やっと処理できました。

洗って一度茹でこぼし、実から小さな枝を取り除く。

まぁ、この作業が一番大変。
2時間ぐらいかかったと思う。

そしてもう一度茹でこぼしてから、
今度は柔らかくなるまで茹でる。

やっとここまでが下処理。

b0238306_23565855.jpg




















たった100円の山椒に、どんだけの労力使うねん・・・

b0238306_23581789.jpg




















10gずつをラップに包んで冷凍。
お魚を煮る時などに、ボチボチ使います。

そして早速「ちりめん山椒」に。
b0238306_002747.jpg




















何もかもが相変らずのテキトーですが、
一応食べられるものになりました。

あ~疲れた。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-07-23 00:10 | 料理 | Comments(0)

ベトナム料理教室「Contents」

奈良からの帰り、女性専用車両に
「え?オッサンが乗ってる~??」
と思わせるくしゃみが響き渡りました。

しゅ、淑女の皆さん
「人の振り見て我振り直せ」です。

さて、

今月も「Contents」さんに行ってきました。
暑くても食の進む夏メニューです。

b0238306_21111161.jpg今月は大皿料理で、
取り分けながら頂きます。





☆肉団子のつけ麺

☆海老の揚げワンタン

☆ベトナム風焼き茄子サラダ

☆とうもろこしのスープ







b0238306_2113593.jpg


































地味な焼きナスも、こうすればおもてなしの一品に。
焼きナスを上手に作る裏技も教えていただきました(^^)v

白い麺は素麺のように見えますが、「ブン」という米粉の細麺。
後ろに見えるのはサラダではなくて、麺と一緒に食べるハーブ類。

b0238306_21192384.jpg












漬け汁は甘酸っぱく、大根なますも入れて食べます。
そして肉団子も一緒に。
食欲のない暑い時でも食べやすいお味です。

b0238306_2135462.jpgそしてデザートは「五目チェー」

ずらりと並んで
ベトナムのチェー屋さんのよう(^v^)

これも取り分けて頂きます。











b0238306_21385329.jpg次々に具材を入れて、
ココナッツミルクを注ぎ、
クラッシュアイスを入れて、
コンデンスミルクをかけ、
ぜ~んぶをかき混ぜて頂きます。

何が出てくるか分からないところが、
ちょっとそそられるでしょ??

ベトナムの道沿いにある屋台で
色とりどりの具材が並んでる写真を撮ったぞ、
と思って探してみたら・・・

・・・タイへ行った時の写真でした。
やっぱり混同してるーー;






b0238306_2144770.jpgどの国へ行っても、
市場やスーパーをめぐるが一番楽しい。

2002年に訪れたベトナムでも、
こんなジモティーな市場を見つけては
入ってうろうろしてました。
勿論何も買いませんでしたが。

今なら欲しいものがいっぱいあるだろうな・・・。


ベトナム料理教室「Contents」→ 
ブログ「ららら Contents」 → 
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-07-22 00:03 | 料理 | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。