<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

煉瓦作り

久しぶりに、まだ明るさの残る時間に退勤でき、
梅の花があちこちで咲いているのが目に入りました。

今日、標準木の梅が開花したそうですが、
例年より17日も遅かったとか。
つくづく、今年は寒かったんですね。

さて、

最近ほとんど触れていませんでしたが、
ドールハウスは超超スローペースで作り続けてます。

今作っているのはカントリーキッチン。
漆喰の壁に、煉瓦を部分使いしたいと思ってるのですが・・・

「そういう部分使いって、すごく日本的で、
実際のカントリーキッチンにははいんだよね」

・・・と先生に言われてしまいました(ーー;)

でも、めげずに煉瓦作成中。

b0238306_32068.jpg前回の煉瓦畳とは違う作り方です。

スチレンペーパー(多分食品の発砲トレーと同じ素材)
ボールペンで煉瓦の目地をつけ、
角を落としたりしながら表情をつけていきます。

b0238306_372160.jpg絵心がないので
なかなかうまくいかない色付け。

色付けして、艶消しニスを塗ったら・・・

b0238306_310518.jpg壁補修材を擦り込みます。

b0238306_3104271.jpgで、こんな感じ。

2度作りましたが納得いかず、3度目を作るべく材料を調達。

「塗装はきりがないから、適当なところでもういいって思わないと」
と言われましたが、まさにその通り(ーー;)

3度目の正直できりをつけよう・・・・。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-02-28 03:23 | ミニチュア | Comments(0)

咲いた、咲いた。

お正月以来暖房を入れていない寒いリビングの窓辺で、
水耕栽培でたくましく咲きました、ミラクルリーフ。

20度を下るところでは花をつけにくいそうですが、
東の窓辺で、朝のうちに光を浴びているおかげでしょうか。

b0238306_385437.jpg

つぼみをつけ始めたころは、
「これつぼみなのかな~」というぐらいの小さな点でした。

2週間ほど経って少し大きくなってきました。

b0238306_3114371.jpg

後ろにまだ点のような小さなつぼみが見えるでしょうか。
うまく育てば10センチ以上の花になります。

寒くて葉っぱが赤くなっているのがかわいそうですが、
もうちょっとの辛抱ね!
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-02-26 03:17 | 花・植物 | Comments(0)

ハーブとオートミールの水玉石鹸

今月の石鹸は、ヘナシャンプー尿素石鹸も二層で作りました。
少々面倒なので、普段はしませんが、今月最後に作った石鹸も二層。
尿素入り石鹸の「猫の生地」の残りを団子にして置いてあったので。

b0238306_1028363.jpg

和漢の生薬を使うことが多いのですが、
今回は西洋のハーブ類と、
とっぷり賞味期限の切れたオートミール。

オートミールは角質を落とし、潤いを与えてくれる
・・・そうですが、
本当に効果があるかどうかはわかりません(ーvー)ゞ

b0238306_10314533.jpg

ヒースという可愛いピンクのハーブを散らしてみましたが、
予想通りの変色です。

ハーブとオートミールの水玉石鹸の成分はMoreへ

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-02-24 10:41 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

モヘアの花

立春も過ぎて旧暦の新年も明けて、暦の上ではすっかり春。
冬物の記事はさっさとアップしておかなくちゃね。

b0238306_313239.jpg

少々?? ・・・かなりくたびれて、
部屋着にしていたセーターにつけようと思って、
グリーン系の100均のモヘアで、大中小の花づくり。

最初は縫い付けるつもりだったのですが、
洗濯するとき邪魔だし・・・
というわけで、ぶら下げタイプに。

b0238306_3172147.jpg

少しずつお花の色味を変えているがわかるでしょうか。
・・・無駄な努力かも。

それよりセーターの毛玉処理を優先すべきだったわねーー;
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-02-22 03:23 | 手作り雑貨 | Comments(0)

マリベルのチョコレート

小島隆雄先生のドールハウス教室は月に一度、10時~16時。
昼休みに錦市場や付近をウロウロしますが、
いつもどこに行こうと調べているわけではありません。

先日もうろうろしていた時、色味を抑えた京都の街角に、
突然ブルーの看板が目に入ってきました。

あ!ここ、NYのショコラティエールがオープンしたMarieBelleだ!

オープンしたニュースは知っていましたが、
わざわざそれだけのために出かける私ではありません。

こんな近くにあったとは(ーvー;)
さっそく中に入ってお買いもの。

b0238306_326269.jpgと言っても、NYセレブの御用達のお店、
ボンボン二つで1260円というレベルです。

ハレの日でもないのにそんなものを口にしたら、
貧乏人の口はハレてしまいます。

精いっぱい頑張って、
グラム売りのチョコレートを2種ゲット。

100gずつあわせて200gで2730円

b0238306_3305251.jpgホワイトチョコレートのほうはピスタチオ入り。
ミルクチョコレートのほうはクラッシュアーモンドと
中にはキャラメル風味のチョコレートがサンド。

美味です。
特にキャラメル風味のほう。

京都らしい町屋の入り口の路地を通ってお店に入ると
中は洗練されたブルーの装飾です。

お客さんのお会計を聞いていても、
皆さん軽~くイチマンエンは越えてました。

ちょくちょく行ける店ではないけど、
是非ハレの日には、ショーケースのボンボンを
「こっからここまで!」

・・・・って、できるわけないか(ーー;)
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-02-20 03:46 | お菓子 | Comments(0)

ヘナ&ガスールシャンプーバー

去年3月に作ったヘナ入りシャンプーバーが、
最後の一つとなりました。

なくなる前に次のを作っておかなければ・・・
というわけで、今年もヘナとガスールでシャンプーバー。

b0238306_474740.jpg今回は、ヘナの層とガスールの層を別々に。

ガスールは水に溶いただけで
シャンプーにもリンスにもなるという粘土。

でも、そのままは使ったことがありません。
ヘナに混ぜてカラーパックに使ったことはあるけど。

髪には椿オイル・・・と思いがちですが、
ホホバオイルのほうが断然なじみがよいです。
椿オイルは親水性があまり良くないような気がします。

でも・・・
今回スーパーファット(潤い用オイル)を入れ忘れて、ショック(><;)
元々潤いは残して作ってるから大丈夫なんだけど。

いつもは作った石鹸の半分は人にもらわれてゆくけど、
石鹸シャンプーをする人はあまりいないので、
シャンプーバーはまた一年かけて一人で使います。

成分はMOREへ

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-02-18 04:23 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

バナナのカップケーキ

皮が茶色くなっちゃったバナナで
この日のカップケーキのリベンジ。

今回はちゃんと顔ありクマちゃんになりました。

ちゃ~んとオイルをしっかり塗ったからね。

b0238306_342444.jpg

でも・・・・

オイルをしっかり塗らないといけないシリコンモールドって、ど~よ?!

これで心置きなく石鹸用モールドにできるわ。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-02-16 03:16 | お菓子 | Comments(0)

続・100均のシリコンモールド

まだあります、100均のシリコンモールド。

b0238306_2291778.jpg去年買ったこんなやつとか、

b0238306_2293782.jpg最近買った、こんなやつとか・・・。



さすがにこれらは石鹸用のつもりではなく、
パート・ド・フリュイ(ハードゼリー)や
ギモーヴ(マシュマロ)に使えるかと思って。

でもチョコレートモールドとして売られているので、
とりあえずチョコレートに使ってみよう!

といっても、このふにゃふにゃのモールドで
ボンボン・ムーレを作ることは不可能。


b0238306_2343184.jpgというわけで、
ロッシェを固めるのに使ってみました。

中身は
アーモンド、胡桃、カシューナッツ
そして、残り物のシュトロイゼル。

シュトロイゼル=小麦粉、アーモンドプードル、
砂糖、バターが同量のサクサク生地


b0238306_2375226.jpgシュトロイゼルの残り生地は
荒い網を通してバラバラにしてから
冷凍保存しておきます。

アントルメの底生地に使う場合は
それを型の中に敷きこんで焼きますが、
今回はバラバラのまま焼いて、
チョコレートに投入。

b0238306_2425444.jpg案の定、シリコンモールドでは
つやつやのチョコレートはできません。
気泡抜きもうまくできません。

バレンタイン用にするには
あまりにもお粗末な出来なので、
私のお腹に収まります。
味はおいしいよ(^^)v

このモールドは、氷を作るのが
一番かわいいかも(ーvー)ゞ






おまけの一枚。

b0238306_2543664.jpg100均でこんなものも買ってみました。
菜箸を挿して使うという代物。

見た目は可愛くて面白いけど、
使ってみたら・・・

ふにゃふにゃ過ぎて頼りなくて、
あまりお勧めではありません。

ご参考までに。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-02-14 03:17 | お菓子 | Comments(2)

夏絣のジャンバースカート

久しぶりに仕上げた洋服。
・・・って、仕上げたのは一か月ほど前なんですが。

これもただで頂いた着物を、ジャンバースカートにリフォーム。

b0238306_291896.jpg

仮縫いをしたのが、2010年となっていて・・・
補正した部分も、なんで補正してあるのかわからなくなってるし。

いろいろ間違って、だましだまし何とか仕上げた感じ。
本当はもっとハイウエストだったはずなんだけどーー;

b0238306_2142594.jpg着物のリフォームはなるべくカジュアルに。
今回はステッチとボタンがポイント。

たまたまウチにあった貝ボタンが
ステッチの色にマッチ(^^)v
形のバラバラ感も、カジュアルポイント。

でもこれ・・・・

夏用の絣(かすり)なので、
まだ着ることはできません(ーvー)ゞ
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-02-12 02:33 | 洋裁・編み物 | Comments(2)

尿素入りうるおい石鹸

冬になると、乾燥で肌がかゆくなります。
お風呂から上がる前に、お風呂場でオイルを擦り込むのですが、
それでもかゆいときはかゆいのです。

薬が効くのも、最初の3日。
それを過ぎると、皮膚が薬に慣れてしまって効かなくなります。

オイルも油(オリーブオイル)から脂(馬油)に変えて
しばらくは効いていたのですが、
やはり肌が慣れてしまうと、おんなじです。

それが今年は、オイルも使わず、
病院で処方されたビタミンA入りのクリームで治まっています。

ということもあって、本当ならもっと早く作るべき冬用石鹸、
年が明けてやっと作りました。

b0238306_222055.jpg化け猫・・・ぢゃないよ、
三毛猫入りです(^^)

b0238306_2245340.jpg
普段は実用第一で、かわいい石鹸って作らないけど、
今回はちょっと色気を出してみました。

b0238306_2282434.jpg残りはヘソ付ハート石鹸。
ハート型は勿論、例の100均シリコンモールドで。

冬向きに尿素入り。
オーバーファット(最後に足す潤い用オイル)には
ホホバオイル、ローズヒップオイル、
そして使わなくなって酸化臭が出始めた馬油も。

三毛猫の茶色い毛はチョコレート。
チョコレートも潤い成分です。

トレハロースとホホバオイルは、
ほぼどの石鹸にも入れます。
オーバーファットに使うオイルとしては、
ホホバが一番肌になじみます。

三毛猫石鹸の成分はMoreへ

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-02-10 02:57 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(2)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。