<   2013年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

喉が枯れた2日間?!

b0238306_17561442.jpgいや~、話が止まりませんでした。
久しぶりに会ったとは思えない。
というか、久しぶりすぎて…。

事の始まりは3月上旬、
私の石鹸をいつも使ってくれるはな
「石鹸取りに来る?」と送ったメール。
「29.30日ならOK」と即答。
その後M子を誘ってみたらOKの即答。

二人とも平日の29日に旦那さんが休みだったのです。
偶然とタイミングの産物。

一日目は新大阪駅の新幹線改札で落ち合い、
地下鉄一日乗車券を買って、
心斎橋、道頓堀、本町、新世界…
と、典型的な写真スポットを抑えながら大阪ぐるぐる。

女が揃って、誰も『靴だ服だ…』って目を向けないね~
…ってEちゃんのご指摘、鋭いヾ(ーvー)
ザ・大阪という眺め。昔は近づきたくなかった通天閣は、この一年で2回目

b0238306_1921072.jpg梅田に立ち並ぶデパートより、「本町の卸街に行きたい!」
と言っていたはなは、激安半襟に感激してたし。

「観光」じゃなくてこういうところが好きなら、
時間はいくらあっても足りないね~。

帰りに梅田券売機前で、金髪の男の子に声をかけ、
一日乗車券をあげようとすると、
切符を買おうと握っていたお金を私に渡そうとします。
断っても「申し訳ないですから…」ととうとう押し切られ…

一日乗車券を使った後はいつも若者にあげますが、
お金をもらったの初めて。 いや~、ええ若者や。

夜は我が家でデパ地下グルメ(酒なし)宴会。
そりゃ~話題は昔のままってわけはないですが、
話し方やノリは変わってないなぁ~。

戎橋から見る心斎橋筋。観光客がよく撮ってるので、初めて撮ってみたよ。
平日でもこんな感じ。平日は日本人より外国人のほうが多いと感じるほど。


b0238306_17563186.jpg前日夜遅くまでしゃべり続けたので、朝はゆっくり。
昼前に神戸から向かいました。

異人館~中華街、途中話題のお店に立ち寄りながら
ぶらぶら街歩き。

歩きながらも、食事中も話は止まりません。
二日間で歩いた距離も大概ですが、
しゃべった量のほうがもっとです(ーvー)ゞ

お天気に恵まれた2日間、満喫しました。
これをきっかけに、また時々集まれたらいいな。

うなぎパイに、クラブハリエのバームクーヘン、
チョコレートに、ルピシアのお茶に、精油いろいろ、
たっくさんのお土産ありがとう~!!

みなさん、あたくしが一人暮らしだってわかってる?
これ以上太らせてどうしようっての??


神戸異人館風見鶏の館
異人館は共通券もあるけど、基本的に一軒ずつ入館料が必要です。

[PR]
by odaidoco-labo | 2013-03-31 19:56 | おでかけ・イベント | Comments(2)

朋遠方より来る。

b0238306_2292644.jpgふと以前の写真ホルダーを開いて見つけた写真。

2001年5月
被写体を求めて出かけたポートアイランド。

この日少し早い誕生日のプレゼントとしてもらった
ぬいぐるみのHUGGY。

この時から私も12年年を取ったというわけです。
ホント12年、一回りなんてあっという間。

でも、20年も30年もあっという間です。

明日、浜松の高校時代の友人4人で
集まることになっているのです。

b0238306_229388.jpg私にとって高校の3年間しか過ごさなかった浜松は
親戚もいない縁もゆかりもなかった土地。

でも、こゆいこゆい青春時代でした。

昨日のことのようですが、
もう、恐ろしいほどの年月が流れてしまいました。

実は去年の10月に集まる日も決まっていたのに、
私の母が倒れ、
久しぶりに連絡を取った一人のお母様が
「先週亡くなった」と

暖かくなったら、もう一度計画しよう!
と言っている間にもまた別の友人のお母様が他界。
私の母も再入院。

b0238306_2315660.jpgそれほど年を取ってしまったわけです。

でもでも、無事に明日大阪で集合することになったのです。

はなは大学が京都だったし、
卒業後も一番よく遊んだ腐れ縁ヾ(ーvー)
去年のしまなみ海道も一緒に爆走しました。

Eちゃんは吹奏楽部の仲間。
滋賀の短大を卒業してすぐ滋賀で結婚。
二人目の子供が生まれたての頃に一度お宅に寄ったきり、
20数年ぶり。

M子も吹奏楽部で同じフルートパート。
卒業後すぐの定期演奏会で会ったきりかな…
だとしたら、20数年どころかもう30年近く会ってない(◎◎!)

b0238306_2593538.jpgよく「年賀状のやり取りだけの間柄は意味がない」
という人もいます。

確かにそう言える相手もあるかもしれないけど、
それ以前の付き合いがどうだったかですよね。

時を経てこうして集まれる日が来るのですから。

それにしても、相応に年を食ったこの面を
20年ぶり、30年ぶりの友にさらす恐怖。
いや、面だけじゃなく、たっぷり肉をつけたBodyも!

ま、お互い様か…
お互い様であることを祈る…

さてさて、旧友と集まって何をするか未定。

b0238306_358467.jpg目的は「会うこと」だから。

大阪で集まることが決まってから、
論語の一文
「朋遠方より来たる有り、亦楽しからずや」
が頭を巡っています。

朋は同じ教えを研究、学習する人。

当時同じ学び舎にいた朋の
それぞれの今の人生を知るのも楽しみ。

b0238306_359182.jpg12歳になったHuggyは私の部屋で
変らず小さな椅子に座っています。

ちょっと埃っぽくなった以外は変らず。

お風呂にでも入れてやろうかな。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-03-28 04:03 | 徒然 | Comments(2)

麻紐バッグとクリスマスローズ

先日、珍しく夜10時過ぎに眠気が襲ってきました。

すでにおふろにも入った後だし、
すぐにするべき仕事もありません。

普段こんな時刻に寝られることはないので、
こんなチャンスはないと思い、すぐにベッドに。

案の定、浅い夢を見た後目が覚め、
30分ほどで眠気はどこかに行きました。

さて、やっぱりここからが私の時間か・・・。

春休みの間は、いつも家で仕事をしているこの時間に
何でも好きなことができる幸せ。

春休みになったら、作りたいものが一杯頭にあったけど、
ありすぎて何をしたらいいやら・・・

で、突如持ち出した麻紐。
眠くなるまでの時間でできそうなものを作ってみました。

あ、もちろん何の参考もなく適当だから、
作り方の質問とかはしないでね!

b0238306_3333172.jpg

ちょうどいいサイズのプラスチックケースがあったので、
水を入れて、玄関先で咲いているクリスマスローズを。

b0238306_3401926.jpg

よく見ると、ちゃんと咲いているのは左の一輪だけ。
右上は終わりかけ、右下は完全に花が終わっています。

先日も書いたとおり、クリスマスローズの花と思われているのはガク。
花芯の周りにある黄色いのが本当の花弁。

このピンクのガクはだんだん色が抜けて黄緑色になり、
去年は初夏のころまでずっとありました。

クリスマスローズは
〇花(本当は花じゃないけど)が散らない、
〇ガク(学)が落ちない、
〇5弁で見た目が5角(合格)
〇咲く時期が日本の受験の頃(原種はクリスマスの頃)
などの理由で、日本では受験生のお守りとなっているそうです。

でも、毒草なんですよ ヾ(◎◎!)
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-03-25 04:01 | 手作り雑貨 | Comments(1)

お勧めおやつ

クローゼットの整理をしようと思って、
衣装ケースをたくさん注文しました。

この日にするぞ、と早めに注文したのに、届いたのが1週間後で、
それ以降はできる日が取れずにずるずる。

やっと時間が取れるぞ、と思った朝に
友人(いい年して京大の研究生・・・学割まで使える(◎◎!)から電話。

「今から大学行くから、帰りに寄る・・かも」
「早く決めないと、今から家ん中ひっくり返すよ!」
「状況次第だから、大学に着いてから電話するわ」

・・・30分後
「1時間で仕事片付きそうだから、行くわ」
かくしてその日も取り掛かれず。

b0238306_2131068.jpg予定通り現れた友人の手にあったのは、これ。
阿闍梨餅(あじゃりもち)。

お持たせで出したら、
「これ、大好きだから、自分の分も買ってるし、いいよ」

材料は、もち米、小豆、砂糖といたってシンプルながら
とってもおいしい。

おすすめの京土産です(^^)y


b0238306_2274550.jpgお持たせを食べなかった友人には
こちらのかりんとうをお茶菓子に。

スーパーで売ってる一袋100円の
三幸製菓の商品。

先日京都で買ったかりんとうより
ずっとおいしくて、リピート。

お勧めです。


その後、無事クローゼットの整理は終わりました。
毎日冬物をじゃんじゃか洗濯中。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-03-23 02:52 | お菓子 | Comments(0)

春色アントルメ

職場仲間で、ちょくちょくホームパーティーをします。
大体、前期が終了した9月、年度が終了した3月に、
その期のチームメンバーを中心に。

今回は持ち寄りを示し合わせていたわけではありませんが、
半分は期待されてるので、私はひっさびさにアントルメを作りました。
この日残った卵白で作っておいたダコワーズ生地で。
(ダコワーズ=卵白とアーモンドプードルで作る生地)

やっぱりこの季節は、イチゴです。

b0238306_1362142.jpg

上からイチゴのジュレ、
イチゴのムース、
ブラックチョコレートのクレムー。

ジュレはムースに使うピューレを作る際、
イチゴに砂糖をかけた時に出てくる「一番汁」を取って作りました。

クレムーはアングレースソースを使うので、
またここで卵白が余ってしまうーー;

・・・・ってのが嫌だったので、
ムースはイタリアンメレンゲ入りにしました。

「わ~売り物のケーキみたい」
・・・って、皆さん言ってくれるんですけどね・・・

b0238306_1435824.jpg

ムースにこんなに気泡が入ってたら、
売り物にはなりませんからーー;
(恥ずかしいので、写真小さめ)

コルドンの実習時には、
温めたパレットナイフで、左官作業をしたものです。

成長してない・・・。

でも「おいしい」ってぺろりと食べで頂けたので、
ま、いいか。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-03-21 02:04 | お菓子 | Comments(0)

ほうじ茶と緑茶の石鹸

白ワインで緑茶石鹸を作った翌日、
赤ワインでほうじ茶石鹸を作ってみました。

b0238306_2192881.jpg

真っ茶色(◎◎!)

これは、元の生地の色もあるけど、
「マリンファンゴ」という粘土の(入れ過ぎの)せい。
白いタオルに使ったら、シミがつくかも。
(ボディブラシ派なので、問題ないけど)

中心のお星さんは、前回の緑茶石鹸を
星形に固めておいたもの。

使ったのはこれ↓

b0238306_2113347.jpg

100均のシリコンモールド。

お菓子用に買ってきたけど、石鹸にも使いたい・・・。
後日色違いを買って来て石鹸専用にしました。

六角形は牛乳パックで。
最近の石鹸作り、実用一辺倒からちょっと色気づいてます。

ほうじ茶石鹸の成分はMoreへ。

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-03-19 21:28 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

もぎとりセールと二十四節記

最初は私の聞き間違いかと思ったけど・・・・
今日乗った阪急電車の車掌さん、「長岡天神」が言えない。

     「ながおきゃてんじん」

と繰り返しのたまっていました。

「ながおきゃ天神、ながおきゃ天神。
 ながおきゃ天神を出ますと、次はかつらに止まります」

え?、桂は「きゃつら」じゃないの????



さて、

冬が戻った木曜、金曜とはうって変わってうららかだった土曜日、
一年ぶりにもぎとりセールに行ってきました。

去年よりさらにさらにさびしくなってました。

b0238306_1181777.jpg

b0238306_1194421.jpg

山の中で迷って、行き着くまでにずいぶん時間を使ってしまったけど、
会場には30分もいなかったかなーー;

すぐに山を下り、次は二十四節記へ。
半年前と同じような写真を載せてもナンですので、
今日は頑張ってスケッチしてきました!!

b0238306_1401383.jpg

ンなわけないですね、絵心ゼロの私が。
フォトショップさまさま。

b0238306_1462944.jpgランチのラストオーダー滑り込みで、
窯焼きピザを食べました。

直径30センチの一枚が、一人前。

注文前に「食べきれますか?」
と一応確認したら、
「皆さん召し上がってますよ」と。

薄めのもっちり生地で具もシンプル。
なかなかおいしいです。

最後はちょっと苦しかったけど、
何でも「完食」するのが特技ですので、
ドギーバッグはもらわずに済みました。

このお店「CONTE」には
ゴボウなどのちょっと変わったケーキもあります。


b0238306_1475377.jpg







このクリスマスローズは敷地内のものかな。
葉がほとんどない小さな株に
たくさんの花がついていました。

ウチのは冬の間にバッサリ切ったけど、
やっぱり花より葉のほうが元気ですヾ(ーー)
それでも去年よりはたくさん花がついています。

花だと思って見ていたクリスマスローズ、
実はガクなんですね。
今年は丹念に観察してみようっと。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-03-18 02:33 | おでかけ・イベント | Comments(3)

京都(いやしんぼ)散策

先日のドールハウスの個展のギャラリーは、
二条「こ豆や」という、蔵を改装したお店の中。
そのままそこで昼食をとることにしました。

内容も見ずに、ランチ(980円也)を注文。
で、現れたのがこれ。

b0238306_0422847.jpg

第一印象は・・・す、少な!

湯葉とおからの小鉢尽くしで、初めて食べるものばかり。
引き上げ湯葉、おからの酢の物、おからのサラダ・・・

湯葉ご飯の中の湯葉がなくなったら、湯葉の佃煮を入れて
お吸い物をかけてお茶漬け風に頂きます。

お腹いっぱいにはならなかったけど、どれも上品で、美味でした。

そしてDari Kでアイスを食べた後は、ひたすら三条通を東へぶ~らぶら。
気になったお店にちょくちょく寄り道。

その一つ、ずらりと並ぶ和紙の袋に惹かれてお店の中に。

b0238306_15476.jpg

かりんとう屋さんでした。

b0238306_163885.jpg

ゆずこしょう味と、野菜味を買いました。
この量で一袋420円とかなりお高い(><;)

京都は近年カフェが増えて、あっちを見てもこっちを見てもカフェ。
そろそろお茶にしようか・・・せっかくだから趣のあるお店で、
と思ったころにはすでに人の多い河原町通りまで来てしまっていました。

で、適当に入ったのが「茶乃逢(さのあ)」という緑茶のお店。

そこそこお腹もすき始めていたので、こんなプレートを頼みました。

b0238306_1142656.jpg

最後は苦しかった・・・

久々にル・コルドン・ブルーでの試食を思い出しました。
毎回これぐらいの量の試食があり、
私を含む数人は「完食組」だったのですが・・・。

今回は、翌日の昼まで尾を引き、
職場仲間の集まりでも、お茶しか飲めませんでした。

衰えたものです(ーー;)

いや、衰えて何の問題もないんですけど、
こんな「完食能力」は・・・。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-03-17 01:34 | お菓子 | Comments(0)

Dari K

小島隆雄先生のドールハウス教室でご一緒の
・・・いや、ご一緒というにはおこがましい、
ドールハウス作家として活躍されている
山崎俊江さんの個展に行ってきました。

それはそれはため息モノの作品です。
40枚ほど写真も撮らせていただきましたが
ご本人がいらっしゃらず無許可ですので、
ここには載せられません<(_ _)>

せっかくJR二条まで来たので、行きたい店がありました。
Dari K(ダリ・ケー)
インドネシアのカカオを使ったチョコレートショップです。

b0238306_0532655.jpg

まず食べたかったのが、
カカオニブ(焙煎したカカオを砕いたもの)がたっぷりかかったアイス。
420円也。

b0238306_0571826.jpg

若いオーナーはとても愛想がよく、親切に説明してくれます。
カカオニブになじみがない人には食べにくいかも、と心配があるのか、
食べる前も「苦みがありますので・・・」、食べた後も「苦み大丈夫でしたか?」
香りもよく、とてもマイルドな苦みでした。

そしてお持ち帰りは、4つ入りを。
プレーン、ラムレーズン、プラリネ、オレンジで、
1575円也。

b0238306_171649.jpg

味は素朴ですが、南米やアフリカ産のカカオより、
酸味の立つ香りのような気がします(あくまでも私の感想)。

昔ながらの商店街にある小さなお店ですが、
インドネシアの豆にこだわり、豆の焙煎から自社で行い、
鮮度にこだわるというチョコレートショップ。

TVや雑誌にも取り上げられているみたいで、
結構遠方からのお客さんも多い様子。
「今日はどちらから?」の質問に、
意外と近い地名を答えたので、ちょっとがっかりさせたかな??

それにしても、来る客、来る客みんな男性。
何で????

・・・って思ったら、ホワイトデー当日でした!
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-03-16 01:49 | お菓子 | Comments(0)

緑茶石鹸

ワインを使った石鹸を作ってみよう!
同心円の模様を作ってみよう!

と思って作った緑茶石鹸。

b0238306_22423383.jpg

着色してない生地と、スピルリナで緑色に着色した生地を
漏斗を使って中心一点から交互に流し入れました。

水玉は前回の残り生地で。

横から見ると層がわかります。

b0238306_2246236.jpg

なんだかガサガサした感じがするのは型出しが早すぎたから。
だって・・・・
ポテチの筒、さっさとごみの日に出したかったんだも~んー0ー;

成分はMoreへ。

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-03-13 22:51 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。