<   2013年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

かご・カゴ・籠

先週の日曜日に引きこもって作ったミニチュア、まだあります。

b0238306_2130504.jpg

野菜たち・・・もそうですが、

b0238306_21325337.jpg

5つの籠たち。

一つ一つ丁寧に編みました。

・・・と言いたいところですが・・・

b0238306_21343264.jpg

これは以前、100均で買ったランチョンマット。
ボンドをつけて成型しただけです。

我ながら中々いいアイデアだと思ったのですが・・・

b0238306_21412429.jpg

やっぱり買った竹籠よりかなり見劣りしますーー;

パンはこの時と同じ、「焼き色名人」を使いました。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-06-29 21:53 | ミニチュア | Comments(0)

中崎町へ

友達の知人が、着物リフォームのお店をオープンしたというので、
先週末、中崎町へ出かけてきました。

小さな雑居ビルの一室で、4~5坪ほどの小さなお店。
週二日連休を取って、その日にお店で縫っているそうです。

値段のつけ方がわからないとおっしゃってましたが、
明らかに安すぎる・・・と思えるお値段でした。

でも、生活のかかっている商売ではないので、
「楽しくて、楽しくて・・・」と。


b0238306_1461343.jpg1年ぶりに中崎町界隈をウロウロしましたが、
明らかに店は増えているようでした。

こんな狭い雑居ビルの一室一室が店舗。
これを見て感じるのは「文化祭の模擬店」。

趣味の延長で「えい!」と出店した感じのお店も多く、
商売の稚拙さが見え隠れします。

それがよくもあり悪くもあり、
でも、面白さでもあります。

古い長屋、古い雑居ビル・・・
趣があって楽しいのです。

「倒壊の危険があるから退去して」
って突然言われたりするんじゃない??
なんて話しながらうろうろ。

b0238306_224697.jpg一番多いのがカフェ。

一通り歩いた後に入ったカフェで注文した
自家製リコッタチーズのアイスケーキ。

ドライフルーツやナッツが入っていて、
味は悪くないんだけどね・・・

土台の生地は多分市販のクラッカーを
固めただけのもの。
チーズ生地にもゼラチンなどは入っておらず
凍らせただけ。
食べていると土台生地もチーズ生地も
どんどんバラバラに。

お金を取るなら、もうちょっと手間をかけて・・・
なんて、中崎町で思うのは野暮な話。


売れるものを売っているのではなく、
売りたいものを売っているという感じかな。

だから面白いものも見つかる街です。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-06-28 02:17 | おでかけ・イベント | Comments(0)

情熱の果物

石鹸のワークショップをしたとき、
Eちゃんが持ってきてくれたパッションフルーツです。

b0238306_2151314.jpg

人からもらうことでもない限り、こんなオサレな南国フルーツが
我が家の敷居を跨ぐことはありません。

そろそろしわしわに熟してきたので、食してみることにしました。

b0238306_21544441.jpg

一つずつ食べても、だいたい最後の一つをダメにしてしまう・・・

だから、まだ一つ熟し切らないものもあったけど、
3つ一気に割って、中身をほじくり出し、ジュレにしてみました。

b0238306_21591791.jpg

パッションフルーツのジュレ、紅茶のジュレ、
水切りヨーグルトとパッションフルーツのなんちゃってレアチーズの3層。

何でカップのままの逆さま写真を撮ったかというと・・・

b0238306_221491.jpg真ん中の紅茶の層がロトロト過ぎて、
お皿に出すと原形をとどめなかったから(ーー)ゞ

酸味の強いものって少々苦手なんですが、
でも、これはんまい!

またパッションフルーツを買って来て
作ってみようかと思ったほど。

でも、パッションフルーツが
一体おいくマンエンするのかさえ
知りましぇ~ん ┓(ー。ー)┏
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-06-27 00:03 | お菓子 | Comments(0)

いつものフルーツタルト

b0238306_22554689.jpgフルーツたっぷりのタルトです。

昨日の記事の最後に写ってしまっていましたが、
小さい扱いでかわいそうなので、改めてアップで紹介。

イチゴがくるりと一周。

ブログタイトルにもある、
いつもの私のデコレーションです。

b0238306_22484894.jpgフルーツはイチゴ、パイナップル、キウイ、桜桃、巨峰。

イチゴ以外は以前に作ってあった物を使いました。
残り物ばかりなのに、
私がいつも作るタルトより豪華です。

実は「ナタデココ」も入ってます。

b0238306_22592044.jpgサイズはアップルタルトと同じ。















ナパージュ(水性ニス)、さらに塗りすぎです。
シェフからの減点確実(><;)
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-06-26 00:21 | ミニチュア | Comments(0)

アップルタルト

b0238306_2241999.jpg久しぶりに、アップルタルトを作ってみました。

あ、久しぶりじゃなかった、初めてだったわ。
・・・本物じゃないのは。

ただいま超スローペースで製作中のカントリーキッチン。

箱物のほうがほぼ出来上がってきたので、
そろそろ中身を作らなくてはと、重い腰を揚げ、
日曜日に一日引きこもって取り組みました。

カントリーキッチンと言えば・・・アップルパイ
って単純かしら??

ル・コルドン・ブルーに通っていた時、
実習で作ったメニューを、いつか全て
ミニチュアで作りたいと思っていました。

b0238306_21491582.jpg

コルドンのアップルタルトは皮をむきましたが、
ミニチュアに色がなかったら、何かわからないので・・・。

本物もリンゴの並べ方に苦労しましたが、
ミニチュアはもっとです(><;)
これじゃぁ、シェフのOKはもらえそうにありません。

それから、よく注意を受けたのがナパージュの塗り方。
足りないとか、ムラがあるとか。
今回は注意されないようにたっぷり塗っておきました。

だからって、こんな風に
タルト生地やミントにまでたぷりぬってはいけませんよ~

b0238306_2271665.jpg

タルトにはやっぱり酸味のある紅玉。
それから、生地には平飼いの地卵。

b0238306_2211285.jpg使い込んだタルト皿と麺棒。

b0238306_2212138.jpg使い込んだカッティングボード。




ドールハウスは単なるミニチュアではなく、
生活感も縮小して表現するのです。

そこが一番難しい。

b0238306_22173869.jpg

これでタルトが作れるかも、とずっととっておいたポーション・パック。
やっと日の目を見ました。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-06-25 00:03 | ミニチュア | Comments(0)

自宅石鹸ワークショップ

先週開催した石鹸のワークショップ、
久々に開催となったきっかけは、
私がMさんに差し上げた石鹸をとても気に入ってくださったこと。

「あの石鹸のせいでボディーシャンプーが使えなくなって、
たっかいナチュラル石鹸を買い続ける羽目になってしまってん・・・」

そのたっかい石鹸代をワークショップに回すことになったわけです。

今回の参加者は3人。全員が初対面同士でした。

後からもらったメールのコメントが3人ともおんなじ。
「2人とも話しやすくて楽しかった」

そうなの、私の周りにいる人たちは
みんな楽しい人なのよ(^艸^)

開催の前に1枚パチリ。
リビングに2つ置いてあるテーブルの一つはこの状態でした。

b0238306_2317319.jpg一人2種類ずつ、
合計6種類を作って頂きました。

せっかく6種類もできたので、
皆さんで少しずつ交換。

お豆腐の容器を使って、「男」って型がついてしまってますが、
決して男性用石鹸ではありませんので。

では、皆さんから届いた写真でご紹介。

b0238306_23284297.jpgEちゃんのは見た目も美味しそうな
草団子と芋羊羹・・・

じゃなくて、
ヨモギとレモンタイム&メントール。

ご持参のレモンタイムで出した、
こゆいティーを入れたら、
カレーか芋羊羹か??という色に。

b0238306_23333368.jpgくろまめY子さんは
クレイ&メントールと
豆乳&ヨモギ。

2種のクレイを使って
マーブルにしようとしたけど・・・

あまり出てませんでした。
Y子さん、次回リベンジを<(_ _)>

b0238306_23372164.jpgMさんは
豆乳&クレイと
ウルトラマリン&メントール。

ペパーミントの香りと、
鮮やかな青が夏らしいですね~。

今回、3人ともメントールを使いました。
この季節に気持ちいい石鹸です。

一月後が待ち遠しいですね。

なくなる前に、また作りに来てください。
今回参加できなかった方もね(^^)/~~
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-06-24 00:19 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

ポッポッポ~

雨が降らないと文句を言ったら、この雨続き。
危険な地域も出てきているようです。
皆様もお気を付けくださいませ。

さて、

先日ヒヨドリの記事をアップした時に思い出したものがありました。

b0238306_259444.jpgハトです。

近づきすぎたけど、逃げられなくて、
豆鉄砲くらったような顔してます。

このハトさん、どこにいたかというと・・・

b0238306_30879.jpgごっちゃごちゃのベランダ。

ここは5年前、2か月だけ仮住まいしていた
自宅から100歩のマンションです。

部屋の中にいる私の様子を窺うように、
ハトが何度もベランダに来ていました。

その数日後に発見!。

この荷物の多さに目をつけたようです。

b0238306_305761.jpgちゃんと孵りました。

でも・・・


ハトの赤ちゃんって・・・


意外と・・・

b0238306_312298.jpg可愛くない!!

親鳥の雌雄の区別はつかなかったけど、
私が近づいた時の反応が違ったので、
「あ、さっきと親鳥入れ替わってる」
というのがわかりました。

私がこの子たちを確認したのは
このサイズまで。

部屋を引き払った数日後、
鍵を返しに行く前に
様子を見に行ったときの写真です。

b0238306_321569.jpg

こんなに周りがスカスカじゃぁ、さぞかし心許なかったでしょうね。

カラスに見つからなかったかしら??

雛がシンクロダンスする動画もあったのですが、アップできませんでした~(><)
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-06-21 02:52 | 動物 | Comments(0)

新手の石鹸ホルダー

え~っと、今、梅雨ですよね?
5月に梅雨入りしてまだ1回しか降ってませんけど?

それに、毎日6月とは思えない暑さです。
ほんのひと月前までは、夜はフリースを羽織ってたのに。

さて、

今日は石鹸ホルダーのお話。

b0238306_14415729.jpg家で使っているのは、
以前も紹介したこのタイプ

今はお風呂場で使っています。

b0238306_14502398.jpg今日ご紹介するのは、このくまちゃん石鹸。
壁に直接くっつけてみました。


どうやってくっついているかというと・・・

b0238306_14533590.jpg磁石

先日、いつもの愛用ホルダーの
吸盤を外して掃除していた時、
磁石部分が壁にバチっとくっついてしまいました。

試してみると、お風呂の壁全部に磁石が付きます。
5年も毎日使っていて、初めての発見です(◎◎!)

それならば・・・と、
この愛用ホルダーのアイデアを少々盗んで、
瓶の王冠に強力磁石を忍ばせて石鹸に埋め込み、
壁にくっつけてみました。

ばっちりくっつく!・・・のですが、
そのまま使い続けると、錆が出てしまいます。

b0238306_14592420.jpgそこで先日見つけたペットボトルの超浅型キャップで・・・。

ところが、金属でない分、磁力が弱くなり、
壁を滑り落ちてしまいます。

しょうがないので、
もう一枚強力磁石をキャップの外にも。
(磁石どうしでキャップを挟んでいる状態)

これでばっちり止まりました。

念のため滑り落ちても止まる位置に。


いつも使っているお気に入りの石鹸ホルダーの難点は、吸盤という点。
カビや石鹸かすががたまりやすいし、
掃除のたびにはずしていたら、吸盤もダメになります。
(構造上吸盤は取り替え不可能)

もしこのホルダーがダメになったら、
直接磁石埋め込み法で乗り切るわ!
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-06-18 05:08 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

牛ですよ~、牛!!

先日開催した石鹸ワークショップに、
参加者兼アシスタントとして、高校時代の友人Eちゃんが
前夜から来てくれました。

駅まで迎えに行くと、どんだけ~って大荷物。

荷物の中身は・・・むふふ(^艸^)

b0238306_7575070.jpg牛肉よ、牛肉!
牛肉と言っても、そんじょそこらのではなく、
Eちゃん家で丹精込めて育てられた
近江牛ですわよ~!!

自家製のたれも、切った野菜も
ぜ~んぶ持って来てくれたのです。

b0238306_814525.jpg誕生日だったからって、ちらしずしまで。

ひたすら感動(TT)

お肉も次々焼いてはお皿に載せてくれるので、
前かがみにになれないほど食べてしまいました。


いつもならワークショップ後、ちょっとした軽食をご用意するのですが、
参加される方の中に、お料理の先生がいらっしゃって、
今回はちょっとした・・・ではお恥ずかしいので、
二十四節記」のピザランチにでもご案内しようかと考えていました。

でも、前かがみなれないほど頂いたのに、
お肉さんたち、まだまだいらっしゃいます。

b0238306_814327.jpgというわけで、朝から赤米の入ったご飯を炊いて
(ちなみに、お米、赤米も前回Eちゃんに頂いたもの)
肉巻きおにぎりを準備しました。

あ、私じゃなくて、ほとんどEちゃんがね。

付け合せはベランダのシソぐらいしか
ご用意できなかったけど、
このお肉の存在感で十分です。

前夜にあれほど食べたのに、
まぁ、おいしいこと、おいしいこと(^艸^)

みなさんにも満足いただけたようです(^^)v

b0238306_8241896.jpgさて、私がご用意すべきはデザートだったんですが、
仕事から帰って、Eちゃんを迎えに行くまででできたのは
せいぜいこれだけでしたーー;

おうちにあった野菜ジュースと、
おうちにあったココナッツミルクでジュレを。

生クリームもあったのですが、ムースにする暇もなく、
あわてて作ったので、色が混ざってますーー;

肝心な石鹸は・・・・

参加者さんから写真が届いてからアップします!
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-06-16 08:32 | 料理 | Comments(0)

ひよどり

通勤路で見かけるツバメの巣も、大体空っぽになったようです。

家にはツバメは来たことがありませんが、
昔のデータをあさっていてこんなものを見つけました。

当時職場にあったちゃちなカメラで撮ったもので、
画質はかなり悪いです。ご了承のほどを。

b0238306_7442761.jpg当時、職場の玄関先で、
何やら頻繁にバサバサ
動くものがあると思ったら、
ヒヨドリが鉢植えのカポックに
巣作りをしていました。

人の目の高さに、
よくもまあ堂々と。

たまごを抱え始めたら、
近寄っても逃げません。

「ひよどん」と名付けて毎日観察。

b0238306_801218.jpgしばらくたつと
ぴ~ぴ~とにぎやかに。

親鳥のいないうちに失敬。

b0238306_811638.jpg食欲旺盛な雛たち。

ちょっとした食べ物を手に
玄関先まで出ると、
親鳥が目ざとく
手から直接奪っていきます。

雛のウンチは餌と同じ色。
黒豆甘納豆を食べた後は
かなり紫チックなウンチをしていました。

b0238306_833216.jpgそして数週間。
雛たちは最後の一羽を残し、巣立って行きました。

最後の一羽は取り残されて焦ったのでしょうか、
巣から落ちて命絶えていました。

これが自然。しょうがないですね。
全てが育たないことをDNAが知っていて
弱い動物は多産なんですから。

翌年も楽しみにしていたのですが、
これ以降二度と「ひよどん」は来ませんでした。

チョコレートとかいろいろおいしいものをやったのに・・・
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-06-13 08:11 | 動物 | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。