<   2013年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

鱧(はも)と南瓜(なんきん)

b0238306_2318323.jpg近所のスーパーでこんなの見つけました。
「バターナッツかぼちゃ」

京都産なので、
「バターナッツなんきん」と表示されています。

私も子供の頃は「なんきん」と言っていましたが、
最近は「かぼちゃ」と言うようになってしまいました。

「関東煮(かんとだき)」も
「おでん」と言うようになってしまいました。


後ろに写っているのは「鱧」。
そろそろ季節が終わるので、今年初めて買いました。

正直、私は発砲トレイにのってる鱧は
あまり買う気になれず、今までほとんど買ったことがありません。

子供の頃は市場の魚屋さんで
「骨切りしておいてちょうだい」と頼んでから、
八百屋や豆腐屋で買い物して
最後にもうもう一度魚屋さんに寄って帰るのが常でした。

当時一尾300~400円程度の安い魚。
フライにすると大皿にてんこ盛りあって、
母に言わせると「家計のお助け魚」だったのですが・・・。

鱧だけに「歯も」鋭くて、顔もいかついのですが、
昔板前だった知人が、いまだにゲラゲラ笑って話すことがあります。

3枚におろされて、骨だけになった鱧に
先輩板さんが噛みつかれたことがあったと。


さて、
バターナッツかぼちゃは甘みが強いらしいので、
バターで蒸し焼きにしてみましたが・・・

ん?大して甘くない。

b0238306_23423983.jpg即席グラタンにしてみました。

ん~
今度はスープにしてみます。

先日落としたレンズは今入院中なので、
室内でもズームレンズを使っていますが、
焦点距離が遠く、暗く、手振れもする(TT)
(なので、画像控えめ)

今日退院だったのに、
迎えに行くの忘れちゃった(><;)
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-08-31 13:11 | 料理 | Comments(0)

Fruits Rouges(赤い実たち)

最近立て続けにドライフルーツを買いました。

レーズンはラムダークに
チェリーはチェリーブランデーに
イチジクとクランベリーはラムホワイトに漬け込み
作るか作らないかわからないシュトーレンに備えました。

それぞれの瓶に入りきらなかった半端な子たちは、
全て一緒にしてラムホワイトに漬け込みました。

その半端なドライフルーツと、ちょっとだけ残ってた松の実と、
半端なバターと、半端なアーモンドプードルで作ったケーキ。

b0238306_3265815.jpg

在庫一掃ケーキなので、ある意味ありえないレシピ。
だって粉の40%ぐらいがアーモンドプードルなんだもん。

でもしっとり感とラムの香りで評判Good。

しっとり感は焼き上がりすぐの処理が命よ(^艸^)
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-08-28 03:38 | お菓子 | Comments(0)

ギフトボックスの中身は・・・

b0238306_23553792.jpgようやく完成した
カントリーキッチン。

(タグの「ミニチュア」を押すと
過去の制作過程見られます。)


b0238306_2358478.jpgカントリー=マンマのお菓子作り、
という貧困な発想(ーvー)ゞ

本物のお菓子が頭の中にあるから、
粘土でもイメージしやすいしね。

b0238306_00895.jpgシンク

b0238306_002385.jpgカップボード

b0238306_003812.jpgストーブ

b0238306_013152.jpg作業台

b0238306_015045.jpg本当のおうちはなるべく
すっきりしているほうがいいけど、
ドールハウスは物が多くて
ごちゃごちゃしているほうが
見ていて楽しいのです。

b0238306_02616.jpgそして、俯瞰するより
下から見上げるほうが
中に入り込めるのです。









あら、部屋の天井が、
そのまま天井に見えちゃってるわ。






次は、何度も断念した
「和風ドールハウス」に挑戦中です。

瓦を作らねば(>v<)/
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-08-26 00:47 | ミニチュア | Comments(0)

Gift Box

休み明けの一週間が終わりました。

職場のテーブルの上にはお菓子がどっちゃり。
一時帰国していた学生たちや、
海外旅行に行っていた同僚たちからの物です。

「いいですね~、皆さん海のソトに行って・・・」って言ったら、
「ちゃとびさんも海のソコに行ったじゃないですか~」だって。

あ、関門海峡を歩いたっていう話ね。


b0238306_0472162.jpgさて、

半分は寝て過ごした夏休みですが、
少しは手づくりも進めてました。

トンテンカンテン組み立てた木箱に、
アクリル絵の具でペタペタ色づけ。

微妙にハート形してるの分かります?
絵心がないので、これが限界(><;)

b0238306_0515493.jpgペーパーナプキンを重ね張りして、
ギフトボックスの出来上がり。

意外と時間かかりました。

こんなにカラフルに色が残るとは思わなかったけど
意外とかわいいでしょ?




b0238306_1304466.jpg先日、57.2℃で驚いてた西の窓ですが、
実はその数日後・・・・・

66.8度でした!

何度も言いますが、
この窓は断熱ペアグラスです!

大阪の連続猛暑日が71年ぶりに更新。
その夜から雨が降り、30度に届かない涼しい週末です。

でも、このまま秋にはなってくれないんだな~(´~`;)
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-08-25 01:46 | ミニチュア | Comments(0)

オイルランプ

b0238306_0203944.jpgちょっとクリスマスチックな画像ですが・・・

これはかれこれ40年近く前、
父にプレゼントしたキャンドルスタンド。

でも今日の主役はスタンドじゃなくて、
中に入っている小さな小さなオイルランプ。

門司で見つけて、一つ購入しました。

b0238306_0252415.jpg家に帰ってからちょっと後悔。
「も一つ買えばよかった~(><;)」と。

でも、きっとどこかで出会えるはず!
と思っていたら、すぐに京都で出会えました。

2つ欲しかったのは、こうやってグラスに入れて使いたかったから。

b0238306_031539.jpg

2つあれば、キャンドル代わりにいろいろ使えます(^^)v

b0238306_0365733.jpg

ひとつ399円(^艸^)

オイルは門司で一緒に買った香り付きのオイルを入れています。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-08-23 00:42 | 雑貨 | Comments(0)

ミディ・アプレミディ@東洞院三条下る

「マリベル」を出て、歩いて次に向かったのは、
コルドンのクラスメートNonちゃんが勤める
津田陽子先生のお店「ミディ・アプレミディ」。

Nonちゃんに会うのもほぼ2年ぶりです。
凛々しくてきぱきと働いていました。

b0238306_1413220.jpg私はチェリーのタルト、
K代さんは看板メニューのフロール。

タルトは「手でお召し上がりください」と
フォークもついてきません。
フロールにはフォークがついてきましたが、
「こちらもよろしかったら手で・・・」と。

津田先生のコンセプトはあくまでも
気軽に「おやつ」なんですね。

タルトもタルト型に敷き込んでいないのが特徴。

「先生最近は東京が中心なんでしょ」
「いえ、今日もこちらですよ~」

なんて話していたら、なんとサロンに先生登場。
仕事の打ち合わせか何かだったようです。

b0238306_151967.jpg

今回私は「ガレット」の本を購入。
Nonちゃんに頼んでサインもらおうかな、なんて思ってたら・・・
「この本サイン入ってますから~」ってヾ(>v<;)

お会計を済ませた後、Nonちゃんがお店の外までお見送りしてくれ、
その上こんなお土産まで待たせてくれました。

b0238306_25083.jpg

しっとりおいしいフィグ(いちじく)とポム(リンゴ)の焼き菓子でした。
Nonちゃんありがと~! またお邪魔します。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-08-21 02:21 | お菓子 | Comments(0)

ショコラティエール「マリベル」

お豆腐ランチを終えて次に向かったのは・・・
うなぎの寝床の奥にある「マリベル」

b0238306_15492912.jpg

入った路地(左)を反対から見ると(右)、上の渡り廊下にオブジェが見え・・・
ませんね、この写真では。

b0238306_15495292.jpg

この路地の奥は、水色のニューヨーク。
以前訪れた時にはなかったカフェがオープンしていました。

京都人ながら初めての来店のK代さん。
「うわ~強気な値段やな~」

はい、京都のこの立地だからこそ価値があるお値段。
庶民の味方「天神橋筋商店街」ではこうはいきません。

夏にチョコレートは持って歩けないしね~
と言いながら冷やかしで入ってみましたが、
やっぱり買ってしまいました。

b0238306_1553687.jpg

スパイシーガトーショコラとオランジェットパテ。
この小ささでおひとつ525円(◎◎!)

焼き菓子だけど、手で触るとチョコレートがべったりくっつく。
オランジェットのほうは生地にカカオニブがたくさん入っていました。

お値段だけの価値はあります。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-08-20 00:31 | お菓子 | Comments(0)

京都と言えば・・・

やっぱりお豆腐かしらね~??

先日、コルドンのクラスメートK代さんが予約しておいてくれたお店は、
錦市場入り口にある「そや」というお豆腐のお店。

でもお豆腐を選んだのはは京都だから・・・
じゃなくて、「お腹にたまらない」から。

だって、私たちのメインは昼食じゃなくて、その後ですから(^艸^)

b0238306_0493973.jpg

一年ぶりに会ったので、話が止まらなくて、
料理に関心が行っておりませんでした。

カウンターだけのお店ですが、
夜にはかなり凝った料理が食べられるみたいです。


そして、いつも新しい焼き菓子を研究中のK代さん作の
「低糖質焼き菓子」

b0238306_155783.jpg見た目は何の変哲もありませんが、
ふすまやラカントを使っていて、
糖尿病の人も食べられる焼き菓子。

でもこれ、びっくりするぐらい
んまい!んです!

粉の香り、自然な甘さ、噛みごたえ、
糖尿病じゃなくても頂きますとも~!!

「これ、売れるよ、売ろうよ~!!」

でもね・・・
原価が普通の焼き菓子の5倍ぐらいだから、
「よっぽどのマニアしか買ってくれないよ」って。

次の研究課題のおからも期待してます!
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-08-19 01:28 | 料理 | Comments(0)

1mぽっきりで

洋裁はもう10年以上習っています。
一年に10回行くか行かないかのスローペースで。

他の生徒さんに、私は「凝ったデザインを作る人」
と認識されているそうです(先生談)。

せっかく作るのだから、ここをこうしたい、ああしたい
・・・・と、いつもややこしくなってしまうのです。

スローペース&ややこしいデザイン。
いつまで経っても、製図も縫製も
一人でできるようになりません(><;)

というわけで、最近は「簡単なもの」を
ちゃんと一人で縫おう、を始めました。

b0238306_22244822.jpg

ダーツも何にもない、型紙3枚だけのブラウス。
一応シーチングを縫って、補正もしました。

でも、やっぱりダーツも何もない簡単すぎるものって・・・
ん~、も一度補正決定です(ーー;)

1m399円の切り売りの綿のリバーシブル布を
きっちり使い切りました。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-08-18 00:36 | 洋裁・編み物 | Comments(0)

15年目のガラクタ

五山送り火の今日、
久しぶりにコルドンのクラスメートのK代さんと
京都でランチ&ティー。

でも私は観光客に逆行して、
京都が混む前に大阪に帰ってきました。

夜、同級生Eちゃんからは「妙」
K代さんからは「大」の写メが届きました。

送り火が終われば、京都の夏も終わり
・・・だったんですけどね、昔は。

子供の頃はお盆が過ぎたら、
不思議なほど朝夕が涼しくなったものですが・・・。


さて、

先日浜松から父の普通乗用車に積んで帰ってきたものがあります。

b0238306_23492380.jpg私と同世代の人なら
見覚えのあるフォルムでしょう。










そう、
ちゅ~とはんぱに古いミシン。

b0238306_23514627.jpgもうちょっと古いか、
もうちょっと動くかだったらいいんですけど。

b0238306_23545019.jpgというわけで、恒例の
「ガラクタのつぶやきシリーズ」の
暑中見舞いなりしました。

早、シリーズ15年目です。

ミシンはちょっと使い物にならないけど・・・b0238306_093934.jpg
このミシン台は頑丈で使えます。
ま、台が使いたくて持って帰ってきたんですけどね(>v<)/
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-08-17 00:42 | 雑貨 | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。