<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

チーズケーキ

b0238306_0462023.jpgこれ、焼きながら家の中がえらいことになりました。

というのは・・・

酒粕を使ったチーズケーキだから。
家の中じゅうすごいにおいに。

ちょっと焼きすぎたせいもあるけど。


お菓子を作っていて、
砂糖って本当に大切だな~って感じます。

砂糖はいろんな味の接着剤。

「砂糖もうちょっと入れたほうがいいかな~」
と思いながら作ったら、やっぱり。


ヨーグルトの酸味と、酒粕の甘みが、
もう一歩のところで融合しそこない。

今回は残り物酒粕とゆずピールの切れ端を使い切るための
オリジナルメニューだったけど、
もうちょっと酒粕のスイーツに挑戦してみたくなりました。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-11-29 00:56 | お菓子 | Comments(0)

ゆずピール

急に冬が来て、体がついてこないのは歳のせいだけじゃなく、
寒さ未経験の南方系の学生たちも。

暖房のきいた教室でダウンを着てガタガタ震えるベトナム女子に
「そのジャケット、帰国するときどうするの?」と突っ込むフランス女子。

「これぐらい、まだ大丈夫」と薄着の韓国女子。

生まれ育った環境で毛穴の数が違うから、しょうがないわね。

さて、

運が良ければこの季節、
どこからか柚子を頂くこともあるのですが・・・。

b0238306_1572433.jpg今回は琵琶湖旅行中に直売所で買った柚子で
「ゆずピール」を作ってみました。

透明に煮上がってから、少し水分を飛ばすために
低温のオーブンに入れて・・・

げ!
乾燥させすぎで、ニチャニチャ歯にくっつく(゜Δ゜)艸

コアントロー漬けにしておくことにしました(ーー;)

b0238306_225172.jpgピールの一番外の固い部分は
ゼスターで削って、料理用に冷凍。

果肉(ってほとんどないけど)は
ラ・フランスと一緒にジャムに。

ラフランスの香りが柚子に負けるかと思ったけど、
どちらの香りも残りました。

そろそろ秋冬のジャム作りも終了しなきゃ。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-11-27 02:20 | お菓子 | Comments(0)

琵琶湖爆走記 番外編

「さ、また明日からがんばろ~」って
琵琶湖旅行の終盤に言ってた仲間たち。

あたしゃその晩から・・・また明け方3時まで仕事してました。

その後の一週間は、風邪気味だったせいもあって、
ほとんど記憶にない(><:)

やっと金曜日にめんどうな仕事が片付いて迎えた土曜日、
何度か目は覚めたものの、ベッドから出たのは・・・
夕方4時でした(◎◎!)

最初に目が覚めたのはいつも起きる6時半。
次に目が覚めたのは玄関のチャイム。

宅急便で届いたのは・・・

b0238306_23272914.jpg長浜の吹きガラス体験で作ったグラス。

私は注ぎ口をつけたので・・・・
何に使おう?

b0238306_2328135.jpgこれも長浜で買った
シーグラスの猫ちゃん。

シーグラス、つまり浜辺に
流れ着いたガラス。

土台も流木。

b0238306_23522465.jpg右上のは、麺の湯切りを土台に
作られたライト。

私もガラスや流木、貝を拾って
何かしたいと思っていたので、
このお店はとっても面白かった。

7年かけて集めたシーグラス、
そろそろ底をついてきたので、
また集めに行かなくてはいけない
とおっしゃってました。

b0238306_2328146.jpgイベント会場で購入した、
一匹20円のにゃんこ。

お釣りをもらうのが面倒だったので、
わんこも2匹買って、計100円。

わんこ2匹は恩着せがましく
Hanaにプレゼント(ーvー)

b0238306_23282963.jpgうちのリビングは黒猫がたくさんいるので、
この子たちもバーナーで
黒くなってもらいました。

b0238306_23284376.jpgそして同じくイベント会場でゲットした櫛。

実をつけ始める前の桃の若木で、とても硬く、
つげよりかなりいいお値段。

桃の櫛はそんなに珍しくないみたいだけど、
若木というのが貴重らしいです。

でも、これすごいんです。

買うときの試し解きだけで髪の毛つるつる。
その日一日何度もバレッタがするする落ちる。

もう一つ欲しいけど、もう出会えないだろうな・・・。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-11-25 00:28 | 雑貨 | Comments(4)

琵琶湖爆走記②

b0238306_23212816.jpg翌朝、目が覚めると、
カーテンの隙間から壁に映る
ピンクの光。

今回は狙ったわけではないけど、
夕陽も朝日もばっちり見られました。

b0238306_23214416.jpg朝食を済ませたら、また自転車を借りて、
この日は田舎道を走ります。

目指すは・・・

b0238306_2322648.jpgメタセコイアの並木。

この木は紅葉が遅いとのことで、
まだ青々としていました。

夏は涼しいだろうね~。

b0238306_23222130.jpg近くでやっていたイベントで
木工体験中のhana。

ここで結構時間を使ったので、
2時間の予定で借りた自転車は
30分ほど時間オーバー。

でも、

「ちょっとだからいいですよ」
と、追加料金なし。

湖北のレンタサイクルの人、
いい人ばかり(^v^)v

そして、日本のおへそ「竹生島」へ。
日本三大弁財天の一つだそう。

b0238306_23223815.jpg

小一時間でポイントをお参り。

かわらけは全員鳥居をくぐらなかったけど
日本一のパワースポットで、それなりにご利益あったかな~?

彦根に行くフェリーは時間が合わなかったので、再び長浜へ。
長浜城は外から記念撮影だけ。

b0238306_23225363.jpg

昼食は・・・
のっぺいうどん、焼きサバずし、鴨、赤こんにゃくetc.
近江の名物がつまった定食。

勿論おやつも忘れませんよ~(きんつばです)

b0238306_2323968.jpg

食後は、町をぶらぶら。

b0238306_23232876.jpg

首輪のない黒ネコちゃん。
一緒にいた女の子によると、地域の人たちで面倒を見ているそう。

さすが「黒壁」の町。

b0238306_23234458.jpg

さらに、ぶらぶら、ぶらぶら。

b0238306_2324016.jpg

6時台の新幹線に乗る予定で、夕暮れまで。

でも・・・

長浜のお店、ほとんど5時で閉まっちゃう(><;)

b0238306_23241795.jpg

1日目に、ン十年ぶりに「膝が笑う」感覚を味わいましたが、
筋肉痛は全く起きませんでした。

どうやら、痛む筋肉もなくなってしまったようです。

今回は、2日間だけだったとは思えない、
盛りだくさんの「小旅行」でした。

しかも、私たちには珍しく、そこそこ順調。


4人とは米原で別れ、私はそのまま在来で。

で、

で、

で、

最寄駅まであと一駅
というところで事故でストップ

仕方なく私鉄の駅まで徒歩で移動。

旅行のオチ、そこですか~??
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-11-22 00:29 | おでかけ・イベント | Comments(4)

琵琶湖爆走記①

b0238306_1145797.jpg先週末は高校の同級生5人で
琵琶湖をサイクリングしてきました。

米原駅に9時に集合し、いざスタート。

実は、米原では自転車は4台しか
予約できませんでした。

でも大丈夫!

なぜなら・・・・

b0238306_1152324.jpgこの人がいるから!

次のポイント、長浜までの約8㎞を
荷物を背負って走ります。

しまなみ海道を完走する足の持ち主なので、
これくらいの距離は朝飯前です。

しかも、自転車組が途中で油売ってる間に、
先にさっさと長浜に到着しちゃったし。

b0238306_1154499.jpg長浜はガラスの町。

だから駅の表札もステンドグラス。

b0238306_1155996.jpg

長浜名物の焼きサバ素麺を食べ、黒いソフトクリームを食べ、
吹きガラスを体験し、黒いコロッケも体験し・・・・

b0238306_1161089.jpg3時過ぎ、高月駅を目指して
再スタート。

ここまでは順調
       ・・・珍しく

走り始めてしばらくすると、
日が傾き、夕焼けに。

所々のポイントで、
本気のカメラを持ったカメラマンが
たくさんいました。

私たちもこの夕焼けをゆっくり満喫

b0238306_1162298.jpg・・・している暇はありません。

5時の返却まで、
だんだん余裕がなくなり
最後は本気の爆走。

b0238306_1163489.jpg・・・をするも、道を間違え
間に合わず。
電話をかけて待っててもらうことに。

とっぷり日が暮れて暗くなり、
心配した店のおじさんが
途中まで迎えに来てくれました。

高月からJRに乗って、
宿泊予定のマキノまで。

b0238306_1164524.jpg予定通り7時前にチェックインして、
近くのお店で夕食。

最後の爆走はしまなみの時より
はるかにきつかったわーー;

この日走った距離は30㎞弱。

日頃運動をしない4人のおばさんには
上出来な距離・・・ということにしとこ。

               ・・・つづく
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-11-19 01:49 | おでかけ・イベント | Comments(6)

今度は瓦職人

今年も秋がありませんでしたね。

ひと月前は記録的に暑い10月と言われ、
最近は11月としては記録的な寒さと言われ・・・

先週は上着なしの人もいたのに、
今週は軒並みダウン姿の人たち。

朝起きると室温は11度。
真冬なら「今日は少し暖かい」と思いながらも
暖房は絶対入れている温度です。

が、あまりにも急に寒くなったので、
まだ灯油を仕入れておりません。

家の中でダウンを着ております(--)

やれやれ。


さて、

只今、瓦をちまちま製作中。

今度は「和風ドールハウス」です。

b0238306_642923.jpg

元々短睡眠型の私ですが、最近さらに減って
2時間ぐらいしか睡眠がとれない日もあったりで
へろへろです。

家での仕事が多すぎますーー;

というわけで、これもひと月以上このまま止まった状態。


今週末は高校時代の同級生と琵琶湖をサイクリング。


・・・のために
今晩徹夜で仕事を片付けなければならないかも。

琵琶湖の突風で倒れるかも(ーー;)
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-11-15 06:51 | ミニチュア | Comments(2)

2度目の11月11日

b0238306_3242486.jpg今日はぞろ目の11月11日

・・・ってことは
「おだいどこ・らぼ」の2周年

というわけで、去年同様
長めの物を作った・・・


わけではなく・・・

b0238306_326527.jpgわざわざはっぴ~ばーすで~
のクッキーを焼いた


・・・わけでもなく、

b0238306_328836.jpg
これは同僚へのバースデープレゼント。

「なんかく作ってださいよ~」と言われ、
「いやよ、めんどくさ~い」って答えたものの、
彼女からはこの時バースデープレゼントをもらっていた。
(瓶の上の黒猫さん)

最近いろいろ作っているジャムを一瓶あげよう、
と思ったけど、それだけではしょぼいので・・・

ヘーゼルナッツパウダーと洗双糖で
ザクザクのサブレを焼きました。

「ジャムをすくって、一緒に食べて」
のつもりで、スプーンとフォークの型抜き。

ジャムはりんご(秋映)とレモンで。
紅玉で作ったのより、トマトっぽい色になりました。



3年目に入った「おだいどこ・らぼ」を
これからもどうぞごひいきに<(_ _)>

[PR]
by odaidoco-labo | 2013-11-11 03:49 | お菓子 | Comments(0)

今度は人参で

b0238306_11221189.jpg果物がたくさん出回るこの季節は
毎年ジャムをたくさん作ります。

TVを見ていると「ブロッコリーのジャム」
が紹介されていました。

そうだ、野菜もジャムになる。

と思って早速、ニンジンで。
一番癖がなさそうだし。

瓶に入っているのはゴミじゃないよ(><)/

b0238306_11251395.jpgベランダのローズマリーと
粒胡椒で香りづけ。

料理にも使いやすいジャムにしました。

だから、今回の副産物は・・・

b0238306_11263872.jpg鍋に残ったジャムと醤油などで

洋風焼き鳥









先週の3連休明け職場で
「どこか行きましたか?」の質問。

「門の外に一歩も出なかった」
と、正直に答えると
後方に吹き飛ばされんばかりに驚かれました。

b0238306_11291327.jpgそんなに???

だって、缶詰で仕事してたんだもん。
4科目も中間テスト作らなくちゃいけなくて。
(まだできてないから、この週末も・・・)

3日目の夜、空っぽに近い冷蔵庫をあさって
翌日のお弁当準備をしようとしたとき・・・

しまった~
ニンジンがない~!!

とがっかりしたのでした。

ご利用は計画的に(>へ<;)
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-11-09 11:42 | お菓子 | Comments(0)

ハロウィンの夜に・・・

10月の末日の朝、大阪駅の改札を出ようとすると、
変な女の子たちが目に留まりました。

最近の若い子は(←おばさん発言)通勤時間帯に
コスプレみたいな恰好でも平気なんや~

と思った次の瞬間、その日が
ハロウィンだということを思い出しました。

ハロウィンと思えば、地味めかも。

でも、朝からどこ行く???


さて、

ハロウィンとは無関係なアタクシですが、
その日の夜、冷蔵庫でごろごろしてた
目障りなカボちゃんでスイーツをば。

b0238306_2462735.jpgかぼちゃの蒸しケーキ。

前回のサツマイモの蒸しケーキ
私の勝手なアレンジですが、
こちらが習った本来バージョン。

・・・といっても

相変わらず、
あるものをあるだけ使うので、
微妙にかなり配合が狂ってる。

でも、ちゃんとできるのが
アジアンな「おやつ」のいいところ。

バナナの葉っぱはウチにはないので、
「月桃」を敷いてみました。

これ、なかなか使えます(バラン代わりにも)。

b0238306_2503313.jpg食べたのはハロウィンから明けた
11月1日。

その日出勤前に撮った写真は
まだ太陽光が赤く、こんな色。

翌日昼に改めて撮り直したのが1枚目です。

こっちのほうがおいしそう??
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-11-06 03:03 | お菓子 | Comments(0)

一口トルテ

b0238306_512362.jpgリンゴジャムを作る前から頭を巡っていた
リンツァートルテ(リンゴジャムバージョン)
を作ってみました。

といっても、トルテといういには
ちっこい上に四角い。

斜めに生地を載せると、
フェンシングの面みたい(◎◎!)

b0238306_5173568.jpg縦横に載せると・・・・

(◎◎!)

でんでんオサレでない(ーー;)





トルテ(タルト)というより、大きめのクッキー。

クッキーと思って食べると、生地がちょっと湿ってる~
って感じてしまいます。

b0238306_5203958.jpg小さくても、やっぱり丸く作って
トルテに見せたほうが
よかったみたいです。
[PR]
by odaidoco-labo | 2013-11-04 05:31 | お菓子 | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。