<   2015年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小島先生の新刊

先日、仕事帰りに例の戎橋(グリコの看板のある橋)を
同僚と歩いていたら、何やら人だかり。

人垣の隙間から見えたのは・・・
セーラー服おじさん

とうとう大阪にも出没??!!
いやいや、この場所、なかなかいいチョイスかも。

ちなみに、おじさん見たからって何もいいことは起きませんでした。




b0238306_064156.jpgさて・・・
ドールハウス作家さんのブログやFBでは
既にあちこちでご紹介されていますが、
7月小島隆雄先生の新刊がでました。


「先生に直接注文したら、サインつきですか~?」
って聞いたら、

「アマゾンで買ってもサインぐらいしますよぉ」
と。

アマゾンに注文するのも面倒だし・・・

b0238306_071954.jpg結局先生に注文して本日いただきました。

ドールハウス作りは
根気と時間の要る作業の連続なので、
一人で黙々とするものなのです。

だから、月に一度の教室は、
作業を進めるというより、
情報や知識を得る場という感じ。

一人では思いつかない
材料、手法、アイデア、等々、
刺激が受けられる場なのです。


小島先生の教室に通うため、月に一度は京都に行きますが、
京都でいつも思うことがあります。

エスカレーターに立つとき、東京は左、大阪は右
というのはよく知られていることですが・・・

京都っていったいどっちなん??

JRの京都駅は大体左のようです。

でもこれは、地方客の多い新大阪駅でも
タイミングによっては起きることなので、
京都のルールかどうかは不明。

先日、昼間デパートに入ると左でした。
やっぱり左なんでしょうか。

ところが、同じエスカレーターに夕方乗ると、
みんな右に立っています。

あれあれ~??
と思いながらそのまま地下~1階~2階と上がり、
3階に上がるエスカレータに進むと・・・

え~??? 
今度は左に立っています。

どっちでもいいけど、
どっちかに決めて~
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-08-31 00:44 | ミニチュア | Comments(0)

イチジクのタルトと道頓堀

台風が近づく先週末、
博多から姫路に夏休み帰省中のHちゃんと
前日まで家族で船旅をしていた加古川のMちゃんが
久々にうちに遊びに来てくれました。

Mちゃんは上の子が生まれて以来11年ぶり、
Hちゃんはちょうど一年前、博多で会って以来。

b0238306_14412211.jpg
二人ともお菓子作りが好きだったので、
「タルトの用意するから、
好きな果物買ってきて」って言ったら、
イチジク(二種類)を持ってきてくれました。

b0238306_1444641.jpg

そしてもう一つ
紫芋のクリームでプチ・フール。

b0238306_14443932.jpgb0238306_1444572.jpg

真ん中にドンと一切れのせた男っぽいHちゃん。
「それはちょっと~」とお箸で細切れにしてのせたMちゃん。

b0238306_14452368.jpg残りの二番生地で試食用。

こちらは「博多とよみつ姫」
というやや黄色いイチジク。

b0238306_14454151.jpg
お茶をしながら、話に花が咲く咲く。

もともとMちゃんは私の友達の友達、
HちゃんはMちゃんの友達。

そんな風に私の周りは
友達が友だちを集める人ばかり。

女ばかりの大所帯で、
あちこち出かけたものです。

六甲山に入って、アケビの蔓で籠を編んだり、
淡路島までアジ釣りに行った事も。

アルバムを見ながら、
「若かったね~(TT)」

b0238306_1446155.jpgお土産にもらったピエールエルメ。
残りは一人で楽しみました(^艸^)



b0238306_14461819.jpg二人はうちに来る前
「久しぶりに大阪で遊びたい」
と大阪で寄り道。

てっきり梅田のあたりでショッピング
でもしてるのかと思ったら・・・・

こんなところに寄ってました。
(二人から写真借りました)

「日本人いなかったでしょ?」
と聞くと、
「ホント外国人だらけ。
でもその中で私たちめっちゃ楽しく
観光客してたわ。」

「ザ・大阪ってイメージされる通りに
どんどん作られてる感じやったよ~」

仕事帰りによく戎橋は渡るけど、
グリコを振り返りもしないし、
ましてや道頓堀に踏み入ることもなく。

私も写真撮りに行こうかな。
どなたか、ご案内しますよ~!
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-08-27 15:39 | お菓子 | Comments(0)

しじら織のワンピース

b0238306_142054.jpg浴衣や甚平に使われるしじら織。

でも、これは着物地ではなく、
W幅の服地として売られていたものです。

ちょっと麻っぽい印象もあります。

b0238306_1423648.jpgその生地をワンピースに。

凸凹感があり、肌に貼りつかないので、
一枚でさらりと着られます。

洗濯も気を使わない生地ですが・・・

うちのロックミシンはちょっと目が粗くて、
そっちが洗濯に耐えられるか不安。

取り敢えず今年の夏の間はもちそうです。





この服を仕上げた翌日に着て出かけたのは、
今年の4月にJR茨木駅前にできた立命館大学の新キャンパス。

数年前には2駅隣の高槻駅に直結で
関西大学のキャンパスができたところです。

私が学生の時、大学はどんどん郊外へ押しやられたのですが、
最近はどんどん「駅前」に進出しています。

b0238306_1425634.jpg


夏休みとあって、学生の姿はなく、キャンパスの隅にある遊具で遊ぶ親子連れと、
地元の人らしきおじさん、おばさんだらけ。σ(・・?)meも?

地域に開かれた大学、というのも最近の傾向でしょうか。


そして各大学が競うように学食・・・ではなく、
「レストラン」に力を入れています。

夜にはアルコールも飲めるのです。

私の学生時代のように、「卵丼200円」みたいなメニュー、
大学内のどこかにあるのかな?

b0238306_1431122.jpg



この日のチョイスはハンバーグ。

正直・・・

びっくりするくらい・・・

しょっぱかったです(TT)
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-08-22 02:52 | 洋裁・編み物 | Comments(2)

アイスクリン

私がスイーツの中で一番好きなものは
もしかしたら、単純にアイスクリームかも。

ラクトアイスやアイスミルクはまず買いません。
あくまでも乳脂肪分の高い「アイスクリーム」が好きなのです。

アメリカのドラッグストアでよく食べたアイスクリームは
日本のようにお椀型のディッシャーではなく釣鐘型。
お椀の2倍ぐらいの大きさはありそうでした。

「ワンスクープ?ツースクープス?」ってお姉さん毎回聞くけど、
釣鐘のダブルなんて食べられるかいっ!

・・・って、最初の頃は思っていました。

多くのアメリカ人はローファット、ノンファットのメニューを
ダブルで食べていましたが、私には理解できませんでした。

「私なら絶対、乳脂肪分の高いおいしい方をシングルで食べるわ。」
と思って、いつもそうしていました。

・・・最初の頃は。

ところが!

帰国する頃にはすっかりダブルが食べられるようになってしまったのです。
もちろんローファットやノンファットではなく。

b0238306_2442821.jpgさて、
そんな私が、賞味期限の若干切れた生クリームを
早く使わなくてはと作った
アイスクリン

乳脂肪分は高いけど、
アイスクリームとは呼べません。

本格的にアイスクリームを作るには
ちょっと特殊な材料が必要です。

何より固まるまで混ぜ続けるための
アイスクリーマーは不可欠。

全てうちにはありません。

だから、食感がちょっとジャリっとした
昔ながらのアイスクリンなのです。

よく言えばジェラート風?


自家栽培のさくらんぼで作ったという頂き物のコンフィチュールと
カラメルのリキュールをかけてドレスアップ。

でも、頭の中のイメージは
海辺でおっちゃんが自転車に旗立てて走ってますヾ(ーvー)ゞ
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-08-17 03:04 | お菓子 | Comments(0)

17年目のガラクタ

お盆休みで静かなはずの朝。
ゆっくり寝坊を・・・

ところが、朝から外をバタバタと
しつこくしつこくヘリが飛ぶ。

「殺人事件でもあったか~?」
一人冗談で突っ込むが・・・

TVをつけると、本当に殺人事件。
しかも全国ネットでやってる。

いやいや、冗談ではありませんでした。


さて、

私が「暑中見舞い」を書かなくなって何年でしょう。

そう・・・
立秋までにはがきを出すなんて素早い芸当が
出来ないお年頃になって久しいのです。

でも、今年もちゃんと夏のご挨拶のお葉書出しましたよ。

「毎年楽しみにしてる」
って(一部に)期待されてますのでヾ(ーvー)ゞ

b0238306_23333711.jpgシリーズ17年目、
今年のガラクタは、テニスラケットです。

子どもの頃、結構乱暴に扱っていた
遊び道具の一つ。

「古ぼけたラケットだなぁ」と
子ども心に思っていました。

父が伯父と遊んでいた物らしいです。


b0238306_2334312.jpg・・・ということは、60年以上、
いや、70年近く前の物でしょうか。

ガットがクジラのひげかどうかは
知らんけど。






夏のご挨拶は一部の方にしか出しませんので、
届かなかった方はこの場を借りて
ご挨拶に代えさせて頂きます。

まだまだ暑い日が続きますが
ご自愛くださいませ<(_ _)>
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-08-14 23:56 | 雑貨 | Comments(0)

和モダンにイメチェン その2

世間はお盆休みに入りましたね。

それとともに、久々のまとまった雨。
これじゃ、お迎え火が焚けません。

いや、うちはお仏壇も何もないので、
もともとしませんけど。

b0238306_003899.jpgさて、
以前特売で買った器。

小皿と小鉢は別々の物ですが、
タレ入れとして使っているので、
小皿は受けにしています。

b0238306_01453.jpgそれを前回の蓮華→
と同じイメージでイメチェン。







・・・したけど、
蓮華と一緒の出番はあるのかなぁ。


シルバーがうまく写らず。



b0238306_012174.jpgそして、桜の花びらの器。

むか~しケーキ屋さんで買った
ムースが入っていた器。

b0238306_013882.jpgそれも和モダンにイメチェン。

ピンクにピンクの花。

b0238306_015680.jpg反対から見るとオレンジ×ゴールド。



これもタレ入れ??
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-08-13 00:28 | 雑貨 | Comments(2)

紫芋のおやつ

b0238306_22285814.jpgこの暑いのに、芋です。

随分前にもらった紫芋。
気付けば野菜籠で芽吹いてました。

そのまま育てたいのはやまやまですが、
うちのネコ・・・蚊の額では無理です。

せっせと剥いて茹でて、ペーストにしました。

そして一部は暑いうちに塩芋羊羹に。

うちには寒天の常備はないので、
ゼラチンで作った「もどき」です。

職場に持って行って「寒天じゃないんだけど」
と出すと、「寒天じゃないなら食べる」

意外と寒天嫌いな人多いんですよね。

b0238306_22293069.jpg
残りのペーストは半球形の
シリコンマートで凍らせて保存。

先日それを「葛桜」風?に。

桜の葉も葛も常備してないので
タピオカで作った「もどき」です。




b0238306_22294760.jpg戻したタピオカを全部使おう
と思って衣を厚くすると
中の餡が透けない。

・・・って、
毎回蒸し上がった後に思い出す(ーー;)



貧乏性がお菓子を作ると
美しく仕上がらない。

・・・って、
毎回完成してから思ふ(ーー;)
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-08-11 23:02 | お菓子 | Comments(0)

カフェ小皿の使い道

今日も懲りずに暑いです。

夏なら夏のイメージの創作をしてみよう!

b0238306_1755634.jpgニトリの小皿とお箸置き。

昔から、なぜか
丸より四角が好き。


b0238306_1763195.jpg真夏のマリンな雰囲気に
イメージチェンジ。


b0238306_1765055.jpg
以前からカトラリーレストを探していましたが、
イメージに合うものが
なかなか見つかりませんでした。

可愛い小皿でもいいんだけど
と思って探しましたが、
普通の小皿は縁が高すぎて
カトラリーが収まりません。

で、見つけたのが、
「おうちカフェ」シリーズの角小皿。




b0238306_177858.jpg勿論、小皿は小皿として使えます。





が、


さて、



夏のうちに出番はあるのか??



          ・・・冬でも使うつもりですが。
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-08-10 17:27 | 雑貨 | Comments(0)

ミニクロワッサン?!

b0238306_171485.jpgいやあ~、毎日飽きもせず暑いことです。

今日も西の窓辺は40度を超え、
窓ガラスは68度、温泉卵にばっちりな温度です。


ミニチュアの和菓子作りは一休みして、
フランスのヴィエノワズリーに挑戦。






したわけではなく・・・

b0238306_1713669.jpg


これは東京のゴントラン・シエリエの
お砂糖



「きっと気に入ると思うよ」と
頂いたのですが・・・



もったいなくて

使えませ~ん!!
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-08-09 17:20 | 雑貨 | Comments(0)

世界遺産「姫路城」

この殺人的な暑さの続く8月上旬、
またまた父の要請で浜松まで運転手。

ちょっと標高の高いところにある家なので、
昼間も最高で32度。

日が傾き始めると、ヒグラシの鳴き声とともに気温も下がり、
夜は毛布をかぶって寝るという快適さ。

滞在中に、高校時代のいつもの仲間が
平日にもかかわらず全員集合してくれました。

その中の一人が、「あさって仕事で姫路に行く」
というので、急遽姫路城観光を一緒にすることに。

b0238306_052438.jpgおぉ!白い。

b0238306_054631.jpg殺人的に
暑いけど・・・

b0238306_06246.jpg美しい(^0^)

b0238306_062131.jpg新しい漆喰が
真っ白なうちに
見られてよかった。


b0238306_063589.jpg

こんなに暑くても、
お城の中を吹き抜ける風は、とても涼しい。

やはり木造建築ってすごいですね。


風の通るところで一休みしながら
先日高校の仲間と作った
FBの非公開グループに早速写真をアップ。

早速一人から反応。
ワカサギ城?かささぎ城?」

あの~、
天ぷらにしても、食えませんから(ーー;)

b0238306_064719.jpg
西の丸まで回って3時間、
見応えのあるお城でした。


その後、姫路名物の穴子天丼でお昼ご飯。

ごめんね、ワカサギじゃなくて~!!


皆さんも、白鷺城はぜひ白いうちに
お出かけくださ~い(^0^)/
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-08-08 00:36 | おでかけ・イベント | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。