秋の旅~京都~

前期終了の秋休み期間と後期終了の春休み期間に
従姉と旅行するのが恒例になってしまいました。

お互い平日に休めるので、どこへ行ってもスイスイ。
旅行は平日に限るね~! ・・・って毎回言いながら。

ただし、施設の休みにぶつかることもしばしば。


今回は丹後~越前と、日本海側を車で回ります。

b0238306_1944596.jpg京都縦貫自動車道ができて
ウチから日本海がぐんと近くなりました。

イグノーベル賞でタイムリーな
天橋立に、休憩なしで到着。

20数年前に見た時はよくわからなかったけど、
股覗きするとやっぱり変わるんですね~!!


b0238306_1951843.jpg対岸側にも回って鑑賞。

雲が多くて、天気はいまいち。

b0238306_195414.jpg天橋立からほど近い伊根町。

この舟屋群を
一度見ておきたかったんです。
b0238306_19626.jpg舟屋はもちろん、海、山も含めて
重要伝統的建造物群保存地区
に指定されてます。

でも、
津波を経験された方は
恐怖を感じるかもしれませんね。

b0238306_1962293.jpg朝ドラ「ええにょぼ」の舞台になった赤屋根の民宿。

左隣は「釣りバカ日誌」の舞台の家。

そのほかに伊根は寅さんの舞台にも。



b0238306_1964897.jpg



かっぱえびせんをもらえるのを知って
観光船についてくるカモメたち。

b0238306_1971035.jpgかぷり

b0238306_1972857.jpg自宅ガレージから、
晩ご飯を調達するおっちゃん。

さかながタダなんて、
うらやましい限り。

b0238306_1974688.jpg老舗造り酒屋で買った
赤米酒粕じぇらーと

美味しかった☆








odaidoco☆labo

[PR]
# by odaidoco-labo | 2016-10-03 17:17 | おでかけ・イベント | Comments(0)

沖縄フレーバー

10月になりましたが、天気予報では
「熱中症に気を付けてください」

・・・ですと。

悪天候が続いたかと思ったら、急にこの暑さ。
なんなんでしょ。


b0238306_18265738.jpgトトロにもらったお土産ヾ(^v^)

みたいなおやつ。


今年も月桃の葉は元気に育ちましたが、
何にも利用していませんでした。

冬の間も枯れはしませんが、
やはり青さ、元気さは減退します。

元気なうちにちょっと使っておこう。


沖縄では月桃の葉で包んで蒸す
ムーチーというお餅があります。

紅イモを練り込むことも多いそう。



b0238306_1827289.jpg普段は硫酸紙のカップに入れて蒸す
ベトナム風のおやつ。

今回は紫芋のあんを使ったので
月桃で沖縄フレーバーに。

タピオカを使い切りたかったから作ったんですが、
やはり小粒のタピオカじゃないとね。


因みに、月桃の花は咲いたことありません。
ま、ウチじゃ無理でしょう。








odaidoco☆labo
[PR]
# by odaidoco-labo | 2016-10-02 18:43 | お菓子 | Comments(2)

子供部屋

b0238306_2494170.jpg
散らかった狭い部屋、
子供部屋の完成です。

前回の和菓子屋さんとは
全く違うテイストで。
b0238306_2495736.jpgテーマカラーはオレンジ。
b0238306_2505931.jpg絵本だらけにしたかったんです。



b0238306_2503293.jpg
本は70冊以上作りましたが、瓦の一枚一枚、和菓子の一個一個を作った前回に比べて、作り込んだ感がありません。

b0238306_2532243.jpgb0238306_2533829.jpg
b0238306_2535656.jpg

キッズキッチンと鏡台も端材で。
b0238306_2542134.jpgドアを黒板に。

最近100均で黒板塗料
売ってるんですよ。
b0238306_2565492.jpgb0238306_2572384.jpg



今年6月に37歳という若さで他界されたプラモデラーの山崎正人氏。
先日浜松へ行く用事のついでに、浜松ジオラマパークの追悼展を拝見してきました。

同時に開催していた山田卓司氏のジオラマも。

プラモデル、ジオラマはドールハウスとは違う分野ですが
細かいところまでこだわって作られた作品を見る楽しさは同じです。

毎年大阪南港ATCで開催されている「モデラーズフェスティバル」に
今年は小島隆雄先生の教室のスペースとして作品を出すことになりました。

が、この散らかった子供部屋は出しません(>v<)

11月5日(土)6日(日)の2日間開催です。










odaidoco☆labo

[PR]
# by odaidoco-labo | 2016-09-25 04:47 | ミニチュア | Comments(3)

れんげ

毎年プランターに出てくる青しそ。
今年もた~っくさん食べました。

でも、強い日差しが長時間当たるベランダでは
すぐ堅くなり、部分的に枯れたようになってしまい、
食べられるのは6月いっぱいがせいぜい。

ところが先日、あれれ??
紫陽花のプランターから1本にょきっと。

なにせ、紫陽花とシソ、
葉っぱの形がほとんど一緒なので
全然気づきませんでした。

見つけた翌日、早速ちぎって食べましたが、
1本だけじあゃね・・・

b0238306_0461921.jpgさて、

去年和風にイメチェンさせた
ベトナムの蓮華&箸置き。

この一年、来客用として活躍・・・







は、一度もないままですヾ(>v<)


でもやはり普段使いにはしたくないので、

b0238306_055038.jpg普段使い用を
2つだけ作ってみました。

b0238306_055253.jpg
使わないから、と頂いた和風の転写紙。
金彩が入っていて、高級感あり。



う~ん




やっぱり普段使いにもったいなくなってきた。


お箸を手前に置く日本の蓮華置きは
ベトナムのものと向きが違います。




b0238306_0555686.jpg
杏仁豆腐用の小さな蓮華も
頂いた転写紙でおめかし。


こちらも金彩が高級感あり。


b0238306_056232.jpg
ちなみに・・・

私が作る杏仁豆腐は
寒天ではなくゼラチンなので、
普通にスプーンで食べます。





で、活躍の場は???









odaidoco☆labo
[PR]
# by odaidoco-labo | 2016-09-15 01:32 | 手作り雑貨 | Comments(2)

緑豆の・・・・

気付けば9月。
世間の子供たちの夏休みも終わったわけですね。

うちの学校はとっくに夏休みは終わっていますが、
夏休み明け数日はあちこちの島にお土産のお菓子の山でした。

まず最初になくなっていくのが、国内のお土産。
その他学生からの各国のお土産は、なかなか減らないものも。

味覚は国、民族、文化・・・それぞれですからね。


さて、
暑さで久しく遠ざかっていた焼き菓子を久々に焼いてみました。

b0238306_213359.jpg


職場に持って行って押し売りし
「どう?どう?」とみんなに感想を強要する私。

「香ばしくておいしいけど、なんで??」

更に、何が入ってるか畳みかけて聞いてみる。


なんでそんなことをしたかというと・・・・




その答えは・・・・



これで作ったからです。

b0238306_2214357.jpg

緑豆の粉を固めたお菓子で、ベトナムの学生がよく持って来るものです。
中国にも同じようなお菓子があり、今回は中国製のを使いました。

まずいわけではないのですが、
表現するなら、香ばしくないきなこをスプーン一杯口に放り込んだような・・・

とにかく口の水分を全部持って行かれて、2つ目に手が出ず、
最後まで残ってしまうお菓子の一つなのです。


「え~、あれがこんなおいしいクッキーになるの~??」
「発想がすごいわ」

と、2つ目、3つ目に手を出してくれました。


でもどことなく・・・
ずんだ感の漂う垢抜けないサブレ。


因みに、私の質問に正解した人はわずか一人でしたヾ(>v<)






odaidoco☆labo
[PR]
# by odaidoco-labo | 2016-09-02 02:42 | お菓子 | Comments(2)

杏仁風味のババロアとチューリップ

私の夏の主食はゼラチンと言っていいほど、
以前は夏にゼリー系ばかり食べていました。

豆乳や野菜ジュースなんかも緩めのジュレにして。

それが夏の水分補給の補助剤でした。

b0238306_18146.jpgこの夏唯一作ったゼラチン系は
杏仁風味のババロア。

杏仁霜で香りづけした豆乳のババロアと
柚子のジュレ。

ありあわせで作った手土産用。

もちろん分量はテキトー!

b0238306_182087.jpg100均の耐熱カップは
プリンやババロアにジャストサイズ。

実はソーサーも100均。

b0238306_184969.jpgもともとは白無地の100均カップと
100均スクエアディッシュを
勝手にカップ&ソーサーにセット。

b0238306_191069.jpg押し花風でお気に入りのチューリップで
可愛くドレスアップ。

b0238306_192854.jpg以前作ったスープ皿とおそろい。

チューリップですが、真夏も愛用中です。








odaidoco☆labo

[PR]
# by odaidoco-labo | 2016-08-21 01:57 | お菓子 | Comments(2)

夏の終わりに

五山の送り火も終わって、夏も終わり。

・・・・って
簡単には涼しくなってくれませんね。

皆さんは夏を楽しまれたでしょうか。

b0238306_17393585.jpg
なんだかゆらゆらと幻想的ヾ(ーvー)

b0238306_17401144.jpgこれは夜の水族館で見つけた
新種のクラゲヾ(ーvー)






じゃなくて・・・・
     花火です。

自宅の窓から
電線ジャングル越しに鑑賞。

暑さと人ごみは
ごめんですから┓(ーー)┏

b0238306_17411969.jpg


スローシャッターで何か面白いものが
撮れないかと、敢えて手持ち。







←輪っかくぐりを失敗して
つんのめった赤毛の女

b0238306_17414066.jpg

←太ったウサインボルトと駆け寄るファン


b0238306_1742787.jpg

←疾走中のウッドペッカー

b0238306_17464438.jpg

ふぐ!

b0238306_17465891.jpg

手振れのお蔭で「朝顔」

b0238306_1747112.jpg

手振れのお蔭で「ひまわり」





以上、今年唯一見た花火でした。








odaidoco☆labo
[PR]
# by odaidoco-labo | 2016-08-17 18:25 | 徒然 | Comments(0)

おかわかめ

b0238306_201251.jpgそこらへんに生えてる雑草


    ・・・ではないですよ。

先日見つけた地元産の
「おかわかめ」

ツルムラサキ科の植物らしい。

b0238306_202817.jpgなるほど、茹でてみると
かなりわかめっぽくなりました。

ぬめりがあってシャキッとした歯ごたえ。
海のわかめよりくせがなくておいしい!

b0238306_204431.jpg早速ねばねば4兄弟で
ねばねばカルテット素麺。

山芋はすりおろさず、
包丁でたたいてみじん切りにすると
粘り気も歯ごたえもあっておいしいんですよ。

因みに素麺はピンクの紫蘇素麺。




そうして混ぜ混ぜすると・・・・


ねばねば好きにはたまらない、
ねばねば嫌いにはおぞましい、

b0238306_21054.jpg泡立つ素麺の出来上がり!

いや~おいしい!


正式名は「雲南百薬」というらしく、
野菜というよりは薬草。

百薬というからには、十薬(ドクダミ)より
効能があるに違いない!

知らんけど。


来年のグリーンカーテンはこれに決まり!

食べ過ぎてカーテンにならないかも(ーvー)ゞ。








odaidoco☆labo
[PR]
# by odaidoco-labo | 2016-08-13 02:22 | 料理 | Comments(6)

18年目のガラクタ

「16番目の月」って、昔のユーミンの歌にありましたね。
今日は16番目の祭日だそうです。

え?14番目の月だって指摘が・・・
間違い(>v<)ゞ

山の日って制定されたのは知ってましたが、
今年からだと知ったのは、7月にカレンダーを見てから。

私の携帯のカレンダーは今日も平日の黒い字のままです。


だって・・・

8年前の・・・

ガラケ~ですから~!


b0238306_16532038.jpgさて、こちらは16番目ではなく、
気が付けば、18年目。


まだまだありますよ、
我が家のガラクタ。

b0238306_16535647.jpg誰や誰や
♪わっわっわ~ぁわがみっつ♪
とか歌うてるやつ。
銀座資生堂でっせ。
1個30円、
一缶1080円の高級品。
80円は消費税ちゃいまっせ。
よう見てみ、
3打入って書いてあるやろ?

ガラクタのつぶやき
シリーズ其の十八

b0238306_16541322.jpgこの場をお借りして、
はがきを届けられなかった
皆様にも

残暑お見舞い
申し上げます


暑さ厳しき折、ご自愛のほどを。










Odaidoco☆labo

[PR]
# by odaidoco-labo | 2016-08-11 17:08 | 徒然 | Comments(2)

再生ケーキ皿

b0238306_17405757.jpg私が物心ついた頃には
すでにうちにあったケーキ皿。

小さな傷もたくさんあって、
金もはげはげで・・・

処分対象!




だけど、また・・・・

b0238306_17411656.jpgこんなことしちゃいました(>v<)

キンケシ・・・ってアイテムがあるんです。
キン肉マン消しゴムじゃないよ、金消し。

それではげた金のラインを消し、
ティーポット&カップの転写紙で
イメ~ジチェ~ンジ!


b0238306_17413767.jpg大きい方は初めてポーセラーツを
体験させてもらった時の物。

同じデザインの縮小版転写紙があったので
再生してみたというわけ。


食器棚ダイエットは
いつまで経ってもできません!









[PR]
# by odaidoco-labo | 2016-08-08 18:36 | 手作り雑貨 | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。