タグ:お菓子 ( 239 ) タグの人気記事

杏仁風味のババロアとチューリップ

私の夏の主食はゼラチンと言っていいほど、
以前は夏にゼリー系ばかり食べていました。

豆乳や野菜ジュースなんかも緩めのジュレにして。

それが夏の水分補給の補助剤でした。

b0238306_18146.jpgこの夏唯一作ったゼラチン系は
杏仁風味のババロア。

杏仁霜で香りづけした豆乳のババロアと
柚子のジュレ。

ありあわせで作った手土産用。

もちろん分量はテキトー!

b0238306_182087.jpg100均の耐熱カップは
プリンやババロアにジャストサイズ。

実はソーサーも100均。

b0238306_184969.jpgもともとは白無地の100均カップと
100均スクエアディッシュを
勝手にカップ&ソーサーにセット。

b0238306_191069.jpg押し花風でお気に入りのチューリップで
可愛くドレスアップ。

b0238306_192854.jpg以前作ったスープ皿とおそろい。

チューリップですが、真夏も愛用中です。








odaidoco☆labo

[PR]
by odaidoco-labo | 2016-08-21 01:57 | お菓子 | Comments(2)

シフォン生地考

b0238306_2204299.jpg今月は立て続けにシフォン生地を焼きました。

きっかけは職場の方に
「臭いも全くないし、軽いし
何にしてもおいしいよ」
とピーナッツオイルを頂いたこと。

フランス食材の輸入会社に勤める娘さんが、
いっぱい持って帰ってきたからと。

こうして時々頂けるフランス食材、
とってもありがたい(^艸^)

b0238306_2205970.jpg普段はバターを使いますが、
ピーナッツオイルで改めてレシピ調整。

フワフワともっちりとしっとり。
この三つの食感が出るように
粉の配合も変えて。

お~!
一発でイメージ通りの生地に。

小粒の黒豆を煮て入れました。
これは母の日用に。

b0238306_2211926.jpg更に生地にきなこを足してみました。



b0238306_2213798.jpg最後はさらにクレームデプロマットを注入。

紙の型で焼いて、このまま持ち運び。

「もちもち生地でお店のより絶対おいしい、売れるよ」
とお褒め頂きました。

売るのは無理だけど、
私のこだわるもっちり感をわかって頂けてよかったわ。


「ピーナッツオイルもうないんですか~」ってきいたら、
「そんなにいつもいつもないわ。貴重品やねんで~」

・・・だって(>v<;)ゞ










[PR]
by odaidoco-labo | 2016-05-22 03:04 | お菓子 | Comments(2)

GWにゲットしたもの 其の3

何年か前に、昔のレコードを父が全部データ化してくれていたので、
それも含め、自分の持っている全てのCDをMP3ファイル変換してみました。

CDを入れている引き出しを久々に開けると・・・

封を切っていない新しいものが4枚ありました。
以前仕事の関係でもらったサンプル(非買)品です。

・・・ということは、20年以上も封を切らずにほったらかし(゜Д゜)艸

そのうちジャネット・ジャクソンが3枚。
折しも彼女が妊娠したというニュースが流れた時でした。

GW中におよそ170枚のCDを全てSDカードにコピー。
これでやっと車の中で音楽が聴けます。

b0238306_661714.jpgGWは遠くなりにけり・・・なのに、
まだGW中の写真です。


足柄のSAで買ったもの。

黄色い梅干し???


・・・じゃないですよ。


b0238306_663870.jpg静岡産の「黄金柑」

金柑より大きく、蜜柑よりは小さい。

黄蜜柑、ゴールデンオレンジ
と呼ぶ地域もあるそうですが、
私は初めてお目にかかりました。

手でむいて食べられ、
見た目より甘いです。

b0238306_67090.jpg幾つかを食べたあと、
いつものように裸にして
コンポートにしたのが
黄色い梅干し・・・になったというわけ。

金柑のように丸いままとはいきませんでした。



さてこれ、何にしよう(・・?)












[PR]
by odaidoco-labo | 2016-05-19 06:19 | お菓子 | Comments(0)

赤米甘酒

いつものドラッグストアの、いつもの場所にありません。

甘酒

はは~ん、また、健康番組のせいだな。


ストレートタイプのものはどこにでもあるのですが、
昔は主流だった薄めるタイプが見つかりません。

ないなら作ってみよう!

b0238306_2311635.jpg・・・で、できた、赤米の甘酒。

市販品の赤米甘酒はちょっと高め。
運よく家に赤米があったので。


作り方はいたって簡単ですが、
家庭では温度管理が難しく、
酸っぱくなったりすることもあるらしい。


結果、大成功(^v^)y

市販品より甘く、どろっと薄めるタイプに。


b0238306_23105043.jpg豆乳割が一番好きな飲み方。

これにバナナときなこを加えた
バナナジュースも朝食に良し。





b0238306_23112013.jpg
沢山できたので、取り敢えず冷凍。

甘酒は夏の季語。
飲む点滴はこれからが大活躍。

また時々作ろうっと。









[PR]
by odaidoco-labo | 2016-04-24 23:48 | お菓子 | Comments(2)

フィユタージュアンベルセで

b0238306_03254611.jpg

先日のフィユタージュ・アンベルセで
手土産用のフルーツタルト。

あ~。ナパージュがない。

柚子ジュレを作って代用しようとして
見事失敗の巻(>ㇸ<;)













b0238306_03264095.jpg

そして、アーモンド入りパルミエも。

生地を巻きながら、
「絶対いびつになる・・・」

という確信の通りに出来上がったの巻。


でも、やっぱりアンベルセはおいしい。
そして、恐ろしい(°Д°)艸

ジムで消費したカロリーは
あっという間に補給できます!














                                    ★


[PR]
by odaidoco-labo | 2016-03-23 03:42 | お菓子 | Comments(4)

フィユタージュ・アンベルセ

b0238306_3242241.jpgタイル・・・
ではありませんよ~。

今年に入ってから、お菓子作りって?


b0238306_3244133.jpgこんな雑なサブレとか、
カトルカールとか、シュークリームとか、
ジュレとか、ムースとか、メレンゲとか、とか・・

あり合わせ&残り物で作る
組み立てない簡単なものばかり。

b0238306_325196.jpgこれはココナッツサブレ

ココナッツオイル、
ココナッツシュガー、
ココナッツファイン、
和三蜜糖、米粉を使用。

ちょっとだけ罪悪感控えめおやつは
小舟に乗ってお嫁入り。

♪ゆ~な~み こ~な~み~♪

・・・ってわかる人は、同世代(以上)。

b0238306_3252840.jpgバターはあっても、時間がないと作れない
フィユタージュ(パイ生地)。

せっかくの春休みなので、
おっこらしょ、と重い腰を上げて仕込みました。

バターで生地を折り込む逆折込みパイ
(=フィユタージュ・アンベルセ)。

某ルートから入手したバターが
ふんだんにあるので、久しぶりの贅沢(^艸^)

b0238306_32549100.jpg何かを作ろうと思って仕込んだわけではなく、
「バターと時間があるから作ろう!」的発想。

取り敢えず、分割して冷凍。

でも、バターがふんだんに使えるって幸せ。









                                     ☆
[PR]
by odaidoco-labo | 2016-03-21 03:48 | お菓子 | Comments(0)

SAYONARAデモンストレーション

b0238306_23451842.jpg大きな桜のピエスモンテ。

ル・コルドン・ブルーでお世話になった
シェフが作られたものです。

退職されることが決まり、
先日SAYONARAデモが行われました。

そのテーマに合わせたピエスです。


b0238306_2345387.jpg抹茶、ゆず、ヨモギ、桜・・・。

和の素材をふんだんに使った
春らしい4種のメニュー。


桜のアントルメは
中に求肥まで入ってます。


b0238306_23455599.jpg

b0238306_2346975.jpg私もヨモギ粉はたまにケーキに使いますが、今回初めてヨモギのペーストというのを試食しました(◎◎!)


シェフはこれからご自分のお店のオープンを目指して準備されるそうです。
いつ、どこで、は未定ですが、Face Bookでお知らせしますとのこと。

因みに、シェフは未だにガラケー(←私もですけど、何か??)、
FBにも全く手を付けていないそうです。

大丈夫かな。。。













[PR]
by odaidoco-labo | 2016-03-15 00:12 | お菓子 | Comments(0)

スウィートスプリング

数日前の朝、駅への途中で
「ほ~ほけきょ」を聞きました。

住宅街の一角、毎年同じところで鳴いています。
鶯の巣? 縄張りってどうなってるんでしょ?


さて、

柑橘系が実はあまり得意ではない私。
ところが、気付けば冷蔵庫には柑橘系ピールだらけ。

「ちょっと聞きなれない柑橘手に入れたから
持って行ってあげるわ」と友人。

b0238306_2363157.jpgスウィートスプリング

年内は青いのが出回り、
年が明けるとオレンジ色のが出回るとか。

見た目によらず、酸味の少ない品種です。

年末に柚子をもらった数日後のこと、
またせっせと作業開始。


b0238306_237558.jpgバレンタインにオランジェット(もどき)に
しようと思っていたのに、
結局今年もチョコレートはできずです。

年度末で仕事が一番ややこしい時期だし・・・
というのが毎年の言い訳(><;)

柚子、甘夏、レモン、
ニューサマーオレンジ
そしてスウィートスプリング。

冷蔵庫の中のピールたち、どうしましょ??












[PR]
by odaidoco-labo | 2016-02-25 02:43 | お菓子 | Comments(6)

バレンタインのチョコレート

先日、同僚の結婚パーティーに出席しました。

昨秋出席した40代と60代の結婚式に引き続き、
40代と50代の中年同士のカップルです。

昼間に挙式披露宴を終えての二次会。
若い方の結婚式と同じパターンです。

パーティー用(?)レストランに
古い友人、職場仲間、マラソン仲間などなど、大人数の仲間。

ランナーさんたちは大体イベンター気質なので
とにかく盛り上げ上手。

へー、この人が友だちだったの?
というタレントさんのミニライブも大盛り上がり。

最後に全員で「恋するフォーチュンクッキー」

・・・と、とても楽しいパーティーでした。

この年代になると、入籍だけで済ませるカップルが多いのですが、
是非やるべきだな~って思いました。

お祝いする側の気持ちもひとしおです。

今年は元同僚のアラフィフカップルがゴールインするはずなんですが、
是非是非、お披露目パーティーをしてほしいです。


さて、
バレンタイン商戦も本日で終了ですね。

今年も帰宅途中に寄れるところだけ、
一日に1会場ずつ回ってきました。

阪急百貨店のチョコレート博覧会
高島屋のアムール・デュ・ショコラ
ルクアのサロン・ド・ショコラ

b0238306_01445886.jpg

以前ル・コルドン・ブルーで
テクニカルデレクターをされていた、M・O・F(フランス国家最優秀職人)ショコラティエの

ブルーノ・ル・デルフ

薫り高いけど、あっさり。
日本人好みかな。





b0238306_01450908.jpg

ル・プティ・ボヌール

コルドンで私たちのクラスのアシスタントをされていた恵さんが独立して作られたお店です。

塩プラリネの塩加減、絶妙です。

フルーツの味もしっかり残った
女性らしいショコラです。




b0238306_01435951.jpg

ル・コルドン・ブルー

一応一つはゲットしておこうと・・・
マカロン・ショコラ。





ここまで、身内な感じ?



b0238306_01443718.jpg

ルレ・デセールの会員でもある

セバスチャン・ブイエ

斬新なデザインのショコラを作る方ですが、
オーソドックスなものを選びました。

フランスと東京にしかないお店なので、
このチャンスにゲット。











b0238306_01441696.jpg

2007年のワールドチョコレートマスターズ優勝者の

Naomi Mizuno(水野直己)

お店は京都・・とはいえ福知山なので、
このチャンスにゲット!




以上、もちろん全部自分のため。

その他に会場でエス・コヤマ
キャラメルショコラソフトクリーム。

予算1万円以内で何とか収まったかな?





「残念だわ~、バレンタインが日曜でプレゼントできなくて」
と同僚男子に言ったら、

「いいですよ、月曜日でも」

「私、提出期限はキッチリ守るタイプだから」

「そうでしたね、そのとおりです」

しゅるる~、と引き下がってくれましたヾ(ーvー)ゞ





[PR]
by odaidoco-labo | 2016-02-14 02:37 | お菓子 | Comments(9)

チープなチョコレート

インフルエンザで数日休んでいた同僚が
金曜の夕方5時ごろ出勤。

かかっていた病院が職場の近くで
もう大丈夫だと言われたので顔を出したと。

しかしみんなに「近寄るな~」と散々な扱い。
そこで彼女の口から出た台詞・・・

「ウイルスorトリート」

とっさにテーブルの上のチョコレートの箱を手渡した私でした。

さて、

チョコレートといえば、ヴァレンタイン商戦真っ只中。
まだどこのイベントにも顔を出してませんが、
先日スーパーでこんなものを見つけました。

b0238306_00560248.jpg

「チロルチョコって、昔は今の3つ分の
長さだったよね。」って言っても、
「え~昔からこのサイズよ」って。

「チロル帽の絵がついてた」って言っても
「え~知らない」って。

私より若い人ならまだしも、
私たち世代の人たちも口を揃えて・・・。

でも、これを見たら思い出すはず。

当時はこのサイズで10円
だから、遠足のおやつにはもってこい。






b0238306_01021093.jpg

あれ??
ヌガーにアーモンドなんて入ってたっけ??

チョコレートもヌガーも
当時よりかなり上質になっています。

期間限定販売なのかな?
どこかで見つけたら、お試しあれ!





















[PR]
by odaidoco-labo | 2016-02-07 01:15 | 徒然 | Comments(4)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。