タグ:お菓子 ( 244 ) タグの人気記事

紋切り型

お正月気分も抜けかかったところで、
もう少し和な気分の、和な手仕事の話題。

「紋切り型」っていうと、現代ではマイナスイメージの言葉ですが、
元々はニュートラルな意味だったようです。

勿論、そのもっと元々は文字通り「紋を切り抜くための型」です。

b0238306_193275.jpg「紋切り遊び」

これは授業で学生達が作ったカードです。

他のクラスはみんな春休みに入っているのに、
学級閉鎖の単位数の帳尻合わせの補講で行ったもの。

まともに授業をやっても退屈なだけなので(私も)、
「日本文化の授業」と称して。

独創的なものを作った学生もいましたが、
基本的に日本の伝統の紋です。






紋切り型を使ってやってみようと思いつつ、
一度もやれていなかったことがありました。

でも、チャンス到来。

b0238306_195920.jpgコルドンの実習メニューの一つ。

本当は、もっと大きなケーキに
一度使ってみようと常々思っていたんですが。

シェフがデモで星型の型紙を使っていたので、
よっしゃ、と思ってこの紋切り型を用意して行きました。

「どうやって作ったのか?」とフランス人シェフ。

日本人なら多かれ少なかれ、
折り紙を畳んで切るという遊びは
子供の頃に経験済みですよね。





「紋切り型」や「紋切り遊び」で検索すると色々出てきます。
カードやケーキ作りに是非、和なテイストを取り入れてみてください(^^)/


余談

デモで「最後に小さい栗をのせます」とシェフが言った時、
「大きいのがいいな~」と言ったら通訳さんが訳してしまい、
私の試食皿には、雪だるまのごとくホールの栗がのっかってきました(◎◎!)

…それにしても、真夏の焼き菓子は暑苦しかったーー;
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-01-05 01:21 | お菓子 | Comments(0)

今年のクリスマスケーキは…

私の職場は女性が多く、ホームパーティーも時々。
去年の忘年会&クリスマス会は我が家でしましたが、
今年は堺の方のおうちで。

何と!私が最年少という、おぞまし…素敵な女子会。

持ち寄りだったので、私はケーキを担当。
ひっさしぶりに作ったアントルメです。

といっても、うちにあるもので何とかしたので、地味めです。

b0238306_0554573.jpg

















ヨーグルトとフランボワーズのムースに
頂き物の「つるこけもものコンポート」で作ったジュレをのせました。

生地は、冷凍庫に賞味期限の危ういピスタチオペースト発見してしまったので、
ピスタチオのビスキュイ・ジョコンドで。

緑の生地なら、いっそのことクリスマスカラーにしようと思って
赤い(ピンク)のラインを。
やっぱり気泡だらけにしてしまいました(><)

底生地は、ヘーゼルナッツのシュトロイゼル(サクサクのクッキー)に、ガナッシュ。

b0238306_112594.jpg











飾りを作る時間まではなかったので、色だけ派手で地味なケーキ。

ん~とぉ…
今日のケーキも、あるものをあるだけ使ったので、テキトー系。
というわけで、レシピありません<(_ _)>


猫ちゃんが2匹いる猫好きさんなので、猫ピックをお土産に。
b0238306_1184093.jpg





















猫型の石鹸モールドで作った石鹸もお土産に。
「石鹸と同じ格好で寝てる~」
とカメラを向けたら、起きてしまった之図。
b0238306_1345783.jpg











おまけ

ケーキ専用のフィルムは結構お高い。
事務用品のクリアファイルを切って使ったりしますが、
どうしても継ぎ目ができてしまいます。

そこで、私が見つけたのがこれ。

b0238306_1291738.jpg



















30㎝×120㎝もあって、ケーキフィルムより厚めです。
でも…
あれれ?私が切ったら1㎝足りなくて、結局継ぎ目できちゃったよ~

久々の100均ネタでした。ふふふ(^艸^)
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-12-24 02:15 | お菓子 | Comments(0)

2日6時間?!

パソコンで何か処理をするとき、残り時間が示されますが、
昨日夜中(明け方?)に始めた処理に、出た時間が1日19時間。
一瞬意味わからず。

とりあえずPCをつけたまま寝て、朝見てみると、2日と6時間に増えてる(◎◎!)
仕方なく中断させて出勤。

さて、
昨日は、京都のK代さんと、元町のモン・プリュで修行中のK恵さんの冷かし…陣中見舞いに。

「私らみたいに一人二つずつケーキを注文なんてしてる人いる??」
と周りを見ると、お隣のテーブルの方が一人で二つ!
コルドンの保冷バッグ持っておられたので、同類のようです。

4つを二人で分け合って食べ、お昼ご飯はパスしました。

b0238306_39635.jpg














軽いムース系から濃いものへ順番に味わいます。
生地に何を選ぶか、食感をどうつけるか、等々…
やはりよく考えられています。

ガラス張りから見える厨房で、K恵さんはキビキビ働いています。
声は聞こえませんが、ガラス越しに身振り手振りでコミュニケーション。
お店の方の計らいで、写真撮影OK。

「これって、△△所の面会?」
という冗談は、ガラスの向こうの彼女には聞こえていません。

K恵さんも、ここの修行が終われば、
地元豊橋のホテルでパティシエ人生が本格始動です。
また、豊橋にも冷やか…陣中見舞に行くからね~!

その後、元町ではどこにも寄らず大阪へ。
難波の道具屋筋、本町のシモジマで、予定通り買い物の一日でした。

普通女子が2人で年末の買い物と言ったら、ファッション系ですよね~。
最後には「何かおっさん系の、焼鳥か何かが食べたい」
というわけで、おっさん系居酒屋で、夕食ちょこっとつまんで帰宅の途に。

おっさん系女子ツアーの楽しい一日でした。

「美味しいものは宵のうち」ですからね、
モンプリュで買って帰った焼き菓子も、帰宅後しっかり平らげました。

血液までおっさん系ドロドロ状かも…です。
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-12-20 03:20 | お菓子 | Comments(0)

季節モノなので…(その2)

「いも たこ なんきん」

女性の好むものとして、関西ではよく言われることですが、
これは、「とかく女の好むもの 芝居 浄瑠璃 芋 蛸 南京」からきたものとか。

広島出身の同僚に
「何でタコ?広島では『いも くり なんきん』って言うよ」と。

なるほど~。
確かにタコはお菓子にならないしな~。。

「芋・栗・南瓜」私も好きな素材たちです。

というわけで、お芋さんを使ったお菓子第2弾。

ちょっと色黒
カラメル・スイート・ポテト
b0238306_213025.jpg









お菓子に塩のアクセントが好きです。
カラメルの香りが好きです。
ということで、残りものを片付けるべく作ってみた簡単スイートポテト。

作り方はMoreへ

マカロンなどに、よく使うパッケージ方法です。
壊れやすいものに、手軽で便利なテトラ。
b0238306_281097.jpg













「テトラパックの牛乳よく飲んだわ~」
という人は、同世代…かも。

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-12-16 02:46 | お菓子 | Comments(0)

最近我が家に来たものたち

私の嫌いなこと
それは、物を探すことと、出し入れが面倒なこと。

先日思い切って買った物の一つがこのクッキー用のスタンプ。

b0238306_1111467.jpg果たして私が型抜きクッキーを作るか?
でも石鹸の刻印用に欲しいな…

と、何度も手にとっては買わずにいた代物です。


この一文字一文字は、
プラモデルのパーツのようにつながっていました。

切り離しながら
「使うたびに一文字ずつ探すのか~?
 面倒だぞ~、いやだぞ~」


b0238306_128419.jpgで、切り離しながら考えたのが、この方法。
マスキングテープで色分けして、まとめておきました。

とりあえず、探さなくてよさそうです。


b0238306_1313953.jpgそれから最近この子も我が家に。

可愛いピンクのブタさん。







実はこれは…


b0238306_1331166.jpgレンジラップにもなる「落とし豚」でした~


勿論鼻は伊達ではなく、
沸騰で持ち上がらないようにする穴。

そして、箸を突っ込む穴
ちょっとシュールです。
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-12-06 02:03 | 雑貨 | Comments(0)

マンディアン

昨日ダロワイヨで見たツリー型のマンディアンにヒントを得て、
ツリーもどきの、マンディアンもどきを作ってみました。

b0238306_1102100.jpgアプリコットやピスタチオなど、
色のあるものがあればよかったんですが、
うちにあったのは、クルミとアーモンドとラムレーズン。

土台のドームは小さなボンボニエールを作ろうとして、
諦めた残骸。
やはりダロワイヨで、小さなボンボニエールを見て、
昨日買ったシリコンフレックスでできるかも、と挑戦。

テンパリングは1発OK! でもね…
前回テンパリングしたのは3ヶ月も前、
まだ真夏の気温でエアコンもないおだいどこ。
今日はもう12月、そしてエアコンもないおだいどこ。
はみ出たチョコの拭い取りもできないうちに、
あっという間に固まっちゃって(ーー;)


そして、使い切りたかったラムレーズン、残ったナッツ、
ボンボニエールの残骸チョコでこさえたのが、ケイク。

b0238306_1241051.jpg







さて、作ったはいいけど、どうしよう…
というのが私のお菓子…。

(ケイクの配合はMoreへ)





まだありますよ~、甘いもの。
昨日、奈良の友人に貰ったのが信州上田の「みすず飴」

私も「みすず飴本舗」に連れて行ってもらったことがありますが、
ひっきりなしにお客さんが入ってました。

b0238306_1432939.jpg和製パート・ド・フリュイ?
…寒天で固めてあるので、酸味は強くありません。
以前はあま~いと思っていましたが、
頭をパート・ド・フリュイにして食べると、
なんともやさしい甘さです。













この週末で、また家の中が甘いものだらけになってしまいました。
キケン、キケン…!

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-12-05 02:01 | お菓子 | Comments(0)

移動の一日

悪天候の予報に、伊賀へのお出かけ予定を中止。

その後、コルドンの元クラスメートのK恵さんから
西区の「ルシェルシェ」に行ってみよう誘われ、
10時に梅田で待ち合わせ。

私も名前は知っていましたが、
神戸の名店「モンプリュ」のスタッフさんのお勧め店らしいです。

店の前まで来て「ここって、サロンない?!」
二人ともそこまで気が回ってませんでした。

でも、何としてでも食べるのが我らが道。
会計の時「フォーク下さ~い」

プリン用(?)のスプーンを頂きました。

b0238306_234235.jpg
秋色ケーキに、秋色背景。
コンデジ撮影ですが、
結構絵になってるでしょ?


私がが選んだのは、
サントノーレ、
K恵さんが選んだのは、
サンマルクとババ。

結局二人とも古典的なものを
選んでしまいました。






え?どこで食べたかって?


それは、向かいの公園。しかも「児童公園」

こんな感じの危なっかしい状態で、
鳩を追い払いながら、散歩休憩中のワンちゃんの視線を感じながら。

b0238306_23101165.jpg
























執念に優るものなし!
紅葉した公園で食べる名店のケーキは、さらにうまし!
でございます。

このあとカロリーを消費すべく難波まで歩き、道具屋筋を物色。
いつも買うかどうか迷っていたものを、いくつか思い切って購入。

昼食後、さらに歩いて「ダロワイヨ」へ。

ここのダロワイヨは普通にパンを売っています。
ほんとに普通。お値段も普通。
バゲットやクロワッサンは勿論、あんパンや、メロンパンも。

ショーウインドーを見学後、甘いものはもういいので、
お菓子とパンの間を取って、ラスクを購入。

奈良で友人に会う予定があったので、K恵さんとは3時に心斎橋でお別れ。
彼女はさらに本町まで歩いて「シモジマ」に向かいました。

今日私は、JR、地下鉄、近鉄の合計6種もの路線に乗り、
総移動距離どれぐらい?というぐらい移動。
いろんなことができた、充実した一日でした。

でも、9:30前に出かけて21:30前に帰宅。
仕事に行くよりずっと遅く出て、ずっと早く帰ってきてます。

休みの日って、昼まで寝てなければ長いんですね~☆
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-12-04 00:46 | お菓子 | Comments(0)

ホクホク…じゃない

おいもさん。
b0238306_1619221.jpg









写真の色が悪くてすみません。

ずいぶん以前に作ったものですが、季節モノなのでご紹介します。
蒸かし芋が余っていたら、作ってみて下さい。

<最低限必要な材料>
 サツマ芋、水、砂糖、さらしあん

<見た目をよくするために使う材料>
 卵、黒ゴマ

<美味しくするために使う材料>
 蜂蜜、水あめ、バターなど


1 蒸かした芋をつぶす。裏ごしたほうが口当たりはよくなります。

2 水、シロップ、砂糖など、好みの甘さになるようにテキトーに加え、
  手でまとめられる程度の固さに、焦がさないように混ぜながら煮詰める。
  ☆冷めると固くなるので、固さは見極めてね。
  ☆水飴か蜂蜜(またはは転化糖)を少量入れておくと、しっとり仕上がります。
  ☆煮上がりにバターを入れると、洋風になります。
  ☆水をオレンジ果汁にすると(色だけ)安納芋気分が味わえ、
   また、胸焼け抑制効果も期待できます(期待だけね)。

3 2を小さいサツマイモ形に成型する。

4 3をさらし餡の中で転がし「皮」を作る。
  ☆リアルさにこだわる人は、竹串であばたを作ってみて下さい。
  ☆ひげ根までつけると、ちょっと怖いです。

5 4を半分に切って、切り口に溶き卵を塗り、黒ゴマをくっつける。

6 150~160度のオーブンで、卵の照りが出る程度に焼成。

これはホクホクで食べるものではありません。
ちょ~簡単にできる、似非和菓子です。

「似非」の多い人生です、はい。


余って賞味期限の切れたさらし餡は、もちろん石鹸になりました。
ザラザラ感が、スクラブ効果になるんですよ(^^)/
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-12-02 16:45 | お菓子 | Comments(0)

改良・ド・ショコラ

100均ブログになりかけているので、軌道修正。

先日のイベントで出した、ビー玉状のパート・ド・フリュイは、
シリコン製の製氷器で作ったと聞いて「ほ~!なるほど!」

それを聞いた数日後、たまたまスーパーでキューブ型が半額になってるのを発見。
2つを手にとって少し進むと、ドロップ型発見。
こっちは30%引きだけど、ま、いいか。
レジに持っていくと「こちらも半額にしておきます」(^^)v
結局4つのシリコントレーを1000円弱でゲット。

今日はそれでキューブ型のガトー・ショコラを試し焼きです。

まだまだくずチョコがた~くさんあるんですよ。
早く消費したくて。

b0238306_1091060.jpg















シリコンは火通りがよくないので、グリルで焼成。

b0238306_10175250.jpg















エアリーであっさりめの軽い配合にしてみました。

基本的にうちで「○○が残ってるから何か作ろう」
というお菓子は、その材料を使い切りたいから、テキトー。
でも、今日は一応計りながら作りましたよ。

え?何で型出しした画像がないかって?

それは…

四角いきのこが沢山できたから~!

生地の入れすぎにはご注意くださいませ。おほほ。


配合はMoreへ

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-11-28 10:56 | お菓子 | Comments(0)

ホワイト・ショコラ・ショー・ユズ

先日のサロン・ド・テの提供メニューの中に、
シェフが作ったショコラ・ショー(チョコレート・ドリンク)が3種ありました。
そのひとつが柚子。おいしかった☆
まだ若い柚子の香りがしました。

柚子、抹茶、山椒などは、近年フランスでも好んで使われる和の素材。
私も柚子は大好きです。

今日スーパーで、巷で(少々?)話題のホワイトココアなるものを発見。
そこでひらめいたのが、ホワイト・ショコラ・ショー・ユズ(英仏ちゃんぽん名)。
20日のマカロン製作の日に、M子さんに貰ったお庭のユズもたくさんあります。
早速その、ホワイトココアを買って作ってみました。
柚子のアンフュゼは、電子レンジで簡単に。

b0238306_0252479.jpg















えっとぉ~
やっぱりインスタントです。
バニラの粒まで入って、本格的には見えたんですけどね。

今度はちゃんとホンモノのチョコレートで作ります。

素直に反省…。


勘の良い方はお気づきですね。
写真に写っている和の雰囲気の床は100均の板ですよ~!
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-11-25 00:35 | お菓子 | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。