タグ:お菓子 ( 239 ) タグの人気記事

お勧めしないケーキ

安心してください、生きてますよ。

アホなんで、風邪もひきませんし、
インフルエンザで学級閉鎖になっても感染しませんし。

ただ、前回整骨院に駆け込んだ直後、
またもや腰をやられて、ちょっと参ってました。
正確に言うと、私の腰痛は股関節からです。

一旦こうなると、立ったままはもちろん、
座っても靴下をはくのが困難。

夏ならまだしも、雪でも降ろうかという今日この頃、
「靴下履けませんから、今日は仕事休みます!」

って理由、通用するのかな~
・・・って思いながら格闘することしばし。

何とか家を出ても、満員電車、
立ったままの授業・・・と、難関いっぱい(><;)

一番ひどかった日は、鍼を16本も刺され
その鍼から電気を流すという治療も。

やっと落ち着きましたが、いや~な疑いがあり、
紹介状をもらって、今週は病院受診予定です。


さて、

どうなるかな~と思うと、やらないではいられなくなる
ひそかに実験好きなアタクシ。

今日は、ちょっと変わったケーキの実験。

フラン生地、カスタードクリーム、スフレ生地の
3種の味が一度に焼けるというケーキ。

作り方はシフォンケーキと一緒で、
水分量が多く、湯煎焼きにします。

カラメルを敷いて焼いて、上下反対にしてみました。
b0238306_19242081.jpgb0238306_1924416.jpg
実験結果は・・・

お勧めしません!不味いです。

予想はしていたけど、やはり単なる粉っぽい生焼け生地。
スフレも中途半端な食感。

100歩譲って作り方が悪かったからとしても・・・
カスタードクリーム作りは沸騰させながら
何分も必死になって混ぜ続ける、体力仕事。
オーブンでできるはずがないのです。

あまりにまず過ぎて食べられず、
カラスにでもやろうかと思ったほど。

でも、ばちが当たりそうなので、一か八かパンに再生。
何度か残り物のケーキをパンに再生したことあるし。

b0238306_1925545.jpgb0238306_19251995.jpg
う~ん、やっぱりまずい。

でもこのケーキ、「フランスで大流行」ってふれこみ。

生焼けっぽさが気にならないかもと、
米粉でもう一度実験してみました。

b0238306_19254685.jpgb0238306_1926518.jpg
焼き過ぎて、カスタードクリーム部分がほとんどありませんが、小麦粉よりましです。
でも、底のフラン生地もやっぱり要らないな。

結果、普通のシフォンケーキかスフレを作ることをお勧めします!

b0238306_19263841.jpgこちらは同じ3層でも
黒豆のムース。

黒豆のおやつはまた来年!


[PR]
by odaidoco-labo | 2016-01-25 20:26 | お菓子 | Comments(2)

米粉の黒豆シフォンロール

もう肩こりとは言えない度を越した肩こりに、
鎮痛剤も効かず、夜も寝つけず、とうとう近所の整骨院に。

毎度腰痛がひどくなった時だけ駆け込むので、
まず聞かれるのは「腰はどうですか?」

「ちょっと不安はありますけど大丈夫です」
って答えたけど、施術室に入ると
「椅子から立つとき、腰に手を当ててますね」と。

これには私自身もびっくり。
からだの反射って正直なんですね。

肩の方はましになったものの、
日曜日にまたPCに向かって仕事をしていたら
元の木阿弥です(ーー;)

b0238306_12364200.jpg

さて、お正月が終わって
もう一度炊いた黒豆でおやつ。

生地に黒豆の煮汁を入れた
シフォン生地です。

生地に豆のカスが
入っちゃってますが(><)





b0238306_12555606.jpg

シフォン生地にはいつも
バターやココナッツオイルを使います。

生地ももっちりが好き。






8年ぶりぐらいに咲いた庭の水仙と。

なかなか咲かない我が家の水仙。
どうすれば沢山咲くのでしょう?













[PR]
by odaidoco-labo | 2016-01-11 13:20 | お菓子 | Comments(0)

ゆず仕事、その後。

世間の方々はまじめに大掃除などなさっていることかと。

私は毎日隅々まで掃除をしてるので、
大掃除なんてしませんのよ~、オホホ。

って、言ってみたい。

え? だからって、
大掃除なんてしませんのよ~、オホホ。


さて、
先日のゆずジャムを使ってお菓子を2種。

b0238306_1104753.jpg

その1. ゆずのパウンドケーキ

どさっと入れたゆずピール、同系色でよく見えず。
おまけに焼き過ぎ(><;)

焼き上がりに塗った「ゆずナパージュ」は
酸味が効いて評判上々でした。

b0238306_111964.jpg

その2. ゆずチーズケーキ

同じくゆずピールを混ぜ込み、仕上げはゆずナパージュで。

ニューヨークチーズケーキは混ぜるだけで簡単。
問題は材料費とカロリーです(ーー;)


さて、そろそろ黒豆煮なくちゃ。

え?大掃除??
それ、おいしいの?
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-12-29 01:51 | お菓子 | Comments(0)

ゆず仕事

b0238306_3434855.jpg「実家でゆず狩りしてきたので、要りませんか」
と、またまたくろまめ日記のY子さんからメール。

勿論いただきます!

手渡しする時間がないからと、
わざわざ送ってくれました。

届いたのは月曜の夜。
週末まで待てそうにありません。

うぅ・・・仕事が・・・って思いながら、
翌日の帰宅後、せっせせっせと・・・


b0238306_344886.jpgまずは表面の硬いところを削ります。

削った皮はもちろん捨てませんよ~
これは後日利用するため、一旦冷凍。

b0238306_3442448.jpg皮を刻んで、果汁を絞って、
種と袋はペクチン抽出用。

ここまでの作業で2時間(ーー;)

皮は2回茹でこぼした後、
一晩水につけて苦みを抜きます。

茹でこぼしたお湯も、お風呂に入れて
ゆず湯にしましたよ。


b0238306_3444287.jpgそして出来上がった
2種のコンフィチュール。

この冬のお菓子作りに生かします。
・・・多分。



そして、両方合わせてお湯で溶けば、
皮も柔らかくておいしいゆず茶。

お菓子になる前に、
それで終わるかも(^艸^)



[PR]
by odaidoco-labo | 2015-12-25 02:33 | お菓子 | Comments(0)

11月11日

今日はぞろ目の日。
もうやめようかと思ったけど、毎年恒例の・・・・

b0238306_210544.jpg
11年11月11日にスタートした「おだいどこ・らぼ」。
丸4年が経ちました。

早いのか、遅いのか・・・。

b0238306_211209.jpg
今年は細身のカトルカール4本で。

1本200g、小さな一口サイズの焼き菓子です。

b0238306_2113597.jpg冷蔵庫に少しずつ残っていた
使いかけの自家製ジャムを
一気にお掃除したくて作りました。

上から
〇花梨
〇キャトルエピス
〇紅玉
〇レモンピール

キャトルエピス(4種のスパイス)が
なかなかいい味に仕上がっています。

もともと生姜ドリンクの
残りかすで作ったジャム。

なので、レシピも何もないから
再現不可能。
      ・・・いつものこと。

b0238306_21374260.jpgb0238306_212780.jpg
b0238306_21223513.jpg
ハート? 花びら? 
のお皿に、クローバーを
転写してみました。

昔100円で買った小皿、
ちょっとよそ行きに
なったでしょうか?



5年目に突入したおだいどこ・らぼ、
今後ともごひいきに<(_ _)>

[PR]
by odaidoco-labo | 2015-11-11 00:00 | お菓子 | Comments(0)

頂き物の季節

10月も終わりですね。

巷では乱痴気騒ぎが起きているようですが、
仕事が休みの日でよかったと。

同僚との食事帰りのある日こと・・・
JR環状線がなかなか動かず、
ホームでもイラついた様子のアナウンス。

見ると、仮装した若人がわっさわっさと
電車に乗るのか乗らないのか、うろうろ・・・

もう10年も前の話なので、
ここ数年は、その比ではないはず。

絶対に巻き込まれたくありません(><;)

b0238306_18165526.jpg「誰か助けて~」
と、ある日FBにメッセージが。

大きな板の上にぎっしり
山積みにされた柿の写真。

柿が大好きな私は早速
「うらやましぃ~」とメッセージ。

そして数日後、1ダースの
新鮮な柿が我が家に届きました。

その柿がまだ半分となくならないうちに・・・


b0238306_18172925.jpgまた別の所から。

どちらもお庭の柿です。

「え?柿なんか買う物???」
って、以前友人に異常に驚かれたけど。

確かに、郊外を車で走ってると、
烏も食べ残すほど生ってますよね。

もし食べきれずにぐちゅぐちゅになりそうなら、
皮をむいてカットしてから冷凍すればOK。

柿はペクチンが多いので、牛乳とミキサーで
混ぜるだけでフルーチェのようになります。

勿論、冷たいのをそのまま食べても。

b0238306_18175192.jpg柿同様、もらう率の高いのがさつま芋。

気が付けば、野菜籠には
4種のさつま芋でいっぱい。

ふかしたり、サラダにしたり、温野菜にしたり。
お腹も絶好調です(^^)v

で~っかいお芋さんを一つペーストにしたら
エライ量になってしまったので、
ブリゼ生地をちょこっと敷いて、
スイートポテトに。

30個余り、職場で押し付けました(>v<)

それでもペーストは半分ほど冷凍。
お正月の栗きんとんに化かすかな??



[PR]
by odaidoco-labo | 2015-10-31 18:52 | お菓子 | Comments(0)

紅玉まつり~!

ベランダに古新聞を広げてカセットコンロを持ち出し
さんまを焼きました。

おかげでおだいどこやリビングには
臭いは残っていません。

しか~し・・・

ベランダに出ると、まだかすか~に生臭いです。

明日私が留守の間に、
カラスが荒らしに来ないことを願うばかり(><;)

b0238306_2139911.jpgさて、

先週のこと、
「くろまめ日記」のY子さんから、
「紅玉もらってください」
と、何やらHELP!的なメール。

後日わざわざ電車に乗ってウチの最寄駅まで
12個もの紅玉+さつま芋を届けてくれました。


b0238306_2140155.jpg頂いた帰りにレモンを買い、
帰宅後早速6玉をコンポートに。

暑いうちに「薔薇ゼリー」。


b0238306_21403620.jpg煮崩れたのはアイスクリームと。

瓶詰にできる瓶がなかったので、
取り敢えず冷凍。


b0238306_2141503.jpgこちらも頂き物のすだち。













今年はシナモンもミントもカルバドスもなしで
すだちだけで「シンプル和風」なジャムに

b0238306_21421227.jpg
ざ・頂き物コラボ!です。

いや~秋は頂き物が多くて
うれしいですね~
(^v^)ゞ



[PR]
by odaidoco-labo | 2015-10-20 21:56 | お菓子 | Comments(0)

モンブランタルト

金木犀の花が一斉ににおい始めました。
秋ですね~。

また栗をもらいました。
ただ今3度目の渋抜き中です。
だんだん面倒くさくなってきました(ーー;)

b0238306_17562029.jpg前回の栗の渋皮煮は
モンブランタルトにしました。

シュトロイゼル、クレームデプロマット、
マロンクリームの簡単な構成です。

でも・・・
クレームデプロマットの味が、
いつもと全然違って、
なんだか余計な味と香りがしました。

使った生クリームが悪かったみたいで、
マロンクリームも同じように余計な味が。

どこにでも売ってるメーカーのものだけど、
私は今まで使ったことがなかったみたい。



b0238306_17564324.jpg食べてくださった方、
ごめんなさ~い。

今度はもうちょっと
ましなもの作ります。


やはり材料選びは
大事ですね。
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-10-09 18:14 | お菓子 | Comments(0)

秋の味覚 第二弾

「ちゃとびが美人になってる~」
と、幼いころよく両親に言われました。

それが夜なら「もう寝なさい」の意味で
昼間なら「ちょっと熱計ってみよう」の意味。

一重まぶただった私が二重になると
眠いか体調が悪いかのサインだったのです。

大人になるにつれ二重は固定されたのですが・・・
先日ちょ~ショックだったのは、なんと・・・

三重まぶたになってるではありませんか~。

それから毎日一生懸命目元ケアの「ハロキシル」を塗っていますが、
全然二重に戻りません(><;)

友人に「三重まぶたになっっちゃったよ~」っていうと、
「そんなのきいたことない」とケラケラ笑う。

「じゃ、見てごらんよ」というと、
「今日眼鏡(老眼鏡)持ってないから見えない」

・・・ですと。

b0238306_1172284.jpgさて、
今年も庭に立派な栗が生りました。

勿論、うちの庭じゃなくて、
ケラケラ笑いやがった友人の庭に。


b0238306_1174996.jpg大きさがわかるように
「カンロ飴」と比較。

年に一度、さんまを煮る為に
買うカンロ飴。

たまに食べると香りがよくて
おいしいです(^v^)

b0238306_1189100.jpg早速渋皮煮に。

今年は見た目がいまいち。

でも、ラム酒を効かせて
甘さもGOOD。

瓶詰を一つ作って、
形の悪いのは胃袋に、
煮崩れたのはペーストに。

まずはタルトかな?
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-09-27 01:46 | お菓子 | Comments(0)

総ざらえキューブ・ド・ネージュ

8月初めに「これで石鹸作って」と、
少々賞味期限の切れた掛川の煎茶をもらいました。

アルミパウチでしっかり真空パックになってるので、
まだまだ大丈夫、石鹸にするのはもったいない。
お茶挽き機で粉にして、お菓子用にします。

機械がすぐ熱を持っちゃうので、休み休み。
だから、温度も湿度も高い真夏にするのはちょっと無理。

涼しくなって湿度も下がったので、
一日かけてお茶挽き機で一袋全部挽きました。

そしてこの作業の後は、
機械の中に残ったお茶粉でお菓子作りが恒例。

b0238306_3891.jpg今回はブール・ド・ネージュ(雪の玉)
・・・ではなく、キューブ・ド・ネージュ。

煎茶粉は抹茶より明るい緑で、
苦みは抹茶よりしっかり。

抹茶は上等でないと発色しませんが、
煎茶の粉はとても発色がいいのです。

あ、でもこれは静岡茶だからかも。
浜松の友人たちに感謝、感謝。


冷蔵庫に残ってたバター全部、
アーモンドプードル全部、
ヘーゼルナッツパウダー全部、
クラッシュピーナツ全部。

とにかく残り物総ざらえで結構な量に。


丸めるのが面倒くさくて、
切ったままのキューブを試し焼き。

う~ん、角から焼き色がついてしまう。
ちょっとだけ丸めて面取り。

何とも中途半端なキューブに。

b0238306_383063.jpg

ヘーゼルナッツパウダーが多めなので、
油分のしつこさがちょっと喉に残る感じかな。

私は香りが好きでよく使うのですが、
嫌いな人はこの後引く感じが嫌なのかも。


さてさて、大量にできちゃったので、
明日から遊びに来る浜松の友達に押し付けよ~っと。
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-09-18 03:43 | お菓子 | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。