タグ:徒然 ( 307 ) タグの人気記事

アルバムの中に…

とてもショックで悲しいことがあり、
今日は帰宅してすぐに、22年前のアルバムを開きました。

アメリカ生活の最後の一月、私はTREC AMERICAという、
バンに乗ってキャンプでアメリカ各地をめぐるツアーに参加しました。

1990年5月1日、
ニューヨークのとあるホテルで参加者が顔合わせをし、
夕食をともにしながらの説明会がツアーのスタートでした。

私のグループの参加者は世界各国から11人。
二人の友達同士の参加以外は、全員が一人での参加でした。

私が申し込んだのはニューヨークをスタートして、
南部を通ってロサンジェルスに向かう1ヶ月のコース。
でも、私を含む3人以外は、さらに北部を通って
ニューヨークに戻る2ヶ月のコースでした。

「テントは二人用なので、ペアを組んでください。」と言われ、
参加者の女性の中で、英語がネイティヴでない私とスイスのキャサリンが
なんとなく残り物同士でペアになりました。

その夜のホテルから、私とキャサリンのルームシェアのスタートです。
それから、テントだけでなく、ツアー中の行動もずっとキャサリンと一緒でした。

トレックリーダー(ツアーコンダクター)の指示が分からない時、
私がいつも聞いていた相手がフィンランドのミッキという男性でした。
彼も英語はネイティヴではありませんが、数ヶ国語が話せる人でした。

最初はいろんな人に聞いていましたが、彼はいつも穏やかで、
最終的に一番聞きやすい相手だったのです。
きっとキャサリンもそうだったのでしょう。
そして、3人で話をすることが増えてきました。

ツアーがスタートして2週間、ニューオリンズではホテル泊。
キャサリンは外でミッキと話していて、なかなか部屋に戻ってきません。

ベッドから、カーテンの僅かな隙間に目をやると、
ちょうど二人がキスをしているのが見えました。
月に照らされた映画のワンシーンのような光景を、
今でもはっきり覚えています。

二人の気持ちはなんとなくわかっていましたが、
その日を境に、二人の仲はメンバー内にも公になり、
ずっと離れず行動するようになりました。

お邪魔虫ながら、私もずっと一緒で、
三人は‘We are typical stupid tourist(典型的なアホな旅行者)’を自称し
観光もイベントも心から楽しみました。

右端で私と肩を組むのがキャサリン、二人の後ろに立っているのがミッキ。
b0238306_1355989.jpg











ミッキは私と同じく一月でツアーを去る予定だったのですが、
勤め先に電話を入れ、さらに一月休暇を延期してもらったのです。

「『ある女性と出会ったから』と正直に言った」と。
「そんな理由で休暇を延ばしてもらえるなんて信じられない」
とキャサリン自身がかなり驚いていました。

私がツアーを去る時、トレックリーダーは
二人がテントシェアをすることを提案し、
私というお邪魔虫がいない残り一月を満喫できることに。

でも、「メンバーも入れ変わり雰囲気も悪くなって、
あなたがいなくなって楽しくなくなった」
と、優しいキャサリン絵はがきにしたためてくれました。

3年ほど経って二人は結婚してスイスで暮らし始めました。
1995年に私が遊びに行った時はまだ二人でしたが、
その後3人の子供が産まれました。

他のメンバーも数年は連絡を取っていたのですが、
結局現在に至るまで連絡を取っているのは彼らだけです。

先日、年明けにもいつものように、
クリスマスプレゼントのお礼のメールが来ました。

でもそれは同時に、ミッキが病気で、
しかも重篤である事を知らされるものでした。

単に英語でメールを書くだけでもすんなりとは行かないのに、
どんな言葉を選んで書けばいいのか…と、
気がつけば一週間近く返信できないままでした。

やっと返信したら、すぐにたった一行の返信が来ました。

ミッキが彼自身の誕生日に逝ってしまったというものでした。

たった一行のメールに、彼女は3箇所ものタイプミスをしていました。
かなり動揺しているのが分かります。

「家族5人で日本に行くのはお金がかかりすぎるから、あなたがスイスに来て」
「日本へは子供が大きくなってから、ゆっくり夫婦二人で来ればいいよ」
どちらもいずれは実現すると思っていました。

遠い空の下で、今何もできない自分がもどかしい。
花一輪さえ届けられないこの距離が恨めしい。

私に何ができるのか、ずっと考えています。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-01-21 03:35 | 徒然 | Comments(0)

1.17と家の守り神

17年前のあの時、私は始発電車の中でした。

電車は停電しながらも、運よく惰性で駅に滑り込み、
立ち往生することも缶詰にされることもなく、
タクシーもすぐに捕まり家まで問題なく帰れました。

電車に乗っていたお陰で、揺れの恐ろしさも多分1/10ぐらいだったと思います。

どこで災害に遭うか、その後どう動けるか、
それはもう運みたいなもの。
でも運だからといって備えないわけにはいきません。

災害用持ち出し袋の水を、賞味期限前に使って
補充しないまま月日が経過してしまっています。
タオルやトイレットペーパーも、きっとかび臭くなっていることでしょう…。

一から入れ直ししなくては。


地震でできた無数の壁のヒビたちと、
その後もずっと一緒に生活していましたが、
4年前に「耐震」「耐火」が売りの住宅に無事建て替えました。

その時、家の解体を見ながら「ヤーモンどこ行っちゃうんだろう…」と。
ウチの門扉に棲みついたヤモリのヤーモン。
私が子供の頃からいるから、何代目だろう。

新居に入って数ヶ月、ヤーモンのこともすっかり忘れていた頃に現れました!
お目目くりくりでかわいいでしょ。(苦手な人ごめんなさい)

b0238306_2374464.jpg





以前の安普請の木造家屋でも、家の中まで入って来たことはなかったのに、
どうやって入ってきたのか??と首をひねりました。

私の人差し指と比べても、こんなに小さいんです。
でも不思議なことに、昔からこれくらいのサイズの子にしか会ったことがありません。

b0238306_2381197.jpg







2回目に現れたとき、どこから上がってきたかわかりました。
ホームエレベーターの縁の下に通じる隙間。

ところが…

しばらく見かけなくなり

心配になって

エレベーターの隙間を覗くと……



縁の下で干からびていました(><。)涙
手の届かないところなので、葬ってやることもできず、
風化するのを待つしかありません(><。)


以来、ヤーモンの子孫(?)は現れず。


災害から我が家を守ってほしいのに…。
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-01-17 20:48 | 徒然 | Comments(0)

新年のご挨拶

b0238306_1251244.jpg
明けましておめでとうございます。
今年は明るい一年になりますように。

お正月なので、ちょっといい和菓子も用意しました。
b0238306_12553768.jpg






飾る時、ピンセットを使いながら、結構イライラします。
既製品、手作り品、ごちゃ混ぜにして飾ってます。

b0238306_12565985.jpg
ミニチュアを撮るのはとっても難しい。
最後には根尽きてコンデジで。
良くも悪くも全体にピントが合うので、全体がよくわかります。

b0238306_1384874.jpg








あまりアップにすると、安っぽさ満開です。
b0238306_1324627.jpg
皆さんはホンモノのお正月お楽しみくださいね(^^)/
[PR]
by odaidoco-labo | 2012-01-01 00:01 | ミニチュア | Comments(1)

どっちがメイン?

じゃ~ん!
私にって今年最後(?)の大イベント、
ルミナリエに行って…
b0238306_15474227.jpg













ませんよ。高みの見物だけ。

b0238306_155119100.jpg理由はこれ。コルドンの特別講座。
MOF(フランス国家最優秀職人章受賞者)
であるブルーノシェフの特別講座。
以前コルドンで教えていらっしゃった方。
去年も全く同じ時期に出版記念講座があり、
ルミナリエをバックに、一緒に写真を撮って頂きました。

コルドンのクラスメート14人のうち12人が講座に申し込みをしていたので、
この日に同窓会&忘年会をしよう!ということになっていたのです。

場所を提供してくださったのは、神戸御影マダムのM子さん。
さすが御影の高級住宅地。おうちもお庭もひろ~い!!

メインはカニ。
N美さんが、地元のカニを朝一に届くように手配して下さっていました。
勿論、証明のタグ付き。茹でガニも一人一匹。
これでもか、というほど頂きました。

しかも、N美さんのおごり。
「今度はちゃんと貰うから」
と、いつもの手口で、お金は受け取ってくれません。
N美さん、いつもありがとう~!

b0238306_1628515.jpg











Y子さんがモンサンクレールの、K恵さんがモンプリュの
シュトーレンを持ってきてくれました。

右手と左手に持って味比べ。
生地の食感、アルコールの使い方などなど、全然違います。
どちらが好き、と訊かれても…
ん~、どっちも!

そして、Aさんが可愛いストラップを全員分作ってきてくれました。

女が11人もいれば、後片付けもあっという間です。
本当に楽しい一日でした~

…って、終わりそうになっちゃったけど、
これから特別講座に行くんだよ~。

学校へはルミナリエの通行証を手にしながら、三宮駅から遠回り。
最後は息を切らせながらの早歩きで何とかたどり着きました。

講座の写真は載せられませんが、さすがMOFの作品です。
お腹一杯だったので、試食はお持ち帰りしました。

帰りにルミナリエを通って…と思いましたが、
9時を過ぎてもまだまだ入り口にすごい人が並んでいます。

逆行して元町駅に行こうとしても、遠回り&足止めを食わされました。
この期間、付近に勤める人は本当に大変です。
ルミナリエは見られませんでしたが、朝から晩まで充実した一日でした。

さて、現実に目を向けて、締め切り仕事を片付けないと…。
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-12-11 17:05 | 徒然 | Comments(0)

着物のリフォーム その2

最近お金がかかったこと、
それは火傷。

薬局で保護シートを買ったり、
結局諦めて病院へ行ったり、
病院で貰った薬を塗るためのガーゼを買ったり…。

先日、授業で「民間療法」の話になったとき、
誰かが「火傷には歯磨き粉を塗る」と言い出しました。

「え~?歯磨き粉~?」と反応する私とは対照的に
「そうそう、歯磨き粉!!」
と、中国人、韓国人、ベトナム人、タイ人みんなが同じ反応。

火傷に歯磨き粉って、日本でも言うんですか~?!


さて、

昨日のエプロンドレスを着て、
地元市内の駅前を歩いていた時のこと。

道沿いの屋外で、着物のリフォームの小物を販売しているのを発見。
少し手にとって見ていると、その前で数着の着物を虫干ししていた女性が応対。
そして「それ、自分で作られたの? だったら、ここの着物も貰ってくれる?」

かくして、私は見ず知らずの女性に、2着もの着物を頂いたのです。

実は小物が置いてあったのは、貸ギャラリーに続くアプローチで、
その時は、和紙で作ったアクセサリーや、
着物のリフォーム服、小物などの展示即売をしていたのです。

全くタダで頂くのも悪いと思い、中に入って、2000円ほどの買物をしました。

その時に頂いた、正絹のモスグリーンの生地で作ったのがこれです。

b0238306_093475.jpg

















スカートもベストも、ちょっと凝ったデザインです。

写真では見にくいですが、胸元や脇にくるみボタンがついています。
柄が複雑でボタンがはっきりしないので、
100均のラメ入りマニキュアを塗ったら、なかなか豪華に。
ちょっとしたグレードアップにこの方法、お勧めです。

これは、立食パーティーに着て行ったこともあります。

だって…

ウエストがゴムで、と~っても楽ちん!!なんだも~ん(^^)v
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-12-09 09:42 | 洋裁・編み物 | Comments(0)

大風呂敷

風呂敷が好きです。愛好家です。

…といっても、実は本物の風呂敷はほとんど持っていません。
余り布で作ったものや、バンダナ、100均のスカーフなどです。

昔から旅行鞄の中は全て(似非)風呂敷。
荷物が多くてチャックが閉まらない通勤鞄は、100均スカーフで目隠ししています。
このスカーフは時々エコバッグに変わります。

授業で風呂敷というワードが出てきた時はいつも、
いろんな包み方を実演で紹介します。
女子学生はもちろん、男子学生でさえ「ほ~」という反応。

私の授業が終わるなり、昼休みに「風呂敷の本」を
買いに走った学生がいたこともありました。

その後、その学生のバイト先で、お節料理を包んだ風呂敷が30枚も余り、
「店長が捨てようとしてたので、全部もらってきました」
とうれしそうに報告してくれました。

スイスの友達にも、クリスマスプレゼントに、リバーシブルの風呂敷と、
風呂敷の本(フランス語がなかったので、英語版)を贈ったら、
彼女もいたく気に入ってくれたようで、
風呂敷になりそうな可愛い布を探しているけど、なかなかいいのがない、
というメールが来ました。

というわけで、今日は手作り風呂敷を紹介します。

「大風呂敷広げ…たたみました」の図。
b0238306_19242652.jpg












これは余り布ではなく、風呂敷を作るためにわざわざ購入し、
今年のお正月休みに作ったものです。

持ち手つき 其の壱
b0238306_19251336.jpg











「風呂式用持ち手」というのは、結構よいお値段で売っています。
持ち手を2つ作っておけば、使い方も広がったんだけど、布ギリギリ。


持ち手つき 其の弐
b0238306_19253542.jpg












これは私のオリジナルデザインです。

洋裁の先生に見せたら「私も作る」と採寸を始め、
なんと、デザイン画まで描き始めました。

「あの~せんせ~、私、布があるだけ使って、テキトーなんですけど~」
「でも、測ってノートに残しとかんと…」

これがプロと、何でもテキトーの素人の違い…ですね。

私の周りの一部の世界で大人気の風呂敷
皆さんも見直してみてはいかがですか?

[PR]
by odaidoco-labo | 2011-11-29 19:51 | 洋裁・編み物 | Comments(0)

「卒業は失業」

授業で各国の大卒の就職状況の話になった時、
中国の学生から出たことば。
台湾でも同じように言うとか。
韓国でも大卒の就職率が50%台。
今日のニュースで、日本の大学生の「就職難」も
あらためて伝えられていました。

昨日、午後の授業が始まった時、
かばんだけ出席していて、不在の学生が。
これはたまにあること。

遅れてきた学生に、私は決まって
「フランス料理のフルコースでも食べてたの??」
と満面の笑みで質問する。

すると、今日は
「違います!インド料理です!」
と、満面の笑みで返された。
どうやら他のクラスの学生達5人で行ったらしい。
「私が悪いんじゃなくて、店が…本当です!」と。

後から聞くと別のクラスの学生は、先生に
「店の証明書持って来たら、遅刻取り消してくれますか!?」
と聞いたらしい。もちろん冗談だけど…。

寒くなると、コンビニおでんを食べている学生をよく見かけます。
好きなのかというと特にそうでもなく、
「すぐに食べられる温かいものが、これしかないから」

学生達、特に中国系の学生達は冷たいご飯を食べる習慣がありません。
日本のように持って来たお弁当をそのまま食べるというのには抵抗があるのです。
学生用に数台電子レンジは置いてあるものの、
使用がいっときに集中するので、行列になってしまいます。

タイやベトナムでも、家を一歩出れば
できたての安い食事を提供してくれる屋台がたくさんあります。

彼らにとって日本は「昼食難」なのかもしれません。
[PR]
by odaidoco-labo | 2011-11-18 18:41 | 徒然 | Comments(0)


管理人:ちゃとび  多趣味だけど、何一つモノにならない器用貧乏が、大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。