その連絡、今ですか?

また、あちこち大変なことが起きています。
今、被害地域にいる方は大変な状況だと思います。

現在も、そして今後も必ず起きるであろう大災害時に、
少し考えておきたいと思います。

被害地域に知り合いがおられる場合、
安否確認など、その方と連絡が取りたいと思います。

でも、その人にとってあなたは家族ですか? 恋人ですか?
連絡を最も優先されるべき人ですか?

その人は携帯電話を握りしめて、
家族や消防と連絡を取ろうとしているところかもしれません。

命の危険が迫っていなくても、被害地域にいれば
やらなくてはいけないことがたくさんあります。

自分が安心したいためだけの連絡なら、控えるべきです。
その連絡をもらっても、被害地域の人には何のプラスにもなりません。

連絡を取りたいなら、少し落ちついた数日後に
手助けは要らないか、必要なものはないかのお伺いという形で。

今、一呼吸おいて考えてみてください。


金曜日の出勤途中に「臨時休校」の連絡。
この短期間に二度目の休校です。

近所にも倒れた塀や、道に転がった灯篭など
地震の時のままの所がまだまだありますが、
何より、屋根にダメージを受けたお家が大変です。


まだまだ各地で雨が止まないようです。
十分お気をつけください。







おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2018-07-07 15:16 | 徒然 | Comments(0)

6月18日

b0238306_1834670.jpg7:58発の電⾞に乗ったすぐ、
「なんかまた遅れそう」と
嫌な予感がした瞬間の出来事でした。

福知⼭線の脱線事故からの教訓でしょう、
胸に⼤きな「救護」のシールを貼った
通勤途中のJR職員が集まり始めました。

⼀時間ほど⽸詰に会いましたが、
線路は数⼗メートルしか歩かずに済みました。

阪神淡路⼤震災の時も電⾞の中でした。
駅の看板もあちこち落ちていたあの時に⽐べたら、
被害らしいものも⾒えず、静かです。
駅のホームにはもちろん、駅前にももう⼈はほとんどいません。

駅を出て公衆電話に並んだところで職場から「臨時休校」のメール。
そのまま家に向かいました。

塀が倒れていたり、⽡が落ちていたりはするものの、
とにかく、町の中が静かです。

上空のヘリコプター以外は。

幸運なことに、発⽣から1時間半ほどで帰宅できました。

b0238306_18352766.jpgb0238306_18354488.jpg

家に帰るとこのあり有様です。

冷蔵庫は2台ともドアが開き警報⾳が鳴りっぱなし、
シュレッダーの電源が勝⼿に⼊って回りっぱなし。

⾷器棚は器の下に滑り⽌めシートを敷いてありますが、
底の平らな深鉢でさえ、⼀番下の⼀つを残してすべて⾶び出していました。

テレビもシリコンの滑り⽌めで⽌めてありましたが、
まっさかさまに落下です。

3メートルほどある本だらけのデスクも、
20㎝ほどせり出してしまいました。

b0238306_18364874.jpgb0238306_18372716.jpg

天井までつっぱってあるブックラックも転倒。
ひっくり返ってない植⽊鉢からも⼟がこぼれていました。

b0238306_1838329.jpg

家具は全て転倒防⽌をしてありますが、
2.3階の家具は全て動いてしまいました。

割れ物はとりあえず回収したものの、
家具が元の位置に戻らないことには⽚付けられません。

⾬の予報なので、ベランダも急いで⽚付けなければなりません。

冷蔵庫から落ちたものが床を濡らしているし、
⾊んなものがひっくり返って床が濡れています。

シンク下の引き出しには(いつも出勤前に作る)やかんの湯冷ましが全て零れています。

夜遅くなってから差し⼊れを持ってきてくれた友⼈のおかげで
やっと家具の位置は元通りになり、その後も3時過ぎまで⽚付けを続けました。

翌⽇からは⽚付けはあきらめて、パソコンまわりだけを押しのけて、
その⽇、その⽇に仕事に必要なものだけを探し出して⽣活。

昨日の土曜日に一日かかってやっと元通りにすることができました。
壁紙は10か所ほど亀裂が言っていますが、躯体は大丈夫。

阪神淡路大震災の時には、
ウチも含め近所の家のほとんどが外壁に亀裂が入っていましたが、
今回は揺れが大きかったにもかかわらず、
近所を見て回っても外壁に損傷のある家はそれほどないようです。

震度だけでは表せない、揺れの周期というのがあるそうで、
今回は「極短周期」と言って、塀や家具に影響が出る揺れだったそうです。

塀といえば、幼い子供が本当に気の毒です。
「寿栄小学校」は寿町と栄町が校区であることからつけられた名前。
本当にうちの近くなんです。

滅多に使わない道ですが、先日たまたま通りかかって、
すごく違和感を覚えたのを、ニュース映像を見て思い出しました。



震災直後から多くの友人知人から安否確認の連絡、
「いるものがあったら遠慮なく言って」のメッセージを頂き、
ありがたい限りです。

お陰様で大したダメージもなく普通の生活に戻れています。

最初は一件ずつのメールに返信していましたが、
家族や職場と連絡が取れない中、
電池の消耗が気が気ではなく、途中から返信はあきらめました。

帰宅後も次々メールが入りますが、
何十人もに一人一人返信している余裕はありません。

中には普段メールをやり取りしていない方からで、
どなたからなのかわからないものもありました。

誰に返信したか、してないかもわからず、
失礼した方もたくさんいらっしゃったと思います。

この場をお借りしてお詫びいたします。

ただ、大きな災害が起きた時は、家族や職場との連絡が最優先です。
どこかでまた必ず起きる大災害の時には配慮しなければと私自身も実感しました。

それと、ヘリコプターがうるさくて、市広報の放送が聞こえませんでした。
毎回災害が起きるたびに言われることですが、配慮してほしいものです。







おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2018-06-24 20:09 | 徒然 | Comments(2)

どくだみ&ワイン石鹸

b0238306_10561863.jpgあるベトナムの学生が
「日本ではドクダミ売ってないですよね」と。

ベトナム料理ではどくだみを生のまま
パクチーやミントのように食べます。

「生はわざわざ売ってないね」というと、
「大好きなんですけど、どこにも売ってないから、
公園にあったのをこっそり採ってきました」と。

その話を先輩に話すと、早速
その学生のために庭から摘んで持参。

大喜びで袋を開けようとしたので
「ここで開けないで!!」と制したそう。

今年も我が家の庭に生えたどくだみ。
花の咲く前に根こそぎ引き抜きます。


b0238306_10564513.jpgどくだみを嫌う人は多いけど、
私は毎年出てくるのを心待ちにしています。

根も葉も一緒に刻んでワイン漬けに。

乾燥させた葉は砕いて、
さらに細かいのと粗いのに分けます。

そして毎年GWに作るのが恒例とった・・・

b0238306_10571182.jpgドクダミ石鹸

梅雨入りと同時に使用解禁です。

今年は白ワイン入りで
安定の使い心地です。

中に見える白い塊は・・・

b0238306_10585373.jpgこの石鹸を刻んで混ぜたもの。
ベビーオイルで作った石鹸です。

顔を洗うと、つるつるしっとりで
使い心地は最高・・・

だったのですが、
髪や体を洗うと、油分が残り過ぎて
逆に使い心地が今一つ。

・・・というわけで、
オーバーファット(潤いを残すための追加オイル)
の代わりに、刻んで混ぜ込みました。


職場の近くに、ベトナム人を狙った商売が
ちょくちょく増えてます。

先日、向かいの雑居ビル2Fにバインミーの専門店ができました。
同僚たち曰く「あの急階段を上るほどの味じゃない」らしいです。

ベトナム料理は好きなので、おいしい店ができてほしいものです。

あ、でも・・・
生のドクダミは勘弁です(ーー;)







おだいどこ☆らぼ
石けんに使った材料はMoreへ


More
[PR]
# by odaidoco-labo | 2018-06-17 13:07 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

ミント・ミント・ミント

仕事帰りに同僚がソフトクリームを食べに行こう、と。
最近できたばかりの話題のお店らしい。

店の前まで行くと、確かにTVで見たことあるような・・・。
5.6人ほど並んでゲット。

一口食べて、二人して顔色が変わってしまいました。

ま、不味い

口に入れたとたん、油分が口に広がるのに全くコクがない。
甘みだけは妙に抑えてあってバランスが悪い。

おいしくないのではなく、まずいのです。
まずいソフトクリームなんて、初めて食べました。

翌日職場で「あそこのソフトクリーム絶対食べたらダメ」と力説すると、
「そんなにまずいなら、ちょっと食べてみたい」と。

そういえば、結婚を機に東京に移住した友人がこんなことを言っていたことが。

「池波正太郎も愛したっていうお好み焼き屋に行ったら、まずいまずい。
 あまりにもまずいから、話題作りに一度食べに連れて行ってあげるわ」と。



b0238306_1044519.jpgさて、
苺も終わろうかというこの時期に
りんごです。

少々前のこと、来客があったので、
家にあったりんごのコンポートを使って
りんごのムースにしました。

b0238306_1045446.jpg今日の主役はそれではなくて、
添え物なのに存在感爆発の
育ちすぎたミント。

b0238306_11242861.jpg昨年夏の間、ベランダで
せっせと育てた堆肥。

育てた、というか
単に生ごみ処理をしていた、
というか。




b0238306_10451715.jpg堆肥のおかげか、
わっさわっさと茂ってきたので
(写真後ろに見えるプランター)
バッサリ刈りしました。

現在育てているのは
スペアミント、
ラベンダーミント、
グレープフルーツミント。



b0238306_10471967.jpgそしてせっせと(電子レンジで)乾燥させ、
3種まとめてミントティーに。

b0238306_10473591.jpgまずはミントだけのハーブティーを
サンリオのティーカップで。

これは小学生の時友達から誕生日にもらったもの(^艸^)


b0238306_1048248.jpg残った茎は捨てるに忍びないので・・・
また別のプランターで育てる準備。

b0238306_10481732.jpg冬の間は赤みが強かった
ウォータークローバー。

よく見ると、5つ葉がありました。
花言葉は「金運」「財産運」らしいです。

子どもの頃、すぐ近所に
やたら葉の多いクローバーのある空き地があり、
六つ葉、七つ葉、八つ葉、
まで見つけたことがあります。

因みに、この五つ葉は
あっという間に枯れました。

財産運なしです。









おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2018-05-27 11:47 | 花・植物 | Comments(2)

ワイドパンツ

とうとう連休最終日になりました。
皆様は楽しまれたでしょうか?

私は見事にお籠りさんでした。
・・・病院に駆け込んだ以外は。

そのせいで結局前半はずっとゴロゴロ。

連休初日にしようと思っていたのは
ワイドパンツを作ることだったんですが。

b0238306_8313335.jpg15年前作ったアンサンブル。

デニムに見えるけど、伸縮性があって
とっても着易い、いい生地です。

実は頂き物。

ジャケットは今もよく着ていますが、
パンツはほとんど履いていませんでした。

だって・・・


b0238306_8315574.jpg9号サイズのトルソーに着せて
ホックが閉まらないんですから。

市販の7号サイズが入った時代が
あったんですよね、私(遠い目)。

ホックを止めず、ウエストベルトを一折すると
ちょうどぴったりだったので、誤魔化しながら
たま~に履いてはいましたが。

b0238306_8322298.jpgようやくサイズ直しができ、
ぴったりで気持ちい。

締め付けがあるとじんましんが出るので、
ウエストのベルト芯もなしにしました。

15年で変わったものは、体質も。







ワイドパンツの型紙を検索すると、
ほとんどが前後差なし、ウエストまっすぐ。

しかもサイズが大きすぎる。

これじゃ着にくい。


b0238306_8325294.jpgならば、ここからやってみよう。

せっかくサイズ直しを
したのだから。

b0238306_8333266.jpgよく使う型紙は、PPシートに写しておく、
という先生の方法を真似てます。

違いは、私が使うシートは
100均の安物という点ヾ(-v-)

b0238306_8343166.jpgさて、はたして、
この型紙でいけるのか??

ま、カッコ悪くても室内着にはなるし、
布は頂き物が売るほどあるわけだし。

b0238306_8354029.jpgずっと床で作業をしていたので
そろそろ腰が限界。

そこで思い出しました。

確か、まだ長屋に住んでいた幼いころ
母が買ってきたのを覚えています。

10年前に母親が持ってきてそのまま。

b0238306_8362055.jpgなかなかの使い込み感。
ルレットも針も遠慮なく使いましょう!

と思ったけど、このパンツ、
90×90の台では乗り切らず。







b0238306_8382433.jpg型紙ができれば、縫うのはあっという間。

実はボーダー柄だけど、
ワイドパンツをボーダーって
恐ろしいことになりそうなので・・・



あれ?意外とすっきりみえる。
実際私が着ても。

これなら外出できるかも。

b0238306_839463.jpgじゃ、ウエストのゴムも隠してみましょう。

この型紙使えそうです(^^)v

b0238306_1026043.jpgミシンを出したついでに縫った
「レッスンバッグ」

なにしろ、私の趣味は荷物が多い。
ギリギリ持ち歩けるサイズで。

パンツより5倍以上の時間と
20倍以上の糸を費やしました。

実はこれも頂き物のカーテンの端切れ。
表と裏を使いながら作りました。

畳みやすいように、
マチはエコバッグ型に。








さて、現実に戻って
今日は仕事しなくちゃ(ーー;)







おだいどこ☆らぼ

[PR]
# by odaidoco-labo | 2018-05-06 10:43 | 洋裁・編み物 | Comments(0)

久々に咲いた花

あっという間にGWです。
GWはカレンダー通り飛び石の時もありますが、今年は9連休。

出かける予定は全くありませんが、
私の中では(仕事も含めて)いろいろとスケジュール。

ところが、GWの始まる金曜の夜から・・・
あれ??あれれ~?

土曜の夜に時間外診療に飛び込み、あわや入院(◎◎!)
でしたが、何とか自力で帰宅しました。

「また悪くなったら救急車を使ってもいいから、
入院の準備してきてください」・・・て
何となく不安を抱えた残念なGWのスタート。

今は元気です。

それにしても毎度毎度、なぜ仕事に影響が出ないときに??
おかげで有給休暇は余りまくりです(--;)

b0238306_130572.jpgさて、
数年ぶりに立派に咲いてくれた
クンシラン。

一輪目は一気に咲いて
こんもり真ん丸。

b0238306_1311595.jpg二輪目はバラバラ咲いたので
一輪目と合わせてこんもり。

b0238306_1312930.jpgそして三輪目は・・・

葉っぱに挟まったまま
咲き切れず。




b0238306_1315174.jpg一緒に生けたのは
化け物のごとく育ったミント。

b0238306_1321181.jpg先月のことですが、これまた数年ぶりに
一輪だけクリスマスローズが咲きました。

b0238306_1322869.jpgそして、こっそり咲いたのは
この時→の人参です。

根っこはどんどん腐るのに、
葉っぱは元気。
二つ目の花も付けています。


夏に咲く花はオシロイバナと朝顔ぐらい。
切り花を楽しめるのもこれが最後です。


皆さんも、GW楽しんでくださいね!








おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2018-05-01 02:26 | 花・植物 | Comments(0)

KUMAMOTO

熊本の震災から丸2年が過ぎました。
実は、2月にこっそり(?)熊本へも行ってました。

b0238306_211871.jpg加藤清正猫(?)

観光関係の人だと思って
声をかけたら、

「ただの散歩です」
・・・って

(頭はクマモン)

b0238306_2113538.jpg
TVで何度も見たけど、
想像以上の崩れようです。

天守閣は着々と再建されていますが、
石垣はほとんど手付かず。



b0238306_2125074.jpg私が生きている間の完全再現も
きっと難しいでしょうね。


b0238306_213713.jpg市役所最上階の展望台へ。

スペースのほとんどが
住宅再建の相談室になっていて、
熊本城を望む方向以外は
展望できない状態でした。


b0238306_2132775.jpg市役所内には、地元の高校生が
折鶴で描いた熊本城が。

一歩でもこの絵に早く
近づきますように。

b0238306_2134782.jpgお昼ご飯は「馬肉そば」。
あっさりとくせがなく美味。

b0238306_214294.jpg
閉園間際の水前寺公園へも。

湧水がとってもきれいで、
猫も水を飲みに来ていました。



九州を訪れた時は2月でしたがとても暖かく、
やはり南国だな、と思わされました。

昨日大阪でもとうとう夏日を記録しました。
先週は灯油を買い足そうかと思っていたのに。

しばらくは気候変化のジェットコースターかな。
皆様もご自愛くださいませ。








おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2018-04-23 02:39 | おでかけ・イベント | Comments(0)

さくら、さくら。

とうとう新年度が始まりました。

希望に胸をふくらませている人もいれば、
どよ~んとしている人もいることでしょう。

私?
ま、そこはきかないで。

でも、春はやっぱりいいですね~。
桜はやっぱりいいですね~。

b0238306_1335324.jpg

桜の名所に「人見」に行くよりは、
ゆっくり地元で桜散歩。

b0238306_1345027.jpg

土曜でもゆっくり「花見」ができます。

b0238306_138668.jpg

遊歩道の両脇には
地域の人たちが世話する様々なお花が。


BBQ、お酒、カラオケで
ドンチャンする人たちもいません。

せいぜいシートを広げてお弁当。

のどかな花見が満喫できます。

b0238306_1382341.jpg

サッカーボールを持った小学生男子グループも
反抗期真っ盛りと思しき中学生男子グループも
「きれいやな~」

男子だけのグループで見る花なんて
桜ぐらいのものでは?


b0238306_1432091.jpg


水に映る桜

b0238306_14429.jpg



水に浮かぶ桜

b0238306_1441939.jpg

b0238306_144537.jpg

前日にもいた全然逃げないカモカップル。


b0238306_1443651.jpg人気のハムケツならぬ
カモケツ??




ここの水、汚いと思っていたら
意外ときれい。


それもそのはず。

今回初めて知ったけど、
ヒメホタルの生息地だったんです。

ゲンジボタルもいるんだって。

長年住んでて、初めて知ったわ(◎◎!)

b0238306_145972.jpg

ウチから自転車で5分、
結構街中なんですけど。

夏の楽しみが増えました(^v^)







おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2018-04-01 03:03 | おでかけ・イベント | Comments(2)

高取の雛祭り

3月の初め、嵐の翌日に、
奈良・高取の「町屋ひなめぐり」に出かけました。

b0238306_0502843.jpg
b0238306_0544266.jpg土佐街道沿いの100件近いお店や民家に
様々なお雛様が飾られています。

土佐街道はその名の通り
その昔、高知から来た人々によって作られた町。

b0238306_0511682.jpg多くのお雛様が7段15人飾りの
立派なものです。

1段目 内裏雛(男雛・女雛)
2段目 三人官女
3段目 五人囃子
4段目 随身(左大臣・右大臣)
5段目 仕丁

因みに「♪~お内裏様とお雛様~♪」
という歌詞はサトウハチローの間違い。

b0238306_0513087.jpg
京雛は男雛が向かって右。
左方上位の古い習慣が残っているからだそう。

また、北を背に座した時、太陽の昇る東が上位だから、
と昔人形作家さんに聞いたことがあります。

京雛と江戸雛の細かい違いはいくつかあるようですが、
一番の違いは仕丁の持ち物。

b0238306_0514247.jpg

江戸雛は靴や傘を持ち、御所から江戸に帰る旅支度。
京雛は旅支度の必要がないので、ほうきやちりとりを持って御所の雑用。

・・・というのは、
今回初めて学んだことの受け売りです(^艸^)

b0238306_0515495.jpg
部屋いっぱいサイズの
一閑張りのお雛様もあれば・・・

b0238306_052880.jpgデニムなお雛様もあれば・・・

b0238306_0522138.jpg
b0238306_052339.jpg歳を重ねたお内裏様カップルも。


江戸時代の古い物から、
様々な素材の創作お雛様まで
見応えたっぷりでした。

3月31日まで開催されています。










おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2018-03-24 02:15 | おでかけ・イベント | Comments(0)

さつま芋のサブレ

先月末、九州に行ったとき
鹿児島で「生キャラメル芋」
大分で「甘太くん」というさつま芋を購入。

焼き芋好きの両親と、友人のおみやげに。
勿論自分用にも確保。

大分の宿で部屋にあったお茶菓子が
甘太くんを使ったサブレでした。
大分さくっとリッチサブレ

b0238306_331209.jpg真似して作ってみました。

勿論レシピはわかりませんが、
とにかく見た目を真似っこ。

口に入れるまで「芋」だと思っていた両親。

我ながらなかなかのビジュアル
(^艸^)




b0238306_3313494.jpg
食事前に二人して
美味しい、美味しいと
パクパクもぐもぐ。

さつま芋をたっぷり入れたけど、
サクサクになるように工夫して、
狙い通りの味と食感になりました。

実は使った芋は「甘太くん」ではなく
「生キャラメル芋」の方。


b0238306_3315831.jpg甘太くん(左)は
水分が多いねっとり系。

生キャラメル芋(右)は
繊維がしっかりしたほくほく系。



100均の猫のお皿にポーセラーツで豹柄を付けてみました。

猫つながりで・・・
この少し前に焼いた「紅茶と生姜の猫サブレ」
b0238306_3322048.jpgb0238306_332407.jpg

b0238306_332535.jpg

オーブントースターに使っている
100均の「焼き網シート」。

直火に使えるってことは、
もちろんオーブンでも使えるはず。

と思い、オーブン用に新たにゲット。
これでサブレがサクッと焼けるはず。

猫サブレと芋サブレ、
両方に使ってみたけど・・・

実際違いはよく分からない。

ま、いいか。

     ・・・100円だし。










おだいどこ☆らぼ
[PR]
# by odaidoco-labo | 2018-03-16 04:22 | お菓子 | Comments(0)


多趣味で何一つものにならない管理人ちゃとびが大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。