カテゴリ:お菓子( 220 )

ブルーベリーでフルーチェもどき

先日出かけた先で、ブルーベリーをゲット。
コンビニの丼風の入れ物にいっぱい入って1000円。

そのまま食べても結構甘く、ぱくぱく。

でも、一気に食べてしまうと、
せっかくの栄養も排出されてもったいない。

というわけで、黒酢でサワードリンクに。

丸ごと漬けても時間がかかるので、
ミキサーでガガ~っと。

b0238306_3363318.jpg瓶に入りきらなかった分でフルーチェもどき。

豆乳とお酢をまぜると少しトロットしますが、
さらにゆるいゼラチンでまとめています。



物心ついた頃から我が家にあった
ガラスのコーヒーカップ。

結構お気に入りです。

が、
先日の地震で、残ったのはこの一つだけ。




b0238306_337640.jpgデュラレックスのグラスと合わせてみました。

少しごそごそしているけど、
アイスクリームやサンデー用なら
持ち上げないから大丈夫そう。

ちょっと無骨な感じだけど。

b0238306_3372319.jpgブルーベリーを買ったのは、
ツバメの「店長」さんがいた奈良の直売所。

一羽は前日、一羽はその日の朝に
巣から落ちてきたのを店の人が保護したそう。



b0238306_3373923.jpgこの日はしばしの涼をを求めて、
天川村の面不動鍾乳洞へ。

こんなところまで外国人だらけ
(◎◎!)

中はもちろん涼しいけど、
この日の奈良は
30度いかなかったみたい。

b0238306_3375641.jpg

下りはモノレールで。

b0238306_338811.jpg


清流で再び涼を。

川に足を浸けたのなんて、
何年振りだろう??










おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2018-08-12 04:06 | お菓子 | Comments(0)

さつま芋のサブレ

先月末、九州に行ったとき
鹿児島で「生キャラメル芋」
大分で「甘太くん」というさつま芋を購入。

焼き芋好きの両親と、友人のおみやげに。
勿論自分用にも確保。

大分の宿で部屋にあったお茶菓子が
甘太くんを使ったサブレでした。
大分さくっとリッチサブレ

b0238306_331209.jpg真似して作ってみました。

勿論レシピはわかりませんが、
とにかく見た目を真似っこ。

口に入れるまで「芋」だと思っていた両親。

我ながらなかなかのビジュアル
(^艸^)




b0238306_3313494.jpg
食事前に二人して
美味しい、美味しいと
パクパクもぐもぐ。

さつま芋をたっぷり入れたけど、
サクサクになるように工夫して、
狙い通りの味と食感になりました。

実は使った芋は「甘太くん」ではなく
「生キャラメル芋」の方。


b0238306_3315831.jpg甘太くん(左)は
水分が多いねっとり系。

生キャラメル芋(右)は
繊維がしっかりしたほくほく系。



100均の猫のお皿にポーセラーツで豹柄を付けてみました。

猫つながりで・・・
この少し前に焼いた「紅茶と生姜の猫サブレ」
b0238306_3322048.jpgb0238306_332407.jpg

b0238306_332535.jpg

オーブントースターに使っている
100均の「焼き網シート」。

直火に使えるってことは、
もちろんオーブンでも使えるはず。

と思い、オーブン用に新たにゲット。
これでサブレがサクッと焼けるはず。

猫サブレと芋サブレ、
両方に使ってみたけど・・・

実際違いはよく分からない。

ま、いいか。

     ・・・100円だし。










おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2018-03-16 04:22 | お菓子 | Comments(0)

はっぴぃばれんたいん

「バレンタインのチョコの注文とか受けないんですか?」
と、職場の同僚に聞かれ

「絶対に受けない」
と、答えると

「ですよねぇ」
と、納得。

この時期仕事がややこしい(ーー;)
先週は二日も徹夜状態。

実は昨日も。



1月初めの出勤日、
ロッカーを開けるとクリスマスの包みが。

年末最終日に熱でダウンして休んだので、
年末からロッカー内に入っていたのか??

メモもなく誰からかもわかりません。
「開けてみたらわかるよ」と言われたけど、
外から見る限り、メモらしきものも入っていません。

でも開けてみたらわかりました。

b0238306_2071916.jpg娘さんが〇仏商事に勤める方からだと。

こうして時々回ってくる食材、
有難い限りです(^^)




b0238306_20745100.jpgというわけで、オランジェットに。

バレンタイン時期としては数年ぶりに
チョコレートを溶かしてみました。

非接触温度計は半分故障状態で怪しいし、
肌で計れるほどの腕はないし、
一回目のテンパリングは失敗。

二度目で何とか。


b0238306_208725.jpg一度溶かしたチョコレートは
米粉のチョコレートマフィンに変身。

ピーカンナッツをトッピングした
はずなのに・・・


b0238306_2082137.jpg焼成中にすっかり飲み込まれてしまいました。



仕事帰りに寄れるこの時期のイベントはいろいろありますが、
例年仕事の疲れと、人の多さであまり行く気がしないのです。

でも、今年はちょっと覗いてみました。

b0238306_208432.jpgエス・コヤマ

ねこの缶がかわいくてゲット。

b0238306_209789.jpg薄いけど、しっかり
ガナッシュが入っていて、
口に入れた瞬間
ちょっとびっくりしました。

b0238306_209199.jpg

抹茶とゆず



b0238306_2093432.jpgLe Chocolat H
辻口博啓シェフの
チョコレートブランド。

b0238306_2095164.jpg
抹茶とゆずの「ジャパンオールスター」

梅干し、シソ、フランボワーズの「和ベリー」
塩気が利いていて、なかなか面白い。



b0238306_20101536.jpgお手頃価格で一枚ずつ選べる
BEL AMER

何年か前も数枚ゲット。

b0238306_20102949.jpg去年も買ったチョコいちご。

酸っぱいフリーズドライ苺の芯まで
ホワイトチョコがしみ込んでいます。

以上、全部自分のためヽ(ーvー)ゞ
主食がチョコレートの日々です。













おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2018-02-15 01:11 | お菓子 | Comments(2)

りんごのジュレ

人の失敗を見て、わかっているのに「やっちまった~」
ってこと、ありますよね!PartⅡ

私の車で友人と出かけた時のこと。

友人が親戚の家に寄らなくてはいけなかったので、
私は近くのショッピングモールで時間をつぶすことに。

1時間ほどで終わるからという予定通り、1時間後に電話が・・・

「エンジンがかからないんだけど」

え?今まで全く不調はなかったのに、一体なんで??

「キー持ってる?」

あ”~!! 

フリクションボールペンといい、車のキーといい、
10年前には起き得なかった失敗ですよね。



b0238306_22123898.jpg
さて、気づけば今日はもうクリスマスイヴ。

勿論な~んにもしませんけど、
せめてクリスマスカラーを。


「りんごは1週間ごとに出回る品種が変わる」
と果物屋のお兄さん。

このとき使ったのは「秋映」。
黒いほどの真紅の皮の色を生かして
コンポートに。


b0238306_2213193.jpg



皆さんは素敵なクリスマスケーキで
素敵なクリスマスを!








おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-12-24 23:16 | お菓子 | Comments(0)

秋のお菓子

人の失敗を見て、わかっているのに「やっちまった~」
ってこと、ありますよね!

明け方までかかった学生たちの小論文の添削。
朝、授業前に見ると「赤」が全く入っていません。

「いやいや、私絶対赤入れしたし~」

が、5秒で何をやらかしたか悟りました。

フリクションボールペンで赤入れしたレポート用紙の裏側に、
その日の課題をコピー。

そりゃ~コピー機の熱で全部消えますがな(ーー;)
この失敗、過去に数人の同僚がやらかしてます。

「ひえ~!!!」と青くなる私の前に
「ほれ、これ!!」とビニール袋を差し出す先輩。

そそくさと袋詰めにして、冷凍庫へ。
何とかう~っすら復活。

「よ~く、目を凝らしてみてね!」
一連の説明を学生たちにしたら、
「え~そんなことができるんですか??」
と、逆に感心されてしまいましたが。


b0238306_473393.jpgさて、
今年は冬が早く来てしまいましたが・・・

ちょっと前に焼いた「秋のお菓子」です。


柑橘系のピールが冷蔵庫にいっぱい。

無農薬柑橘の皮は捨てるのがもったいなくて、
ついつい作ってしまいます。





b0238306_48296.jpgというわけで、

すだちピールのシフォン生地に
ホイップクリーム。

b0238306_481783.jpgノルディックウエアの焼き型で
マロンの焼き菓子。














頂き物のマロンペーストを
粗くほぐして入れただけです。

b0238306_484019.jpg職場の方の娘さんが、
フランス食材の輸入会社
(わかる人にはわかるあの会社です)
に勤めていて、時々ただで
フランス食材をいただきます。

検品などのおさがりらしいのですが、私としてはと~ってもありがたい!








おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-11-25 04:35 | お菓子 | Comments(0)

くりっ栗

b0238306_2025653.jpg今年も友人のお庭で採れた栗が届きました。

とにかく大きい!

去年は虫食い、傷みが多くて、
全てペーストになってしまいましたが、
今年は渋皮煮が作れました。

b0238306_2033182.jpgb0238306_2034546.jpg

それでも渋皮煮にできないものもあったので、ペーストにして
ラム酒の効いた洋風栗きんとんに。

中身も栗で上げ底なしです(ーvー)v

先日金沢でゲットした金箔を早速使用。

b0238306_204034.jpgb0238306_2041995.jpg

冷凍庫の卵白消費のためにダコワーズを焼き、
マロンクリームをはさんで一口おやつ。

さらに栗を買ってまで作る時間はないので、
今年の栗仕事はこれにて終了、かな?








おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-10-09 20:20 | お菓子 | Comments(2)

夏の終わりのロゼ色ピーチ

先日、同世代の同僚たちとランチをしながら・・・
コンタクトが合わなくて、遠近両用メガネにしたとか、
遠近両用コンタクトをお試し中だとか、
話題は「老眼」。

その数日後、退職した方を含めて勤務歴の長い人たちとの夕食時、
出てきた話題は「白内障手術」でした。

同じ「目」でも世代が違えば話題も違う。
と思ったと同時に、老化って、まだまだ先があるのね~
と改めて思ったのでした。


さて、もう今シーズン最後と思って買った桃。
皮も赤くて大きくて、とてもおいしそうなものを選びました。

b0238306_2532996.jpgが、
なんだかゴリゴリで、甘みもありません。

速攻でコンポートに。

皮の赤色を移すためと、
皮の湯剥きも兼ねて
皮ごと火を通したのですが、
それでも剥けないほどゴリゴリでした。


b0238306_2535437.jpg色と味は狙い通りになったようなので、
ロゼ色のアントルメに。


b0238306_2541450.jpg久しぶりに自宅教室をしたので、
お土産に持って帰っていただきました。


夏は終わったけれど、
小さい方の2瓶がまだあるので、
もう一度夏の味覚が楽しめそうです。








おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-10-02 03:45 | お菓子 | Comments(0)

麩菓子

今週末はもうお盆。
盆踊りや夏祭りの季節ですね。

昔、浜松のお祭りで初めて見てびっくりしたのが「桜棒」
直径約10㎝、長さ1mほどあるピンクの麩菓子です。

お麩に砂糖がかかっただけのお菓子で、
そういう麩菓子はあちこちにあるようですが、
大きさが異常なのです(◎◎!)

そのミニチュア(?)を浜松のスーパーで見つけて、
買って帰りました。

b0238306_13581778.jpg


味は想像通りお麩に砂糖味です。

実はこの手の麩菓子は関西ではメジャーではありません。

麩菓子で思いつくのは、お盆の時期にだけ売られているこの「うちわ菓子」。
原材料を見ると、お麩というより「もなかの皮」に近いようす。

b0238306_13583761.jpg




子どもの頃、乳母車の中で食べていたかすかな記憶があります。
40年ぶりぐらいに食べたのでは???

滋賀に住む浜松の高校時代の同級生が、
この「うちわ菓子」は近所で見当たらない、というので
久しぶりに買って、持って行ったわけです。

金沢や三重県あたりでもあるみたいなので、
滋賀県内でもきっとあると思うのですが。

近江には独自の「丁子麩」があります。
それにアイスクリームをはさんで食べたりする、とその時初めて聞きました。

b0238306_13585474.jpg

ならば、この麩菓子も
ウエハースかもなかの皮に見立てれば?!

ふむ。。。
麩菓子だけで食べるよりいいわ。

この麩菓子は関西では手に入らないので、
今度は丁子麩でやってみます(^艸^)










おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-08-09 14:43 | お菓子 | Comments(0)

ルバーブで

最近、職場近くのデパ地下で野菜を買うことにしています。
うちの近所のスーパーより安いし大きいし新鮮。

地下鉄、JR、徒歩と、持って帰るのが大変でも、
それだけの価値はあるかと。

そこでルバーブを見つけました。
大阪で生ルバーブが売られていると思わないので、
ラベルがなければ「ずいき」と思って見過ごしていたところ。

b0238306_15141366.jpg


買って帰って、早速コンフィチュールにしました。
ビンに入らなかった残りは、ちょっと薄めてジュレにして・・・

b0238306_15143324.jpg

アントルメの中に入れました。

来客があったので
その時のデザートの一品に。

シュトロイゼル
フランボワーズ風味のガナッシュ
フランボワーズのヨーグルトババロア
ルバーブのジュレ
フランボワーズのジュレ

後ろに見えるのは
ダークチェリーのクラフティ。

お皿を冷やしていても、
この暑さで、崩壊寸前(・・!)








おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-08-04 15:32 | お菓子 | Comments(2)

柚子ケーキ

今年初めに、近所の「サイクルショップ」の前に
「リサイクルショップ」ができました。

もらったきり使っていなかったとか、
もう使わなくなったバッグ類、財布類を
結構な数持って行きました。

高級ブランドも含めて買い取り額1050円。
多分めぼしいものはネットオークションに出すんでしょうね。

その時店内で見つけたものが、これ。

b0238306_23422461.jpg


ノルディックウエアのバラの焼き型。
安く買っても4000円以上はする代物が、未使用で780円。

迷わずGet!

・・・したわけではなく、その後何度か目で購入。


b0238306_23471370.jpg

お、うまく離れた。

実はもう少し小さいタイプのノルディックウエアを一つ持っているのですが、
型離れに失敗してから使っていなかったのです。

細かいところを洗うのも面倒で。

で、迷わずではなく、
ちょっと迷ってゲットしたというわけ。

これならプレゼント用にちょうどいいサイズかな。


b0238306_23472823.jpg

砂糖代わりに残り物のゆず茶を練り込んだ
柚子のバターケーキです。


もう一つの型も使ってやらないとね。








おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-05-22 00:00 | お菓子 | Comments(4)


多趣味で何一つものにならない管理人ちゃとびが大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。