人気ブログランキング |

タグ:お菓子 ( 252 ) タグの人気記事

全粒粉のサブレ

b0238306_15293669.jpg
仕事帰りに時々寄る「木津卸売市場」。

さすがに仕事後ではメインの市場は
開いていませんが、
業務用のスーパーが開いているので。

全国チェーンの業務系スーパーではなく、
ちゃんとした(?)メーカーの
業務用食品が並んでいます。

その中でなぜか「少量」パッケージの
全粒粉を発見。

家に残っていたヒマワリの種たっぷりと、
キャトルエピス(4種のスパイス)入りで
全粒粉のサブレ。






b0238306_15292744.jpg
気づけばあっという間に3月。
表札はおひな様仕様。

100均で買ってきたすだれに、
家にあった吊るし系のお雛様。

これも今日まで。


今年の冬は寒さがましだったかな。

先週の土曜日に、沈丁花が咲きかけて
香っているのに出会いました。

春はもうすぐそこ。

でも、ちょっと早すぎますね。
桜も早いんでしょうか?




















by odaidoco-labo | 2019-03-03 15:43 | お菓子 | Comments(0)

年に一度のパイ生地


b0238306_01362790.jpg年一度だけパイ生地を作ります。
冬の間で時間があるときに。

今年は逆折込生地(アンベルセ)。

パイ生地菓子の基本
「パルミエ」にしました。

キッチンの作業台が小さくて、
もうちょっと伸ばしてから折りたいのに
と思いつつ作っていたら、
やっぱりそれなりの出来の生地。

年に一度しか作らないから、
どんどん手が鈍っていきます。

でも、
この冬の再チャレンジはないかな。



b0238306_01363204.jpg
今日は節分。

というわけで、先週から一週間は
表札の下にこの子に座ってもらいました。


子供のころから節分に
特に何もしなかった我が家。

多少大きくなってから
母になぜかと聞いてみると・・・

「あれは、庶民の風習だから」

 ・・・え??

そして、今年も何もしません。












by odaidoco-labo | 2019-02-03 03:08 | お菓子 | Comments(0)

和さぶれ

b0238306_02070328.jpg最近お気に入りで、立て続けに購入したサブレ。

プレーンタイプの材料は、全粒粉、米油、
てんさい糖、塩、ベーキングパウダーだけ。

バターを使っていなくても、素朴でおいしい。



ちょっと真似してみよう!


ただし、家にある材料で








b0238306_02065967.jpg
米油は常備しているけど・・・

抹茶じゃなくて、ほうじ茶で。
(たくさんいただく緑茶を自分で焙じたお茶)

てんさい糖じゃなくて、和三蜜糖で。

全粒粉じゃなくて、米粉と
このシリアルを砕いた粉で。

16種類の穀物が入っている
にっぽんのシリアル。

要はポン菓子??


器は秋に作った清水焼。
トルコブルーがとってもお気に入り。





b0238306_02070627.jpg小麦粉が入っていないので、
ちょっと崩れやすい。

口に入れたとたん、
口の中が熱くなります。

して、入っている砂糖以上の
甘さを感じます。

唾液がデンプンを糖に変える熱が、
小麦粉より高いということ??

ちょっと干菓子感のある
和さぶれ

またいろいろ試してみようっと。














おだいどこ☆らぼ














by odaidoco-labo | 2018-12-20 02:44 | お菓子 | Comments(0)

11月11日

すっかりご無沙汰の間に、11月になってしまいました。
今年の秋は妙に暖かいですね。

でも、近所の木々も色づいてきました。

そして今日は11月11日。

「おだいどこ・らぼ」を始めて丸7年が経ちました。

b0238306_17055835.jpg











年々雑になっていきますが、
今年はポテトスティックです。

b0238306_17061294.jpg





















ゆっくり蒸し揚げにしたサツマイモをキャラメリゼ。
黒ゴマとフルールドセル(フランスの塩)で仕上げました。

が、色が最悪です。

そして、色づく秋の表札は・・・
b0238306_17141785.jpg


















ナチュラル素材で秋色たっぷりにしました。
今月いっぱいはこれが玄関の顔です。

なかなか更新もままならない毎日ですが、
「おだいどこ」で作りたいものがなくならない限り
細々と綴ってまいります。

8年目の「おだいどこ・らぼ」もどうぞよろしく。







おだいどこ☆らぼ






by odaidoco-labo | 2018-11-11 17:21 | 徒然 | Comments(0)

プルーンのムース

生のプルーンが食べられるのはごく短い間。
プルーンも湯剥きをするとするりときれいに皮が剥けます。

ということを友達に話すと、
「え?皮ごと食べるんじゃないの??」

確かに、あの濃い紫には栄養がたくさんあるはず。
ドライプルーンも、皮の色がいきわたってあの色に。

でも皮は酸っぱいし、ちょっと渋味もあるので、
剥いた皮はりんご酢に漬けて、ドリンクに。

b0238306_1442714.jpgそして、皮の色を生かしてコンポートに。
およばれの手土産にムースにしました。

もっと赤紫になるのかと思ったら、
生レバーか、近江こんにゃくかって赤。

バラの花を作りながら、
焼肉屋のCMが脳裏をよぎるヾ(>v<)

b0238306_145591.jpgムースとジュレはそれなりの色に。

酸味も効いていておいしいと
好評いただきました(^v^)/

b0238306_1452319.jpg残り生地をぎゅうぎゅう詰めて・・・

b0238306_1453888.jpg残り物コフレ。
こちらのバラは豊水のコンポート。

結局これは私のお腹の中に。



また大型台風が近づいています。
皆様お気をつけくださいね。







おだいどこ☆らぼ
by odaidoco-labo | 2018-09-29 02:09 | お菓子 | Comments(0)

ブルーベリーでフルーチェもどき

先日出かけた先で、ブルーベリーをゲット。
コンビニの丼風の入れ物にいっぱい入って1000円。

そのまま食べても結構甘く、ぱくぱく。

でも、一気に食べてしまうと、
せっかくの栄養も排出されてもったいない。

というわけで、黒酢でサワードリンクに。

丸ごと漬けても時間がかかるので、
ミキサーでガガ~っと。

b0238306_3363318.jpg瓶に入りきらなかった分でフルーチェもどき。

豆乳とお酢をまぜると少しトロットしますが、
さらにゆるいゼラチンでまとめています。



物心ついた頃から我が家にあった
ガラスのコーヒーカップ。

結構お気に入りです。

が、
先日の地震で、残ったのはこの一つだけ。




b0238306_337640.jpgデュラレックスのグラスと合わせてみました。

少しごそごそしているけど、
アイスクリームやサンデー用なら
持ち上げないから大丈夫そう。

ちょっと無骨な感じだけど。

b0238306_3372319.jpgブルーベリーを買ったのは、
ツバメの「店長」さんがいた奈良の直売所。

一羽は前日、一羽はその日の朝に
巣から落ちてきたのを店の人が保護したそう。



b0238306_3373923.jpgこの日はしばしの涼をを求めて、
天川村の面不動鍾乳洞へ。

こんなところまで外国人だらけ
(◎◎!)

中はもちろん涼しいけど、
この日の奈良は
30度いかなかったみたい。

b0238306_3375641.jpg

下りはモノレールで。

b0238306_338811.jpg


清流で再び涼を。

川に足を浸けたのなんて、
何年振りだろう??










おだいどこ☆らぼ
by odaidoco-labo | 2018-08-12 04:06 | お菓子 | Comments(0)

ミント・ミント・ミント

仕事帰りに同僚がソフトクリームを食べに行こう、と。
最近できたばかりの話題のお店らしい。

店の前まで行くと、確かにTVで見たことあるような・・・。
5.6人ほど並んでゲット。

一口食べて、二人して顔色が変わってしまいました。

ま、不味い

口に入れたとたん、油分が口に広がるのに全くコクがない。
甘みだけは妙に抑えてあってバランスが悪い。

おいしくないのではなく、まずいのです。
まずいソフトクリームなんて、初めて食べました。

翌日職場で「あそこのソフトクリーム絶対食べたらダメ」と力説すると、
「そんなにまずいなら、ちょっと食べてみたい」と。

そういえば、結婚を機に東京に移住した友人がこんなことを言っていたことが。

「池波正太郎も愛したっていうお好み焼き屋に行ったら、まずいまずい。
 あまりにもまずいから、話題作りに一度食べに連れて行ってあげるわ」と。



b0238306_1044519.jpgさて、
苺も終わろうかというこの時期に
りんごです。

少々前のこと、来客があったので、
家にあったりんごのコンポートを使って
りんごのムースにしました。

b0238306_1045446.jpg今日の主役はそれではなくて、
添え物なのに存在感爆発の
育ちすぎたミント。

b0238306_11242861.jpg昨年夏の間、ベランダで
せっせと育てた堆肥。

育てた、というか
単に生ごみ処理をしていた、
というか。




b0238306_10451715.jpg堆肥のおかげか、
わっさわっさと茂ってきたので
(写真後ろに見えるプランター)
バッサリ刈りしました。

現在育てているのは
スペアミント、
ラベンダーミント、
グレープフルーツミント。



b0238306_10471967.jpgそしてせっせと(電子レンジで)乾燥させ、
3種まとめてミントティーに。

b0238306_10473591.jpgまずはミントだけのハーブティーを
サンリオのティーカップで。

これは小学生の時友達から誕生日にもらったもの(^艸^)


b0238306_1048248.jpg残った茎は捨てるに忍びないので・・・
また別のプランターで育てる準備。

b0238306_10481732.jpg冬の間は赤みが強かった
ウォータークローバー。

よく見ると、5つ葉がありました。
花言葉は「金運」「財産運」らしいです。

子どもの頃、すぐ近所に
やたら葉の多いクローバーのある空き地があり、
六つ葉、七つ葉、八つ葉、
まで見つけたことがあります。

因みに、この五つ葉は
あっという間に枯れました。

財産運なしです。









おだいどこ☆らぼ
by odaidoco-labo | 2018-05-27 11:47 | 花・植物 | Comments(2)

さつま芋のサブレ

先月末、九州に行ったとき
鹿児島で「生キャラメル芋」
大分で「甘太くん」というさつま芋を購入。

焼き芋好きの両親と、友人のおみやげに。
勿論自分用にも確保。

大分の宿で部屋にあったお茶菓子が
甘太くんを使ったサブレでした。
大分さくっとリッチサブレ

b0238306_331209.jpg真似して作ってみました。

勿論レシピはわかりませんが、
とにかく見た目を真似っこ。

口に入れるまで「芋」だと思っていた両親。

我ながらなかなかのビジュアル
(^艸^)




b0238306_3313494.jpg
食事前に二人して
美味しい、美味しいと
パクパクもぐもぐ。

さつま芋をたっぷり入れたけど、
サクサクになるように工夫して、
狙い通りの味と食感になりました。

実は使った芋は「甘太くん」ではなく
「生キャラメル芋」の方。


b0238306_3315831.jpg甘太くん(左)は
水分が多いねっとり系。

生キャラメル芋(右)は
繊維がしっかりしたほくほく系。



100均の猫のお皿にポーセラーツで豹柄を付けてみました。

猫つながりで・・・
この少し前に焼いた「紅茶と生姜の猫サブレ」
b0238306_3322048.jpgb0238306_332407.jpg

b0238306_332535.jpg

オーブントースターに使っている
100均の「焼き網シート」。

直火に使えるってことは、
もちろんオーブンでも使えるはず。

と思い、オーブン用に新たにゲット。
これでサブレがサクッと焼けるはず。

猫サブレと芋サブレ、
両方に使ってみたけど・・・

実際違いはよく分からない。

ま、いいか。

     ・・・100円だし。










おだいどこ☆らぼ
by odaidoco-labo | 2018-03-16 04:22 | お菓子 | Comments(0)

はっぴぃばれんたいん

「バレンタインのチョコの注文とか受けないんですか?」
と、職場の同僚に聞かれ

「絶対に受けない」
と、答えると

「ですよねぇ」
と、納得。

この時期仕事がややこしい(ーー;)
先週は二日も徹夜状態。

実は昨日も。



1月初めの出勤日、
ロッカーを開けるとクリスマスの包みが。

年末最終日に熱でダウンして休んだので、
年末からロッカー内に入っていたのか??

メモもなく誰からかもわかりません。
「開けてみたらわかるよ」と言われたけど、
外から見る限り、メモらしきものも入っていません。

でも開けてみたらわかりました。

b0238306_2071916.jpg娘さんが〇仏商事に勤める方からだと。

こうして時々回ってくる食材、
有難い限りです(^^)




b0238306_20745100.jpgというわけで、オランジェットに。

バレンタイン時期としては数年ぶりに
チョコレートを溶かしてみました。

非接触温度計は半分故障状態で怪しいし、
肌で計れるほどの腕はないし、
一回目のテンパリングは失敗。

二度目で何とか。


b0238306_208725.jpg一度溶かしたチョコレートは
米粉のチョコレートマフィンに変身。

ピーカンナッツをトッピングした
はずなのに・・・


b0238306_2082137.jpg焼成中にすっかり飲み込まれてしまいました。



仕事帰りに寄れるこの時期のイベントはいろいろありますが、
例年仕事の疲れと、人の多さであまり行く気がしないのです。

でも、今年はちょっと覗いてみました。

b0238306_208432.jpgエス・コヤマ

ねこの缶がかわいくてゲット。

b0238306_209789.jpg薄いけど、しっかり
ガナッシュが入っていて、
口に入れた瞬間
ちょっとびっくりしました。

b0238306_209199.jpg

抹茶とゆず



b0238306_2093432.jpgLe Chocolat H
辻口博啓シェフの
チョコレートブランド。

b0238306_2095164.jpg
抹茶とゆずの「ジャパンオールスター」

梅干し、シソ、フランボワーズの「和ベリー」
塩気が利いていて、なかなか面白い。



b0238306_20101536.jpgお手頃価格で一枚ずつ選べる
BEL AMER

何年か前も数枚ゲット。

b0238306_20102949.jpg去年も買ったチョコいちご。

酸っぱいフリーズドライ苺の芯まで
ホワイトチョコがしみ込んでいます。

以上、全部自分のためヽ(ーvー)ゞ
主食がチョコレートの日々です。













おだいどこ☆らぼ
by odaidoco-labo | 2018-02-15 01:11 | お菓子 | Comments(2)

りんごのジュレ

人の失敗を見て、わかっているのに「やっちまった~」
ってこと、ありますよね!PartⅡ

私の車で友人と出かけた時のこと。

友人が親戚の家に寄らなくてはいけなかったので、
私は近くのショッピングモールで時間をつぶすことに。

1時間ほどで終わるからという予定通り、1時間後に電話が・・・

「エンジンがかからないんだけど」

え?今まで全く不調はなかったのに、一体なんで??

「キー持ってる?」

あ”~!! 

フリクションボールペンといい、車のキーといい、
10年前には起き得なかった失敗ですよね。



b0238306_22123898.jpg
さて、気づけば今日はもうクリスマスイヴ。

勿論な~んにもしませんけど、
せめてクリスマスカラーを。


「りんごは1週間ごとに出回る品種が変わる」
と果物屋のお兄さん。

このとき使ったのは「秋映」。
黒いほどの真紅の皮の色を生かして
コンポートに。


b0238306_2213193.jpg



皆さんは素敵なクリスマスケーキで
素敵なクリスマスを!








おだいどこ☆らぼ
by odaidoco-labo | 2017-12-24 23:16 | お菓子 | Comments(0)


多趣味で何一つものにならない管理人ちゃとびが大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。