タグ:手作り石鹸・コスメ ( 72 ) タグの人気記事

夏石けん

ここ一月ぐらいで、延べ30人ぐらいに言われたでしょうか・・・

「なんか雰囲気変わった~??」
「髪型変えた?」
「パーマかけた?」

ん~、敢えて言うなら・・・
「何もしなくなった」・・・かな。

ブローをしても、自分が発する汗でモサモサになるし、
そもそも暑すぎて、ドライヤーを使いたくない。

タオルドライしたら、ヘアオイルを擦りこんで、
手櫛で下から掻き上げて・・・以上。

ブラシも櫛も使わなくなったこの夏。

出来上がりがこちら。

b0238306_12542312.jpg私はこのクセ毛が大嫌い。
クセが出ないほど刈り上げてみたい
・・・けど、

「こんなウエーブ、パーマでも
 なかなか出せないよ。

「めっちゃ素敵や~ん」

などなど、

最近やたら褒められるので、
もう少し我慢することに。

b0238306_12553080.jpg
夏の石鹸(兼シャンプー)は恒例の

竹炭&メントール

今年は早めに作ったので、
7月初めから使い始めて、
足りなくなりそうです。

白い塊は、前回⇒と同じく
ベビー石鹸を刻んだもの。


b0238306_12565769.jpg夏用石鹸に欠かせない
メントールクリスタル。

アルコールに溶かした冷感スプレーは
外出時におしぼりと合わせて
必ず持ち歩いています。

シャワーの後、濡れた体に一吹きしてから
体を拭くと、涼しさが続きます。

夏の間はヘアオイルにも入れています。

食品としても使えるのですが、
使ったことはありません。

b0238306_1256075.jpgメントール石鹸と一緒に作った、
同じく恒例の

月桃石鹸

泡立ちたっぷりで、さっぱりだけどしっとり。

市販のボディソープは洗い上がりがヌルヌルで
どこまですすいでいいのかわかりません(ーー;)


b0238306_12561644.jpg月桃は、去年の秋に
日本酒に漬けてあったものを使用。

今年の月桃も漬けておかなくちゃ。


地震、竜巻、豪雨、災害レベルの酷暑、台風・・・
今年は本当に災害が多すぎます。

これ以上の被害が出ないことを祈るばかりです。









おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2018-07-31 14:25 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

どくだみ&ワイン石鹸

b0238306_10561863.jpgあるベトナムの学生が
「日本ではドクダミ売ってないですよね」と。

ベトナム料理ではどくだみを生のまま
パクチーやミントのように食べます。

「生はわざわざ売ってないね」というと、
「大好きなんですけど、どこにも売ってないから、
公園にあったのをこっそり採ってきました」と。

その話を先輩に話すと、早速
その学生のために庭から摘んで持参。

大喜びで袋を開けようとしたので
「ここで開けないで!!」と制したそう。

今年も我が家の庭に生えたどくだみ。
花の咲く前に根こそぎ引き抜きます。


b0238306_10564513.jpgどくだみを嫌う人は多いけど、
私は毎年出てくるのを心待ちにしています。

根も葉も一緒に刻んでワイン漬けに。

乾燥させた葉は砕いて、
さらに細かいのと粗いのに分けます。

そして毎年GWに作るのが恒例とった・・・

b0238306_10571182.jpgドクダミ石鹸

梅雨入りと同時に使用解禁です。

今年は白ワイン入りで
安定の使い心地です。

中に見える白い塊は・・・

b0238306_10585373.jpgこの石鹸を刻んで混ぜたもの。
ベビーオイルで作った石鹸です。

顔を洗うと、つるつるしっとりで
使い心地は最高・・・

だったのですが、
髪や体を洗うと、油分が残り過ぎて
逆に使い心地が今一つ。

・・・というわけで、
オーバーファット(潤いを残すための追加オイル)
の代わりに、刻んで混ぜ込みました。


職場の近くに、ベトナム人を狙った商売が
ちょくちょく増えてます。

先日、向かいの雑居ビル2Fにバインミーの専門店ができました。
同僚たち曰く「あの急階段を上るほどの味じゃない」らしいです。

ベトナム料理は好きなので、おいしい店ができてほしいものです。

あ、でも・・・
生のドクダミは勘弁です(ーー;)







おだいどこ☆らぼ
石けんに使った材料はMoreへ


More
[PR]
by odaidoco-labo | 2018-06-17 13:07 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

高麗人参石鹸

先日「youは何しに日本へ」放映後に友人が電話をかけて来て、

「あれを見る限り、いい学校だな。
学生もみんないい子たちで」と。

私の勤める学校が長期取材を受けていて、
やっと一回目が放映されたわけです。

10か月に及ぶ長期取材・・・と言っていましたが、
実は取材が入り始めたのは、さらに一年前。

前年度にも1年間密着した学生がいたのですが、
最後に本人がNOを出してしまったので没になっていたのです。
その時の映像もかなり使用されてはいましたが。

行事の度に撮影に来ても、一つ一つ使われているのは数秒。
本当にご苦労さんなお仕事です。

友人曰く
「あんな健気に頑張ってる子たちを見るとなんか支援したくなるよな。
カップラーメンの100個でも送ってやろうかって思うよ」

「でも、あんな子たちがウチには千人以上いるからね」
「・・・無理やな」

「で、キミはそこで何やってるの?」

・・・って、いまさらそこ!?(́~̀)



b0238306_20352524.jpgさて、

こちらは以前杉養蜂場で購入した
「高麗人参蜂蜜漬」

飲み終わった後の人参は
刻んでお酢に漬けて、
2度目はお酢のドリンクで。

中から美しくなった(?)あとの
3度目は、人参を日本酒と合わせて
ドロドロのスムージー状にして・・・


b0238306_20355529.jpg外から美しくなるために(?)
石鹸に化かしました。

かなりの割合で
人参が入っています。

ちょっと崩れやすいですが、
使い心地はなかなかです。

これで高~い人参も
無駄なく使い切りました。





使った材料はMoreへ




おだいどこ☆らぼ

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2018-01-27 21:25 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

夏恒例の石鹸

「やらなきゃ」という脳の命令と体の動きが
年々、かみ合わなくなっているのがわかります。

「やりたい」という脳の命令でさえも・・・です。

b0238306_1593230.jpg夏恒例、
竹炭とメンソールの石鹸」です。

暑くなる前にと思いながら、ずるずる。
結局、解禁は8月に入ってから。

夏はやっぱりこの冷たさがいいわ!

でも、暑い間に使い切れないかな。

寒くなってからは使えないし、
一年経つとメントールは揮発するし。

もっと早く作らなきゃね。


中に入れた丸い石鹸、
何だったっけ。

b0238306_15101852.jpg一緒に作った「豆乳蜂蜜石鹸

少しずつ残った油を全部使い切りって
すっきり。

メントール石鹸で顔は洗えないので、
洗顔はこれでしっとり。

中に入れた星形石鹸、
何だったっけ??



使用した材料はMoreへ










おだいどこ☆らぼ

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-08-17 15:34 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(2)

ローズマリーとワインの石鹸

しばらく前、用があって父に電話をした時のこと。

私「もしもしお父さん?」
父「は?〇〇(姓)ですけど、どちら様ですか?」

私「え?S(私の名)」
父「Sってどなたですか?」

私「え??お父さん、S!S!!」
父「お父さんって誰のことですか?私の名前言ってみてください」

私「A。私の電話番号表示されてないの?」

何の前兆もなかった父が、突然ボケたか??
不安になりながらしばらく押し問答。

話しているうちに、私が固定電話にかけてしまったことが発覚。
その固定電話を前日に変えたばかりで音質調整ができておらず、
男みたいな声に聞こえていたことで起きたトラブル。

高齢の両親は絶対に詐欺にはかからないタイプ。

もう随分前、変な電話がかかってきたのよ、と
一連のやり取りを説明してくれた母。

「オレオレ詐欺」という言葉が生まれたのはそれからしばらくしてから。

その電話が詐欺と知った母は、「またかかってこないかな~」と、
どうやってからかうか、シミュレーションを何パターンも用意。

ところが、
「“ブラックリスト”にでも入ってるのか、全くかかってこないのよね~」
と残念がる母。

その後また何年か経って、変な電話がかかってきたと
一連のやり取りを説明してくれた母。

それからしばらくして報道された「ホメホメ詐欺」パターンそのものでした。



b0238306_18263548.jpgさて、
油が柔らかくなってきたので
そろそろ季節かな~と久々に作った石鹸。

ワインに漬け込んだローズマリーも
そろそろ使いごろかと。

その他にも残り物を混ぜ込んで、
しっとり系を目指したけど、
意外とさっぱり系に仕上がりました。

クマとハートは100均のシリコンモールドで。

(原材料はMoreへ)


夏本番前に、恒例のクール石鹸も
仕込まなくちゃ。










おだいどこ☆らぼ

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-06-21 18:43 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

ワインとホエイと・・・

b0238306_0173274.jpg石鹸はオイルが常温で液体になる夏の間に
そして保温もしやすいこの季節に
まとめて仕込んでおかなくてはと、
せっせと6月に仕込んだ石鹸たち。


何時漬け込んだかわからない
月桃のワイン漬けで

月桃ワイン石鹸

7種のオイルを使用し、
フランキンセンスやシルクアミノ酸も入ってます。


b0238306_0181100.jpg
水切りヨーグルトの副産物の
ホエイとローズクレイ、
月桃ワイン石鹸を刻んで入れた

乳清ローズクレイ石鹸

6種のオイルと
ココナッツミルクやバターミルクが入っています。


どちらも使い心地はまずまずですが、
どちらかというとしっとり系で冬仕様かな。

今の季節はクール石鹸をせっせと使ってます。


使用材料はMoreへ






夏休み初日の27日、仕事がらみの用事で同僚と梅田に集合。
ダメもとでグランフロントの「近大水産研究所」に行ってみました。

b0238306_0182512.jpgオープン前から並んでも近大マグとにありつけない
と、ニュースで聞いていたのは今は昔?

ランチタイムでもさほど並ぶこともなく
近大マグロにありつけました。

現役近大生のかわいいお嬢さんたちも
ウエイトレスとして働いています。


以前黒門市場で買って帰った切り落とし近大マグロよりややあっさり目でした。

また行こうっと。








More
[PR]
by odaidoco-labo | 2016-07-30 00:33 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)

冷たい石鹸

7月になりました。
いきなりなんですか???この暑さ!!

毎年暑くなる前に仕込む石鹸。
少し早めに仕込んでおいてよかったです。

b0238306_1514553.jpgクールデオドラント石鹸

メンソールクリスタルの清涼感と、
竹炭のデオドラントと汚れ吸着効果。

保湿成分もたっぷり入れてます。


この石鹸の難点は、顔が洗えないこと。

普段は銭湯セットは石鹸箱一つだけど、
この石鹸の季節は洗顔用と2個持ち。

ま、どっちみち髪の毛を洗っている間に
顔に伝ってひりひりしちゃうんですけど。

そういえば、最近は髪を後ろにして
上向きにシャンプーする若い子多いですね。

b0238306_1515864.jpg後ろにお湯をバシャバシャ飛ばすから
迷惑なんですよね(>ㇸ<)

(左)流し込み始めは一重円
(右)最後はトレースが進んで円に広がらず。


使用材料はMoreへ






↓ ↓ ↓

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2016-07-03 15:46 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(4)

お乳な石鹸

レントゲン撮影の結果、疑われていた病気は大丈夫でした。

が、
腰椎が一部棘状になっていることが発覚(!◎◎)艸
それが度々神経に触るようです。

ついでに、外反母趾の診断ももらいました。

子どものころから、上靴や布靴は
親指の付け根から擦り切れてましたから、
なかなか年季の入った外反母趾。

早速来週、保険適応の足底板を
作ってもらいに行ってきます(ーvー)ゝ

さて、

去年末に仕込んだ石鹸2種、解禁しました。

b0238306_126197.jpgお乳がいっぱいの石鹸です。

乳清(水切りヨーグルトの副産物)
乳香(=フランキンセンス)
スキムミルク
ゴートミルク
ココナッツミルク
といったものが入っています。

茶色い粒はマリンファンゴが溶け残ったもの。
使いながら溶けるから、ま、いっか~と。

乳清のおかげか乳香のおかげか、
はたまたクレイのおかげか、
とにかく、なかなかの使い心地です。



b0238306_126419.jpgもう一つは
ヘナ&ガスールのシャンプーバー。

使わなくなったヘッドオイル、
私の髪に合わなかったヘアオイル。

捨てるのはもったいないので、
シャンプーバーにリサイクル。

瓶に移し替えて入りきらなかった
(食用)ひまわりオイルも使い切り。

気持ちよく全部使いきってすっきり。
でも、使い心地はいたって普通でした。

間違えて顔を洗ってしまったら、
なかなかの使い心地。

どゆこと??


使用した材料はMOREへ










More
[PR]
by odaidoco-labo | 2016-01-31 02:00 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(2)

月桃&フランキンセンス石鹸

先日、出かける寸前携帯に着信があり、すぐに折り返しましたが
切った後に、その人から留守電が入っていたのに気付きました。

「おはよ。※△ちゃん」

んん? 何? 何?
何度再生しても※△は何と言っているかわかりません。

私をちゃん付けで呼ぶはずもなく、
ましてや、ええ歳のおっさんがオクターブ高い声で??

もしかして、かける相手を間違えた?
私は聞いてはいけないものを聞いてしまった??

何が起きたがわからず、一日モヤモヤ。

帰宅後やっと「あれは何?」とメールすると、
「昔の鶴太郎のギャグ」・・・・と

はぁ? 
そんなん知らんしぃ~!!

私の一日のモヤモヤ時間を返してくれ~。

b0238306_0425592.jpgさて、

この筋っぽい緑の物体は月桃。

フードプロセッサーでガガーっとしても
頑固な繊維が残ります。

b0238306_0432155.jpg米油を加えて漬けること一月余り、
しっかり色づきました。

例年は初夏の元気な葉を使いますが、
今年はずるずると秋口になってしまいました。


b0238306_043489.jpgこちらは乾燥させてから、
フードプロセッサーにかけたもの。

やはり繊維が頑固なので、
目の細かいふるいでふるって、
細かいのを集めます。

b0238306_044633.jpgふるいに残った繊維も
煮出してハーブティーにします。

b0238306_0443189.jpgそれら全部を使って作った
毎年恒例月桃石鹸

それに今年はたっぷりの
フランキンセンスを加えました。

見た目は相変わらず悪いですが
これはなかなかの出来です!

洗顔後しっとりしているのはもちろん、
お肌がつやつや光ります。

フランキンセンスはアンチエイジング効果が優れていて、
しわ、たるみをなくし、皮膚の再生を活性化してくれるそうです。

月桃も保湿に優れ、引き締め効果や抗酸化作用があるため、
アンチエイジングに向いているそうです。

その効果が石鹸にそのまま表われるとも思えませんが、
ここ最近では私の中でヒット作品になりました(^v^)

こんな材料使ってます(moreへ)。
        ↓   ↓   ↓

More
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-12-12 03:47 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(2)

煎茶とローズクレイの石鹸

休日の朝の電車でのこと。

赤ちゃんを抱いてリュックを背負って、
更に手にも荷物を持った若いお母さんが
優先座席の脇に立っています。

「もぉ、誰か代わってあげてよ。
お節介なおばさんかおじさん、言ってよ。」

って、ちょっと前の私なら思っていました。

でも、最近気が付きました。
もしかして、私がおせっかいおばさんを期待されてる??

だから、アタシ、言いましたよ。
優先座先に座る20代前半と思しきサラリーマンに。

サラリーマンのお兄ちゃんも気持ちよく立ってくれ、
若いママは何度も「いいです、いいです」と。

ようやく座って荷物を下ろし、
赤ちゃんのお鼻を拭くことができた様子。

そして、次の駅で隣の人が下りたら、すぐに席をスライドして、
私に近い席を空けて「どうぞ~」って私に。

キャスターバッグ持ってたので、座らなかったけど。

電車を降りるときも私とサラリーマンのお兄ちゃんに
何度もお辞儀をしていった茶髪のママ。

お兄ちゃんも赤ちゃんにバイバイと手を振る。

みんないい人だ、とほっこり。

と同時に・・・

昔あたり前にどこにでもいたお節介おばさんに
私がならなきゃいけない、やっぱりそういうお年頃なんだ・・・

と、現実を突き付けられた出来事でした。


b0238306_20583958.jpgさて、こちらは
美魔女になる秘薬。

だったらいいんですが、
煎茶を漬けた米油。

オリーブオイルのように
しっかりとした緑になりました。

b0238306_20591467.jpgそれで作った煎茶石鹸。

必死に混ぜたけど、
またまたムラだらけ(><;)

でも使い心地は◎

既にほとんどお嫁入り。


b0238306_20593158.jpg形が不細工なのは刻んで・・・
美味しそうな石鹸に。

げっ!
今度は気泡だらけ(><;)


どうも、私には見た目を
美しくするセンスがないようす。

お菓子も・・・。


ま、使い心地がマイルドだから、いいか。


使用した材料はMoreへ



More
[PR]
by odaidoco-labo | 2015-10-18 21:38 | 石鹸・手作りコスメ | Comments(0)


多趣味で何一つものにならない管理人ちゃとびが大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。