タグ:洋裁・編み物 ( 54 ) タグの人気記事

ワイドパンツ

とうとう連休最終日になりました。
皆様は楽しまれたでしょうか?

私は見事にお籠りさんでした。
・・・病院に駆け込んだ以外は。

そのせいで結局前半はずっとゴロゴロ。

連休初日にしようと思っていたのは
ワイドパンツを作ることだったんですが。

b0238306_8313335.jpg15年前作ったアンサンブル。

デニムに見えるけど、伸縮性があって
とっても着易い、いい生地です。

実は頂き物。

ジャケットは今もよく着ていますが、
パンツはほとんど履いていませんでした。

だって・・・


b0238306_8315574.jpg9号サイズのトルソーに着せて
ホックが閉まらないんですから。

市販の7号サイズが入った時代が
あったんですよね、私(遠い目)。

ホックを止めず、ウエストベルトを一折すると
ちょうどぴったりだったので、誤魔化しながら
たま~に履いてはいましたが。

b0238306_8322298.jpgようやくサイズ直しができ、
ぴったりで気持ちい。

締め付けがあるとじんましんが出るので、
ウエストのベルト芯もなしにしました。

15年で変わったものは、体質も。







ワイドパンツの型紙を検索すると、
ほとんどが前後差なし、ウエストまっすぐ。

しかもサイズが大きすぎる。

これじゃ着にくい。


b0238306_8325294.jpgならば、ここからやってみよう。

せっかくサイズ直しを
したのだから。

b0238306_8333266.jpgよく使う型紙は、PPシートに写しておく、
という先生の方法を真似てます。

違いは、私が使うシートは
100均の安物という点ヾ(-v-)

b0238306_8343166.jpgさて、はたして、
この型紙でいけるのか??

ま、カッコ悪くても室内着にはなるし、
布は頂き物が売るほどあるわけだし。

b0238306_8354029.jpgずっと床で作業をしていたので
そろそろ腰が限界。

そこで思い出しました。

確か、まだ長屋に住んでいた幼いころ
母が買ってきたのを覚えています。

10年前に母親が持ってきてそのまま。

b0238306_8362055.jpgなかなかの使い込み感。
ルレットも針も遠慮なく使いましょう!

と思ったけど、このパンツ、
90×90の台では乗り切らず。







b0238306_8382433.jpg型紙ができれば、縫うのはあっという間。

実はボーダー柄だけど、
ワイドパンツをボーダーって
恐ろしいことになりそうなので・・・



あれ?意外とすっきりみえる。
実際私が着ても。

これなら外出できるかも。

b0238306_839463.jpgじゃ、ウエストのゴムも隠してみましょう。

この型紙使えそうです(^^)v

b0238306_1026043.jpgミシンを出したついでに縫った
「レッスンバッグ」

なにしろ、私の趣味は荷物が多い。
ギリギリ持ち歩けるサイズで。

パンツより5倍以上の時間と
20倍以上の糸を費やしました。

実はこれも頂き物のカーテンの端切れ。
表と裏を使いながら作りました。

畳みやすいように、
マチはエコバッグ型に。








さて、現実に戻って
今日は仕事しなくちゃ(ーー;)







おだいどこ☆らぼ

[PR]
by odaidoco-labo | 2018-05-06 10:43 | 洋裁・編み物 | Comments(0)

そろそろ出番

暖かくなったかと思ったらまた寒くなって、
まだまだ安定しない気候ですが、春はすぐそこ。

先日、朝の満員電車でもみくちゃにされ、
かぶっていた帽子が床に落ちてしまいました。

ドアが開いた瞬間決死の覚悟でしゃがみ、
何とか拾い上げました。

「2年連続で満員電車で帽子をなくすところだったわ」
と、職場で話すと、
「背の低い人って、そういうことが起きるのね・・・」と。

さすがにそこで学習し、翌日は帽子を脱いで
手でしっかり握りしめて電車に乗り込みました。

が・・・
電車から降りた瞬間、帽子がないことに気が付きました。

が・・・
気づいた瞬間に諦めました・・・2年連続で。

混雑する駅で流れに逆らうのは自殺行為だし、
周りにも迷惑をかけてしまいます。

「今日中なら、まだ駅の紛失物係りにありますよ。
 私は見つからなくて警察まで行ったことあるけど、
 遺失物保管所の山ほどの忘れられた子たちを見て
 とっても悲しくなってしまいましたよ。
 だから、絶対探しに行ってあげてくださいね。」

その日一緒に帰った同僚に言われ、帰りに寄ってみましたが、
やはり、届いてはいませんでした。

でも、どこで無くしたかはわかっていたので、
ホームに戻り、線路を覗いてみると・・・

ありました!

一日中降っていた雨でじっとりしていましたが、
電車に踏まれることもなく、連れて帰ることができました。

同僚に感謝です。

この冬は大阪でも11月からダウンを着て、
帽子に手袋にマフラーという寒さだったので・・・・

b0238306_285462.jpgやっと出番が巡ってきました。
12月の初めに完成させたデニムのコート。

b0238306_293997.jpg一昨年の11月、日暮里で買った
リバーシブルデニムです。

もともと半額だったうえに、
その日はさらに店内全品半額の
超破格でゲット。

b0238306_210079.jpg袖を折り返した時に
リバーシブル部分が見えるように。

b0238306_210127.jpg襟元から、後ろ中心まで切り替えがある
ちょっと凝ったデザインです。

今から一月ぐらいは着られるでしょうか。








おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2018-03-07 02:24 | 洋裁・編み物 | Comments(0)

ぐんぐん醗酵中

流し台の三角コーナーは邪魔だし清潔じゃないので使いません。
調理中に出る野菜くずなどは、不要紙で折った箱を使っています。

大量に出るときはフードプロセッサーに次々突っ込み
微塵にして、玄関先の土のある場所にまんべんなくばらまきます。

でも、夏の間は玄関先にはにはいろいろ生えていて、
ばらまいても土まで到達しません。

夏は特に、生ごみが家の中にあるのが気になるので、
ベランダの空いているプランターのカラカラに乾いた土に混ぜています。

微塵にしてあるので、乾いた土に入れて混ぜると、
あっという間に見えなくなります。

先日、賞味期限切れのオートミールを混ぜ込みました。
ヒヨドリがつつきに来なければいいけど、と思っていたら、
数日後には麦粒の形が全く見えない状態になっていて、びっくり。

そのころから土が熱を持ち始めたのに気が付きました。
オートミールが米ぬかの様な働きをして、醗酵が始まった様子。

同時に、そのころから土の中にコガネムシの成虫と幼虫が・・・
調べてみると、有機物の多い土が狙われやすいと。

小石も多い土だったので、芋虫退治もかねて
ふるいながら大きなビニール袋に移してみると、
醗酵の熱で蒸し殺された幼虫が5匹も(◎◎!)

ビニール袋に入れた土を翌日確めてみると、
中の方まで冷たくなってしまっていました。

これはきっと、酸素が遮断されたからだ・・・

ただごみ処理のためにやってきたことですが、
それを機に、堆肥について調べてみることに。

好気性の醗酵をさせるのに使われているものは、
プランター、木製の箱、段ボール箱、目の細かい洗濯ネット、土嚢袋、等々。

虫を寄せ付けないためには、洗濯ネットか土嚢袋がよさそう。
早速買いに行こう!

ん? まてよ。
要は「ゴミ処理」
それにお金を使う???

b0238306_23531512.jpg友人にもらった丈夫な布が山ほどあるので、
それを利用して、ドデカイ巾着を作製。

ひもは荷造りひもで充分。
ここでひもを買いに行っては元も子もない。


b0238306_23535379.jpg早速土を入れてみました。

この布に入れてすぐに、
また土が熱くなり始めました。

b0238306_235452.jpg若干の糠床っぽい醗酵臭はありますが、今までもコバエが来たことはありません。

でも万一のため、虫よけ線香の定位置はここにしようっと。

この線香はなかなか優秀で、バジルの虫も、あっという間に逃げ出します。


これでコガネムシ対策と好気性醗酵対策はバッチリ

・・・であってほしい。






おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-08-14 00:43 | 花・植物 | Comments(5)

ベストのリフォーム

b0238306_15113662.jpg高校生の頃「少々難あり」のワゴンから
買ってもらったベスト。

「少々の難」は多分、スナップが甘くて、
前がちゃんと閉められないこと。

閉めることなんてないので、難無しです。

オシャレ度低いけど、薄いし、しわにならないし、
薄着の季節にポケットが欲しいときに、
年に1.2度使うか、使わないか。

旅行用ポケットベストを一から作ろうと
思ったけど、ちょっと面倒。

この単純なデザインなら、リフォームも簡単だ!
旅行直前にささっと手を入れてみました。


b0238306_15274187.jpg要は、身ごろと同じ幅のポーチを作って、縫い付けただけ。

①~④
縦にファスナーを付けたポケット

⑤~⑦
身ごろに縫い付けた時にできるポケット

⑧~⑩ペンや切符を入れる小さいポケット

b0238306_15121077.jpgファスナーの色はおしゃれにグラデーション!

いや、家にあったのを寄せ集めただけ。
見えない部分だし(>v<)ゞ



薄いので入れすぎ注意です。

b0238306_15432996.jpg






おだいどこ☆らぼ
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-04-23 16:02 | 洋裁・編み物 | Comments(0)

カラフルな黒 続編

b0238306_356125.jpgそろそろ桜の便りも聞こえてきそうな季節。

今年もつつがなく・・・
ではありませんでしたが、
大盛り上がりで学生たちは卒業していきました。


昨年の結婚式の時には
間に合わなかったフォーマルのボレロは、
卒業式に間に合いました。

今回のボレロは、応用が利くように
3色の黒の中の無地を選びました。
喪服地です。

今回も、後はまつりだけという状態で
放置することしばし。

・・・いや、かなり。

結局前日の夜にチクチク。



b0238306_4144683.jpg見返しに羽織の裏地を使用。

ワンピースの奥ひだに使った
一番お気に入りの黒です。

着ているときには見えませんが、
これが手作りのこだわり。


着物のときの折り目は
どうしても取れません。




b0238306_41585.jpg忙しい2月は何とか乗り越えて
毎年、春休みに入ったとたん、
体調を悪くするのが私の常。

今年は2月の上旬から2大持病が(ーー;)

仕事は休まず行きましたが、
それ以外のことはまともにできないまま
・・・現在に至る。

ああ、時間よ戻れ~
といっても無駄なこと。

やっと回復してきて、
今はやりたいことがいっぱい(^v^)

いや、いや、
やらなきゃいけないことのほうがいっぱい。









odaidoco☆labo
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-03-16 04:31 | 洋裁・編み物 | Comments(2)

毛糸の帽子

気付けばもう2月も半ば過ぎ。
この冬は雪がよく降りますね。

といっても、うちの方ではうっすら積もったことが数回。
職場のある大阪市内は相変わらず全く積もりません。

でも、滋賀県には度々大雪警報が出て、
年明けからほとんど根雪のようになっている模様。

そのせいで、通勤電車にもたびたび影響が出ます。
先日もダイヤが乱れていつにもましてもみくちゃ状態。

降りた瞬間に帽子がないことに気づきました。
が、次の瞬間に諦めました。

ダイヤが乱れたせいで、乗っていた電車は兵庫県の遠いトコロ行き。
いつもは大阪止まりの電車なのに。

b0238306_322145.jpgなくした帽子はこの時の物→

しばらくは帽子なしで我慢しましたが、
やっぱり寒いので、
すぐに材料調達してきました。

毛糸専門店で買った一玉700円が
100円に値下がりしていたブロンズの糸と、
100均で買ったウールの糸、
100均のヘアアクセサリー。



b0238306_3223322.jpg相変わらず編み図もなく、
とにかく急いで編みました。

だから模様編みもなしですが、
アフガンのプレーン編みなので
リバーシブルでかぶれます。












ブロンズの糸が多く出る裏目と


b0238306_3224951.jpg畳(籠)のような編み目の表目と。



ハートを髪と一緒にグサリと刺せば、
もみくちゃにされても無くさないはず。

・・・と思ったのですが、
私、先月ショートヘアにしたんですよね。
あまり意味がありませんでした。


取り敢えずこの冬はこれで我慢。

その後また毛糸をゲットしたので、
いずれ来年用に・・・。










odaidoco☆labo

[PR]
by odaidoco-labo | 2017-02-19 03:39 | 洋裁・編み物 | Comments(0)

針初め

明けましておめでとうございます

というには遅すぎますね。
あっという間に今日はもう・・・

えべっさんですやん

福男はいるのに、なぜ福女はいないんでしょう
と、毎年思うのであります。

ま、戎さんはさておき、
人生で初めて、車のバッテリーをあげてしまい
冬休み最終日に予定がくるってしまいました。

CMでやってるようにウェイクにスノボを乗せると
知らない間にリアドアのライトをONにしてしまってエライことになります。

因みに私はスノボではなく・・・
ほうきでしたが、何か?

さて、
穏やかなお正月は針仕事で始まりました。

母の頼まれものを縫うためにミシンを出したついでに・・・

いや、
ついでのほうが大がかりになってしまいました。

b0238306_1323966.jpg先日もらった大量の布は、
プリントではなくちゃんとした織物。

カバンの裏地が主だったと聞きましたが
薄いのに固くて丈夫。

洋服にするには向かないようなので、
Bagを作ってみました。

この手提げは収納袋。

b0238306_133644.jpgメインはこちらのドデカトート。

ちょっとした段ボールなら
楽々入ります。

布をくれた友達に
コストコ用ショッピングバッグ
としてプレゼント。

いや、押し付けでしょヾ(ーvー)

b0238306_1331883.jpgb0238306_1333391.jpg

b0238306_1334763.jpg

実はこちらの方を先に作ったのですが・・・

引越し屋さんの段ボールが
入ってしまうほどのサイズ(><;)

細長いリボンは肩にかけた時、
持ち手にするためのもの。

マチも40㎝あります。

b0238306_1335989.jpg余りに無節操なサイズなので
作り直したというわけです。

これは保冷用発泡スチロール入れにして自分で使います(ーvー)ゞ

小っちゃい物かドデカイ物しか作らんのか~い!

というツッコミは
受け付けておりません。
あしからず。




今年もぼちぼち更新します。
気まぐれに覗きに来てください。

本年もよろしくお願いします





odaidoco☆labo
[PR]
by odaidoco-labo | 2017-01-10 02:06 | 洋裁・編み物 | Comments(0)

カラフルな黒

USJのクリスマスツリーが点灯された
というニュースの話を学生達にすると、
「見に行きたい」と一番に声を上げた学生。

「え、あなたムスリムでしょ?!?!」と私が言うと
「あ、そうですね。 え、いや、見るだけ、見るだけです」と。

今年もギネスを更新したUSJのクリスマスツリーは今年で最後。
一度もUSJに行ったことのない私も、ちょっと見てみたいかな。



b0238306_131265.jpgさて、
こちらは着物をリフォームしたワンピース。

裾まつりや裏地の仕上げを残したまま
夏は着ないから、と放置すること数か月。

先日の結婚式に来て行こうと思って、
2日前にやっと仕上げました。

b0238306_13123382.jpg複数の黒を使った服を
1度作ってみたかったんです。

祖母の古い羽織をほどき、
裏地を黒く染めたところに、
友人から洗い張りした喪服をもらいました。

3色そろったので、念願かなって(^v^)

ボレロも作ろうと
仮縫いまで済ませたものの、
到底結婚式には間に合わない。


b0238306_13125942.jpgというわけで、半日で作れる
簡単なボレロを作ってみました。

簡単に作れる服って、
体型にぴったりではないので、
着るのは逆に難しいんですよね。

b0238306_13131630.jpgあれ?
合わせてみると、なんか違う。

実際に私が着ると・・・


チマチョゴリ??


というわけで、結婚式当日は
違う黒の服とボレロを合わせて行きました。













odaidoco☆labo
[PR]
by odaidoco-labo | 2016-11-13 13:54 | 洋裁・編み物 | Comments(6)

湯上り着②

「かけホーダイ契約だから、
電話するときはワン切りでいいよ。
こっちから折り返すから」

って言ってくれている友人。

お願いだから、私の電話に・・・





ワンコールで出ないで!!





さて、

こちらの角に紐をつけた平たい一枚布。
b0238306_2029360.jpg


こうやって腕に通してぐるっと回して
b0238306_20293963.jpg


こうなります。
b0238306_20295898.jpg


トルソーに着せると、ジャンバースカートかエプロンに見えますが、
ペイズリー柄のダブルガーゼで作った湯上り着、のつもり。

前回作った湯上り着は、週4.5回洗濯しているので、
このままではすぐに消耗してしまう・・・
と思って、今回はちょっとデザインを変えて作ってみました。

でもやっぱり前回作った物のほうが生地もデザインも着やすくて、
出来上がり後一月で、出番は1回だけ(>v<)ゞ







odaidoco☆labo
[PR]
by odaidoco-labo | 2016-10-29 20:46 | 洋裁・編み物 | Comments(0)

かぶれない帽子

昼間家にいると、もう7月の終わりごろかと思うような気候。
違いはセミが鳴いていないことぐらいかな。

本格的な夏を前に夏糸で帽子を編んで・・・



b0238306_1344750.jpgバレッタにしてみました。


いつものごとく、編み図もなくテキトー。

縁にラメ入りマニキュアを
塗ってアクセントに。


b0238306_13442995.jpgドールハウス用の小物を作リ始めたら
編み針が止まらなくなって。


ユザワヤのワゴンに乗ってた半端物の糸。
1巻き100円以下のものばかりで。

b0238306_13444779.jpgドールハウスはお金をかけるか
時間をかけるかのどちらか・・・

と、以前言われて納得。



時間のある時だけボチボチ作るから
ひとつの作品に何年もかかります。

b0238306_1345338.jpg「和風のインパクトが強くて、次にどんな
作品ができるのか想像つかないわ」

と言われましたが・・・





現在はポップな子ども部屋を制作中です。










[PR]
by odaidoco-labo | 2016-06-27 14:07 | 洋裁・編み物 | Comments(2)


多趣味で何一つものにならない管理人ちゃとびが大阪北摂から、暮らしの手作りと日常を綴ります。


by ちゃとび

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。